オバマ新政権をどうみるか:ロックフェラー/イスラエルの手先か、それとも、差異共振主義か?






[PR]



2009年01月22日(Thu)
オバマ新政権をどうみるか:ロックフェラー/イスラエルの手先か、それとも、差異共振主義か?
オバマ新政権をどう見るかが、予見の試金石である。
 私は差異共振主義であると述べているが、以下や他のようなロックフェラーやイスラエルの手先であるという見方もできる。
 田中宇氏の多極化路線の考え方を参考にすると、やはり、オバマ新政権は差異共振主義を目指していると思う。ただし、具体的には危機一髪であり、綱渡りであると思う。そこで、危ういことを裏で行っている可能性はある。
 いわゆる、ロックフェラー路線では、差異共振主義であると私は考える。これは、米国の伝統的路線なのである。つまり、自由・共同体主義なのである。同一性主義金融資本主義(「ロスチャイルド」路線)に傾いた米国経済の建て直しを行っていると考えられるのである。
 米国がガザ進攻に反対しなかったのは、親イスラエルだからではないと思う。思うに、ポーズである。
 今はここで留めたい。

追記:オバマ氏の環境路線であるが、これも、本質的というよりは、興業のためという感じがする。
 結局、オバマ新政権の本質・本体は差異共振主義であるが、これまでのしがらみである同一性主義に対して、カモフラージュするために、それを装っていると思える。

@@@@@@@@@@@@@@

★ 2009年01月21日水曜日 9時更新

・・・・・

■ オバマは原子力産業から2000万円の献金を受け取った。まだ大統領選候補者に決定しない段階で

 【2007年08月05日 米国最大の原子力発電企業がバラク・オバマ候補に約16万ドル献金 ☆CNN・YouTubeディベート:バラク・オバマの欺瞞 (暗いニュースリンク)
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2007/08/cnnyoutube_762f.html  上院環境公共事業委員会のメンバーであるオバマは、原子力発電が“環境に優しい”ので、合衆国議会は原子力発電を現状のまま選択肢のひとつに維持しておくべきと主張した。この裏には、米国最大の原子力発電企業エクセロン(Exelon)が従業員を束ねてオバマに15万9,000ドル献金した事実が効果を発揮したとみられている。】

 結局のところ、筆者がネットで調査すればするほどに、オバマの正体はオバカであった。主戦場をアフガンに戻し、地球温暖化というビジネスに参入し、原子力発電を再び主役に持ち出し、新たな利権を構築する。彼はロックフェラーの手足として操り人形のように動き、マイノリティや下層労働者階級の味方になって鬱憤が解放されるかのような幻想を与えるために、ロックフェラーが指名して大統領にさせられたにすぎなかった。
 そしてロックフェラーは、国民がオバマに幻滅したそのとき、白人人種差別主義者の鬱憤を晴らすためにオバマを暗殺し、ヒラリーを大統領にするに違いないのだ。

 なお、筆者も地球温暖化について、炭酸ガス説が完全に間違っているとは言い切れないと思っていたが、調べるほどに、やはり太陽活動説に傾いている。
 温暖化は間違いなく、炭酸ガスの増加も間違いなく、両者は相似曲線を描いているから相関があるに決まっている。しかし、槌田氏が指摘し続けてきたように 、炭酸ガスの増加は温暖化の結果もたらされたもので、そのグラフは温暖化の後追いを示しているのだ。したがって、これはビジネスのための壮大な詐欺である可能性も見る必要がある、
http://www1.odn.ne.jp
/~cam22440/yoti01.htm
東海アマチュア無線  地震予知研究会

@@@@@@@@@@@@@@@

★オバマのアメリカ


「CHANGE!!!」  

(アメリカ合衆国新大統領オバマ)



「I want to believe」

(FBI捜査官 フォックス・モルダー)



「Trust no−one Mr.Mulder」

(モルダーに情報を提供していた謎のエージェント)



全世界のRPE読者の皆さまこんにちは!

いつもありがとうございます

北野です。

いや〜、いよいよオバマさんの時代がはじまりました。

いったいどうなっていくのでしょうか?
http://archive.mag2.com/00000
12950/20090121192900000.html
ロシア政治経済ジャーナル

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年1月
       
22

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:620
昨日:620
累計:4,626,386