民主主義的理想主義の愚劣さ:先ず軍事的現実を踏まえるべきである






[PR]



2010年01月27日(Wed)
民主主義的理想主義の愚劣さ:先ず軍事的現実を踏まえるべきである
テーマ:ニッポン亡国の凶相:売国奴と愚民による

保坂氏がこんなに馬鹿とは思わなかった。左翼主義がやはり、愚劣なのである。
 私はトランス・モダン民主主義を唱えるが、それは、現実主義である。軍事的現実に対して、民主主義的理想主義は愚劣である。
 まず、軍事的現実に対処する必要があるのである。その後で、民主主義的理念が問題になるのである。
 そう、民主主義は一種イデオロギーに過ぎない。

追記:やや短絡的なので、少し補足説明がいるだろう。つまり、民主主義とは言え、それは、国家権力が代表するのである。そして、国家は国家間の外交に責任をもつ。この場合、軍事力学も当然関わる。つまり、民主主義国家において、国際関係力学の視点が重要なのであり、単に、地域の民意が国家権力の重要な国際関係力学を支配するようなことがあってはならないのである。
 つまり、地域レベルと国家レベルでは、後者の方が優位にあるということであり、劣位である前者の意向を絶対的に肯定することは誤りである。

************************

激戦の名護市長選挙で、稲嶺進候補(社民・民主・共産・社大、・そうぞう推薦)が、島袋吉和候補(現)を 1600票差でうち破った。SACO最終合意(96年12月)から13年、名護市民を二分して引き裂いた「新基地問題」の決着はついたと言っていい。鳩山総理も、「ブッシュ追随米国提灯持ち」や、外務省に色濃い米国絶対主義や防衛省の主張する「辺野古以外にない」という圧力に屈しなくてよかった。12月半ばに踏みとどまって考えるという政治決断は正しかった。

 安保・防衛問題を「名護市長選挙」に委ねていいのかという安全保障のプロを自称する人たちに教えてあげたい。「基地を受け入れるかどうか」の住民の意志はすでに12年前に表示されている。それが、「海上ヘリ基地建設」の是非を問う「名護市民投票」(1997年12月)だった。ここで、反対多数であることをもって民意の結論とせずに、市長選挙で当選(1998年2月)した容認派の岸本建男市長が「受け入れ」へのハンドルを切り、迷走が始まった。さらに「受け入れ拒否」の姿勢を決めた大田昌秀知事が、容認派の稲嶺恵一氏に知事選挙で破れ(98年11月)、辺野古新基地は「海上ヘリ基地」から「埋め立て飛行場案」に変わる。

 あれから12年が巡ってきた。そう、沖縄県知事選挙は11月にある。寝ても覚めてもアメリカを見ながら、「日米同盟」「安全保障」で飯を食ってきた安保屋の皆さんに欠如しているのは「沖縄県民の意志」である。名護市長選挙に続いて、沖縄県知事選挙も「新基地建設反対」の与党連合を中心とした候補が勝てば、辺野古は100%消える。地元自治体の市長が「受け入れ反対」を掲げ、県知事も同調すれば「強権着工」するわけにはいかない。
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/2b427ec0f2d18d97854c2a996ff095cb

普天間移設、法的決着も=地元拒否時の対応に言及−平野官房長官
 平野博文官房長官は26日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「(地元が)合意しなかったら物事が進まないということか。そこは十分検証したい。法律的にやれる場合もあるだろう」と述べ、新たな移設先の自治体が受け入れに応じない場合は、法的に決着させることも可能との見解を明らかにした。(時事通信)
[記事全文]

・ 普天間、地元合意なしも 官房長官が法的決着に言及 - 47NEWS(1月26日)

安保50周年 共同声明 米が格下げ要請 「普天間」の影響避ける
 【ワシントン=佐々木類】日米安保条約改定署名50周年で両国が発表した共同声明をめぐり、米政府が事前に、首脳同士ではなく外務・防衛両閣僚の連名に「格下げ」するよう日本側に打診していたことが分かった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、県外への移設を模索する鳩山由紀夫首相が代替施設をキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に建設するという現行案を破棄した場合、オバマ大統領の政権運営に影響が出ると判断したためだ。鳩山政権に対する米政府の不信感が重要文書の作成に影響を与えた形だ。(産経新聞)
[記事全文]


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
27
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:320
昨日:1,974
累計:4,688,188