basic income米失狗因咬とは何か:地域共同体的差異的贈与の可能性






[PR]



2009年10月24日(Sat)
basic income米失狗因咬とは何か:地域共同体的差異的贈与の可能性
テーマ:生活・労働・消費・収入・格差・氷河期世代

再掲である。直感では、なにか唯物論の臭い、社会主義の臭い、また、さもしい、いやしい感じがあるのである。乞食根性のような感じである。
 とは言え、観点を変えて、これは、贈与、社会的贈与、共同体的贈与の問題として捉えることができるように思える。喩えて言えば、サンタクロース的贈与路線である。
 これは、母権的経済になるのではないだろうか。とまれ、贈与する側は、当然、金や資産が余っている者である。これを国家・政府がやるというのは、問題だと思う。超借金政府にはこれをやる資格がない。
 問題は国家を経由することである。ここで、「中間マージン」を取られるし、支配されてしまうのである。
 これは、地域共同体が行なうべきことのように思える。企業なり、資産家が、地域共同体に贈与するということが考えられる。
 地域共同体には、地域行政も関与するだろう。ただし、お上の発想ではなく、差異共振共同の発想が必要である。
 先に述べたように、日本文化・社会のエッセンスは差異共振性である。これを掘り起こすようにして、復活させるようにして、地域共同体を形成する必要がある。そうすれば、共同体的贈与は意義のあることになるだろう。
 とは言え、それは、米失狗因咬ではない。個(差異)の必要に応じる贈与、社会的贈与である。
 
****************
関 曠野 講演録
「生きるための経済」
― なぜ、所得保証と信用の社会化が必要か ―
http://bijp.net/transcript/article/27

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年10月
       
24

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:586
昨日:511
累計:4,953,775