「共役複素数的」通貨とトランス・モダン経済






[PR]



2009年05月21日(Thu)
「共役複素数的」通貨とトランス・モダン経済
テーマ:差異通貨・貨幣論

以下、Kaisetsu氏による最高度に意味深長な「共役複素数的」通貨論である。
 これは、トランス・モダン経済の核心となる議論である。重要なポイントは、これまで、同一性貨幣か差異貨幣かという二項対立であったが、ここで、両者の「共振」がテーマになっているのである。これは、これまでまったく発想できなかった問題である。
 直感では、ここに近代経済からのエクソダスがここには確かにあるということである。とまれ、愚樵氏の個人通貨という発想は実に独創的である。
 ここで数日は都合で余裕がないので、十分検討できないのが残念ではある。

################

├個人通貨という魅力的な日銀券に対する「共役複素数的」通貨
├「連銀という名のバブル by 2009年5月19日  田中 宇氏」から見る米国内の連銀通貨に対する共役複素数通貨の動向

『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年5月
         
21
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:180
昨日:500
累計:4,627,302