市場ではなく、不連続性/連続性という資本主義の特異なシステムへの認識の欠落が問題である






[PR]



2008年10月28日(Tue)
市場ではなく、不連続性/連続性という資本主義の特異なシステムへの認識の欠落が問題である
後で、市場の見えざる神について検討したい。先にも述べたが、私は市場に対しては肯定的である。問題は、同一性主義的視点にあるのである。同一性主義的視点から、市場主義を展開して、今日の経済大破局を生んだのである。繰り返すが、資本主義は、不連続性と連続性との断層・切断のある経済であり、これを認識していないことに今日の資本主義の問題がある。つまり、近代経済学の破綻である。
 連続性(連続的同一性)の視点から市場主義を肯定すると、バブルになり、崩壊するのである。何故なら、連続性は、本体の不連続性を破壊するからである。
 熱力学的に言えば、エントロピー(連続性)の増加が、秩序を解体するのである。
 不連続性、すなわち、差異共振性は、エネルギーをもっていて、それを連続性に還元するのであるが、エネルギーを連続性に限定すると、不連続性が看過されて、本体が崩れるのである。
 思うに、不連続性を身体、そして、連続性をガン細胞と見るといいかもしれない。連続主義になるとは、ガン細胞を増殖させることであり、不連続的身体(本体)を破壊することになるという見方ができるだろう。
 そう、貨幣は身体の血液であるが、連続主義はガン細胞である。つまり、貨幣が連続主義化するのを防ぐ方策=回路が必要なのである。Kaisetsu氏が唱える金・銀本位制は貨幣の脱連続主義化=不連続化である。
 経済はこの点を認識する必要がある。グローバリズムはわが世の春として、増長したが、結局、資本主義の胆を忘失していたと言えよう。
 市場主義に問題があるのではなくて、資本主義本体の不連続/連続という「論理」を認識していないことが問題なのである。
 
@@@@@@@@@@@@@@

世界恐慌後の世界A 墜ちた神の見えざる手とグリーンスパンの蹉跌
世界中の株安が止まらない。
既に世界は恐慌に入っている。世界中から投資マネーが引き上げられ、信用収縮が進行し、それがさらに株価を押し下げるといった負の連鎖が始まっている。金融立国を目指し、その成功モデルとされていたアイスランドは、国家破綻の危機に瀕し、ついにIMFに援助を要請した。世界中が硬い貨幣(リアルマネー)を欲していて、誰も貸し手に回ろうとは考えていない。今後、新興国の中からも、アイスランドと同様にIMFなどの援助を要請する国が出てくるだろう。米国議会では、公聴会が開かれ、今回の金融恐慌を引き起こした犯人捜しが始まり、投資銀行や格付け会社の経営者が槍玉に上がっている。
http://katoler.cocolog-nifty.com
/marketing/2008/10/
post-a166.html
カトラー:katolerのマーケティング言論

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年10月
     
28  

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:212
昨日:657
累計:4,954,058