リーマン崩壊と国家統制:マイナス・エネルギーの同一性主義資本とプラス・エネルギーの差異共鳴経済






[PR]



2008年09月20日(Sat)
リーマン崩壊と国家統制:マイナス・エネルギーの同一性主義資本とプラス・エネルギーの差異共鳴経済
先進諸国の中央銀行がドルを市場に注入する案で、株価が上がったということだが、どう見ても、一時しのぎの感は否めない。
 なにが問題なのか。私は専門家ではないので、素人の直感で言うだけであるが、サブプライム・ローンの証券がいわば不渡り手形になったのであるから、そこに、マイナス・ゾーンが生じているのである。そこでは、通常の経済は成立しない。
 しかし、外的に、資金を市場に導入した場合、それは、一種痛み止めに過ぎないのではないだろうか。資金導入は、確かに、プラスである。しかしながら、基盤には、マイナス・ゾーンが存しているのである。このマイナス・ゾーンはいわばブラック・ホールであり、資金を吸収していくのである。おそらく、外的に導入された資金は、マイナス・ゾーン=「ブラック・ホール」に吸収されてしまい、効果がないのではないだろうか。
 言い換えると、「マイナス・エネルギー」の「不良債権」は、そのままでは、エントロピーを拡大していくのであり、外的に注入された資金はそれに吸い込まれて行くと思われるのである。
 結局、資本主義の中核である、差異共鳴経済というマイナス・エントロピーを成長させることが必要であるということである。これが、プラス・エネルギーを生むのであり、マイナス・エネルギーを解消するのである。
 つまり、差異共鳴経済のプラス・エネルギーがマイナス・エネルギーに転化しないように、フィードバックさせることが必要と思われるのである。このことは既述済みではある。

*****************

一部MMFに元本割れ発生=リーマン破綻で異例の事態−米

9月19日14時30分配信 時事通信

 【ニューヨーク18日時事】米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破綻(はたん)したことを受け、18日までに、同社の社債を運用対象にしていた米金融商品MMF(マネー・マーケット・ファンド)の一部に元本割れが発生した。MMFは低リスクで換金性が高い投資商品として人気があり、元本割れは異例。これをきっかけに、米国ではMMFの解約や、MMFの運用先をより安全性の高い国債に切り替える動きが強まった。
 元本割れを起こしたのは、米資産運用会社リザーブ・マネジメントのMMF。預かり資産の一部を額面7億8500万ドルのリーマンの社債に投資していたが、同社の破綻で無価値になった。これに伴い、MMF1口当たりの価値が0.97ドルとなり、基準価格の1ドルを割り込んだ。 
http://headlines.yahoo.co.jp
/hl?a=20080919-00000095-jij-int

***************

米、不良債権処理の公的機関設立を検討

9月19日12時36分配信 読売新聞

 【ワシントン=矢田俊彦】米政府は18日、米国発の金融危機の拡大を食い止めるため、金融機関から不良債権を買い取って処理する公的機関を設立する検討に入った。

 日米欧6中央銀行によるドル資金の協調供給に続いて、金融不安を沈静化するための政策を総動員する構えだ。

 ポールソン米財務長官と米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長らは同日夜、ペロシ下院議長ら米議会幹部と協議。ポールソン長官は会議後の記者会見で「不良債権を銀行のバランスシート(貸借対照表)から切り離すための法律が必要だ」と述べ、政府による不良債権の買い取り機関を検討していることを明らかにした。リード上院院内総務(民主党)は「議会は、この問題に協力していくことを約束した」と語り、前向きに対応する姿勢を示した。週末を通して協議を続けて取りまとめを急ぐ。
http://headlines.yahoo.co.jp
/hl?a=20080919-00000027
-yom-bus_all

米財務省:マネーマーケット・ファンドの保有資産保証へ-500億ドル拠出

米国債(午前):大幅安、米政府の金融危機対策で売り-2年債2.04%

9月19日(ブルームバーグ):19日午前の米国債市場では2年債が大幅安。ポールソン米財務長官とバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が金融市場の信頼感悪化に歯止めを掛けるため、対策を検討していることを明らかにしたため、売りが殺到している。

