差異共振価値としての資本主義の富:差異共振経済へフィードバックするトランス・モダン経済






[PR]



2009年10月30日(Fri)
差異共振価値としての資本主義の富:差異共振経済へフィードバックするトランス・モダン経済
テーマ:トランス・モダン経済:差異共振資本経済

これは、まったく同感である。持論であるが、資本主義の富とは、哲学・科学的には、差異共振価値であり、それを、差異共振創造的に配分する必要があるのである。そうでないと、同一性価値に陥って、破局(不況、恐慌)になるのである。これは、熱力学的に説明できるだろう。あるいは、カオス理論的にである。
 つまり、差異共振価値という富を差異共振「生産」へとフィードバックしないといけないのである。

追記:
労働*資本*情報(知識・知恵・才覚・イノベーション等)⇒差異共振価値だろう。
 これは、

(Capital=+i)*(Labour=-i)⇒(Difference Resonance Value=+1)⇒Difference Resonance Distribution

となるだろう。そして、*はInformation Communication Technologyである。言い換えると、Media Point=Semantic FilterがInformation Communication Technologyである。
 
即ち、

C*L⇒DRV
 
ただし、*=ICT

である。

or

C✇ICT✇L⇒DRV

となるかもしれない。✇は、三つ巴共振を意味する。

追記2:
より正確に記述すれば、

(Capital=+i)*(Labour=-i)⇒(Difference Resonance Value=+1)⇒Difference Resonance Distribution=(Capital1)*(Labour1)⇒Capital2*_Labour2⇒・・・

即ち、

C✇ICT✇L⇒DRV1(C1✇ICT1✇L1)⇒
DRV2(C2✇ICT2✇L2)⇒DRV3(C3✇ICT3✇L3) ・・・

である。

**********************

自分たちの税金を上げよというドイツ富裕層の人々に学ぶ New!!
これは興味深いニュース。ドイツの富裕層には自分たちの豊富な財力の一部を国と国民のために使ってもらいたいと思っている人たちがこれだけいるということですね。日本の富裕層にもこういう外国人富裕者の爪の垢を煎じて飲ませたいくらいです。

●AFPBB News
「税金をもっと上げて」、ドイツ人富裕者グループが財産税の再導入を求める
2009年10月23日 13:15 発信地:ベルリン/ドイツ
http://www.afpbb.com/article/economy/2655621/4798164

【10月23日 AFP】裕福なドイツ人のグループが、ドイツを金融危機から立ち直らせる力になりたいと、財産税の導入を求める活動を展開している。独紙ターゲスシュピーゲル(Tagesspiegel)が伝えた。

 嘆願書にはこれまでに44人が署名した。この嘆願書はグループのウェブサイトに掲載されている。

 署名した1人、元医師のディーター・ケルムクール(Dieter Kelmkuhl)さん(66)の試算によると、50万ユーロ(約6900万円)以上の資産を持つドイツ人220万人が今年と来年、その財産の5%の税金を納めれば、国庫に1000億ユーロ(約14兆円)を提供できるという。

 グループは1997年に廃止された財産税を再導入し、税率は最初の2年間は5%、その後は廃止時の税率だった1%にすることを提案している。ドイツはキャピタルゲインには現在も25%の税金をかけている。

 ケルムクールさんは、ドイツ国内で貧富の差が拡大し国の財政も厳しい中、政府が金融機関の救済や景気回復のため数十億ユーロ(数千億円)の支出に踏み切ったことをみて、「今こそ富裕層が祖国を助ける時だ」と考えたのだという。

 米国には約700人の裕福な米国人が所属する団体「公平な経済のための連合(United for a Fair Economy、UFE)」が存在するが、ケルムクールさんはドイツ版UFEが誕生することを望んでいるという。

 ペーター・フォルマー(Peter Vollmer)さん(69)は、自分には必要ない多額の資産を相続したので請願書に署名したと語っている。(c)AFP

【参考】財産税の再導入を求めるグループのサイト(ドイツ語)

(引用ここまで)

財産税の再導入を求めることによってドイツの富裕層は祖国つまりドイツの人々を助けようとしています。これぞ税金の機能 の一つである「富の再分配」そのものです。アメリカの富裕層にもそういう考えを持つ人々が数百人いるとのこと。ドイツやアメリカにもお金を使いたがらない富裕層はいるのでしょうけど、このように「富裕層にもっと税をかけよ」と主張する富裕者もまたいるわけですね。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1492.html
村野瀬玲奈の秘書課広報室


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年10月
       
30

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:586
昨日:511
累計:4,953,775