アメリカの路線の切り替え:同一性主義金融資本主義的グローバリゼションから自由・共同体路線へ転換






[PR]



2009年01月29日(Thu)
アメリカの路線の切り替え:同一性主義金融資本主義的グローバリゼションから自由・共同体路線へ転換
アメリカの路線の切り替え:同一性主義金融資本主義的グローバリゼションから自由・共同体路線へ転換

テーマ:新共同体主義的資本主義:トランス資本主義

米中貿易に関連しての意義深い記事である。(思うに、どうして、このような実質のある記事が日本の新聞にはでないのか。でも愚問であろう。)
 以下は、グローバル路線に対して、ナショナル路線を説いているのである。これは、私のいう「ロックフェラー」路線に通じるのである。
 やはり、アメリカは、自由・共同体路線=トランス・モダンへと切り替えようとしている。これは、ポスト・「ロスチャイルド」路線である。つまり、ポスト・同一性主義金融資本主義である。そして、それは、正道である。
 そうすると、多極化路線ではなく、自由・共同体主義路線=トランス・モダンである。米国は、今や、トランス・モダンへと挑戦しているのである。


Second Thoughts on Trade
By Harold Meyerson
Wednesday, January 28, 2009; Page A15



A few months ago, Robert Cassidy found himself pondering whether trade actually benefited the American economy. "I couldn't prove it," he says. "Did it benefit U.S. multinational corporations? Yes. But I cannot prove that it benefits the economy."

http://www.washingtonpost
.com/wp-dyn/content
/article/2009/01/27
/AR2009012702781.html?
wpisrc=newsletter&wpisrc
=newsletter



   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年1月
       
29

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:732
昨日:959
累計:4,717,999