個通貨を管理する個通貨共同体銀行が必要:個通貨はマイナス利子通貨(減価通貨、消滅貨幣)になろう






[PR]



2012年11月02日(Fri)
個通貨を管理する個通貨共同体銀行が必要:個通貨はマイナス利子通貨(減価通貨、消滅貨幣)になろう
テーマ:貨幣・通貨論

先に以下のように述べたが、個通貨は個が発行する通貨であるが、個的共同体で使用するものであり、そのためには、個通貨共同体銀行が必要である。
 個通貨は、マイナス利子通貨、減価通貨、消滅貨幣となるだろう。もっとも、手数料のための必要な「利子」は取ることになるが。

追記:個銭(こせん、こぜに)と呼ぼうか。個葉(こよう、こは、こば)と呼ぼうか。個魚(こぎょ)と呼ぼうか。個貨と呼ぼうか。

追記2:陰陽円を前提にしているので、個円でいいかもしれない。

追記3:私は個通貨は、個が発行するので、すべて異なると考えた。つまり、個通貨1,個通貨2,個通貨3,等々である。
 しかし、個円があるなら、Aさんの個円、Bさんの個円、Cさんの個円、等々になるのではないだろうか。
 そうならば、個円は共同体の成員で共通のものである。別々ではないことになる。
 ただ、個円を発行する主体が個であり、共同体自体ではないということではないだろうか。あくまで、個が出発点、原点、前提である。個から共同体が生まれるのであり、共同体が先にあるのではないのである。

**********************

個通貨の提唱:新しい基軸通貨としての個貨幣:地域通貨は不要

個的共同体、新母権的共同体を提唱しているが、唯一欠点と考えていたのが、通貨・貨幣である。
 かつて、一種の地域通貨に関わったが、これは、実際的にはほとんど役立たなかった。簡単に言えば、動かないのである。
 今考えたのは、個の発行する通貨である。個が拠りどころとなって発行して、個同士で通用させるのである。
 これなら、動くことになる。
 後でもっと検討したい。

【ソブリン危機――歴史的難局の選択肢】
◆【真壁昭夫×浜矩子 特別対談】
 ユーロ後の世界経済を読み解く(下)
 「基軸通貨不在の動乱時代がやって来る
 世界が引きこもり化しないための最終解」
債務危機の火種が燻るユーロ圏が近い将来万一崩壊すれば、世界の新しい通貨・
経済体制はどうなるか。前回に引き続き、真壁昭夫・信州大学教授と浜矩子・
同志社大学大学院教授が、議論を深める。我々が選ぶべき「最終解」とは?
http://sys.diamond.jp/r/c.do?hFm_21cT_5L_vow

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11394596508.html

参考:
シュタイナー経済学講座
www.geocities.jp/momoforall/booknote1/index.html - キャッシュ 類似ページ
一般公開で +1 しました 取り消す
第14講 貨幣と価格ー経済的価値としての経済学. この、MOMOの読書ノート シュタイナー経済学講座は、. 筑摩書房の同著(シュタイナー経済学講座)ー西川 隆範氏 訳. から、多くは、そのまま引用した文章の部分抜粋によって、まとめと. したものですが、一部、 ...

歳末歳始霊界事情 (序)シュタイナーの社会有機体経済学 : NY金魚
nyckingyo.exblog.jp/12686354/ - キャッシュ
一般公開で +1 しました 取り消す
2011年1月13日 – 増幅感覚が地球を犯す世界一のLED電球数を誇るロックフェラー・センターのクリスマス・ツリーを見ようと、世界から集まった観光客が、フィフス・アヴェニューの広...

000.: C.H.ダグラスの経済学とルドルフ・シュタイナーの経済学の関連 ...
wtr000.blogspot.com/2010/05/ch.html - キャッシュ
一般公開で +1 しました 取り消す
イギリス人智学協会の多くのメンバーは、ダグラスの経済学とルドルフ・シュタイナーの経済学との、何かしらの関連を漠然と意識している。例を上げれば、ダグラスはその著作のなかで「社会三層化論」を引用する、数少ないイギリスの作家の一人である。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年11月
        2
 

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:785
昨日:762
累計:4,653,307