資本主義の他者(共同体)性の実効化のために:共同価値の法律化:共同資本主義へ






[PR]



2010年01月24日(Sun)
資本主義の他者(共同体)性の実効化のために:共同価値の法律化:共同資本主義へ
以下、思考実験である。

資本主義は、近代資本主義は、同一性価値を中心化している。しかるに、実態は、共同生産なのである。しかし、商売によって、交換価値が入り、それを指標とし、実態、本体を忘却するのである。
 これは、⇒プラス1のプラス1の交換価値を指標にして、マイナス1を忘却するということである。
 そうすると、単純に見て、マイナス1の価値を導入すべきであるということになろう。これは、ゲゼルの減価通貨、減衰通貨、消滅通貨になるかもしれない。
 とまれ、資本主義の共同(協同)生産であるが、それは、どう表記されるのか。それは、プラス1であり、マイナス1ではないのか。製品、商品はプラス1であるが、同時に、それは、マイナス1である。
 このマイナス1の価値が交換価値には出てこないのである。いわば、ダーク・マターならぬ、ダーク・マネーである。(言葉が悪いなら、シャドウ・マネーである。)
 とまれ、マイナス1が評価されないために、資本主義は暴走するのである。
 これは、共同価値(協同価値)とも言えよう。思うに、交換価値と共同価値の二重性があるのであり、企業は売買で生んだ利益(プラス1)を、共同価値で裏付ける必要があるだろう。つまり、共同価値を明記して、共同価値的配分が必要となるだろう。
 ここでは、資本家、経営者、勤労者がそれぞれ、差異であり、差異共振価値が共同価値である。(また、自然環境や社会環境も考慮すべきである。)つまり、利益とは、資本家(株主)だけのものではありえないのである。
 差異である勤労者も科学的に評価しなくてはならないのである。もっとも、トランス・モダン科学的にではある。
 とまれ、共同価値評価を法律化すべきである。これを普遍化しないと、同一性価値を追求する企業が支配的になるからである。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年1月
         
24
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:326
昨日:1,974
累計:4,688,194