資本主義の自己矛盾:差異共鳴価値創造と同一性価値主義の相克性






[PR]



2008年08月28日(Thu)
資本主義の自己矛盾:差異共鳴価値創造と同一性価値主義の相克性
以下のように森永卓郎氏は書いているが、「人の付加価値」とは、差異共鳴価値であり、「従来の金融業とは質の違う金融業が登場した。お金を右から左に動かすことによって、人の付加価値を奪い去り(M&Aがその典型)、巨万の富を生み出す」とは同一性価値主義と考えられる。
 これまで既述したが、結局、資本主義の同一性価値主義を批判・脱構築して、差異共鳴価値創造を中心化すべきである。即ち、トランス・モダン・キャピタリズムへの転換が要請されていると考えられる。
 同一性主義的な自由主義は乗り越えられるべきであり、差異共鳴的な自由主義へと転換すべきなのである。差異共鳴価値創造によって産出された同一性価値(交換価値、資本、貨幣等)は、基本的には、新たな差異共鳴価値のための媒介となるべきである。
 差異共鳴価値とは、当然、イノヴェーション等を含むが、それだけではなく、民主主義的人権価値をも含む。一言で言えば、総合的なトランス・モダン的差異共鳴価値である。
 今日の権力のもつ二項対立性を克服すべく、Media Point的な差異共鳴価値を中心化すべきなのである。そう、差異共鳴政治経済が志向されなくてはならない。
 

「ここ30年ほどの変化を長い目で見てみよう。事の起こりは、1970年代末、英国にサッチャー政権が成立して、金融ビッグバンが行われたことだった。それによって、従来の金融業とは質の違う金融業が登場した。お金を右から左に動かすことによって、人の付加価値を奪い去り(M&Aがその典型)、巨万の富を生み出すというビジネスモデルが生まれたのである。」
原油バブル崩壊で経済のパラダイムが変わる

経済アナリスト 森永 卓郎氏
2008年8月25日


http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/
column/o/147/index1.html

* 原油バブル崩壊で経済のパラダイムが変わる (2008/08/25)
* 原油バブルは近いうちに必ず崩壊する (2008/08/18)

*********************

「複合不況」に突入した日本経済の危機
2008年08月28日10時00分 / 提供:ゲンダイネット
ゲンダイネット

 恐怖の「五輪後」がやってきた。国家の威信をかけた五輪に向けて膨張を続けてきた中国経済は、五輪期間中に上海株が15%も急落するなど変調の兆しが見える。国内に目を転じれば不動産倒産だけでなく、自動車、流通、証券市場などあらゆる分野で衰退が目立つ。この秋、日本経済は深刻な「複合不況」が進行する。

●不動産倒産は序章に過ぎない

http://news.livedoor.com/
article/detail/3796738/


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年8月
         
28
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:133
昨日:646
累計:4,952,811