  米財務省はマネー・マーケット・ファンド(MMF)を保証する方針を明らかにした。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時間午前7時54分現在、2年債利回りは前日比34ベーシスポイント(bp、1bp=0.01 ポイント)上昇して2.04%。1996年3月以来の大幅な上昇となった。2年債価格(表面利率2.375%、償還期限2010年8月)は19/32下げて100 20/32。10年債利回りは15bp上昇の3.70%。

翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba schiba4@bloomberg.net Editor: Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Agnes Lovasz in London at alovasz@bloomberg.net ; Dakin Campbell in New York at dcampbell27@bloomberg.net
更新日時 : 2008/09/19 21:47 JST
http://www.bloomberg.com/apps
/news?pid=90003009&refer=j
p_home&sid=aqcjjCjdwbU4


米政府による金融市場安定化措置、議会やウォール街から反発の声も

  9月19日(ブルームバーグ):米政府に対して金融市場の安定化措置の強化を求める声が強いなか、元金融当局者や連邦議員、ウォール街の幹部からは、既に十分過ぎる措置が取られたという声も挙がっている。

ダラス連銀の元副総裁で、現在はケイトー研究所に所属するジェラルド・オドリスコル氏は「今やめなければ、切りがなくなる」と指摘。連邦準備制度理事会(FRB)の元金融政策局長ビンス・ラインハート氏や、リッチモンド連銀の元当局者マービン・グッドフレンド氏と同様に、政府介入の正当性に疑問を投げ掛けた。

共和党議員も、追加的な救済を阻止する取り組みを強化している。18日には、議員100人が連名で書簡を発表。バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長とポールソン財務長官に「政府の出資による大手金融機関の新たな救済の自粛」を求めた。

実際のところ、追加的な救済措置に反対している議員や金融専門家、政府当局者は少数派にすぎない。グリーンスパン前FRB議長やボルカー元FRB議長のほか、大統領候補のオバマ、マケイン両上院議員など著名人は、財務省とFRBの措置を支持している。

チャールズ・シューマー上院議員(民主、ニューヨーク州)によると、米政府はさらに金融危機を緩和する措置の強化を検討している。ポールソン、バーナンキ両氏は18日夜、危機緩和に向けた措置の立法化を義務付ける提案作りに着手すると表明。下院金融委員会のバーニー・フランク委員長(民主、マサチューセッツ州)は、議会と政府は、困難に陥った金融機関の不良債権を買い取るための機関の創設を強いられる可能性が高いとの見方を示した。

問題はなくならない

FRBと財務省でエコノミストを務めた経歴のあるダグ・エルメンドーフ氏は、こうした動きに異議を唱える。同氏は、政府は不良資産の買い取りも、金融機関への株式投資もすべきではないと指摘。「民間投資の誤った判断に報いてしまうことなく、これらの措置の枠組みを作るのは非常に難しい」との考えを示した。

ミラー・タバク(ニューヨーク)の株式ストラテジスト、ピーター・ブックバー氏もこの考えに同調する。同氏は、米ベアー・スターンズの救済と、証券会社を対象にした連銀貸出制度は「金融機関に対し、レバレッジを引き下げるための時間的猶予があるという誤った安心感を与えてしまった」と語った。

ブックバー氏は、FRBが市場の規律に干渉するのをやめない限り、ウォール街が抱える問題は今後もなくならないと説明。「市場は自らの力で適正価格を導き出すことができる」と指摘し、「それを阻止する行為は、避けられない出来事をいたずらに先送りさせてしまう」との見方を示した。

原題:Backlash Against Bailouts Grows on Capitol Hill, Wall Street

.
更新日時 : 2008/09/19 14:57 JST
http://www.bloomberg.com/apps
/news?pid=90003009&refer
=jp_home&sid=ar6Ed4CBzdbg

Stocks Jump on Historic Bailout Actions

Banking crisis: US rescue plan Q&A
Mark Tran explains the US government's plans to deal with the financial crisis

* Mark Tran
*
o Mark Tran
o guardian.co.uk ,
o Friday September 19 2008 12:34 BST
o Article history

What is the US government's plan to staunch the financial crisis?
The details are still being finalised before the proposals go to Congress, which will have to approve them. What is significant is that they represent a systematic and comprehensive rather than a band-aid approach. Until now, the US has decided to save some institutions, but not all – it allowed the investment bank Lehman Brothers to fail.
http://www.guardian.co.uk/business
/2008/sep/19/marketturmoil.usa


writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
20
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:338
昨日:878
累計:4,825,450