英文法をこわす―感覚による再構築 (大西 泰斗 著) について






[PR]



2007年01月17日(Wed)
英文法をこわす―感覚による再構築 (大西 泰斗 著) について
英文法をこわす―感覚による再構築 大西 泰斗 (単行本 - 2003/1)

本書を半分強読んだが、先にも触れたように、この本は、従来の学校英文法を批判し、「感覚」の英文法を提示するのに成功しているが、どうも、文体が生硬であり、また、不躾であり、気障であり、もったいをつけていて、マイナス要因になっている。
 そう、確かに、優秀な分析力をもっているが、叙述がはったり的なのである。(これは、先に著書を読んだ副島隆彦氏と似ている。卓見と独断の混淆であった。)例えば、

「およそネイティブにとって、aboutという前置詞にミステリーめいたものは何もない。・・・」p. 138

とある。「およそネイティブにとって」とは、どういうことなのか。著者はネイティブなのか。これは、明らかに論理的誤謬である。虚構になっているのである。これが、はったりの部分なのである。正しくは、「・・・であろう。」と推測する形にしないといけないだろう。あるいは、単に「英語の正当な使用において」であろう。どうもこの著書に危惧・危険を感じる。おそらく、今、売れっ子であるが、慢心して、才能が伸びなくなるだろう。つまり、謙虚さを失い、天狗になって終ると思うのである。少し、かつての浅田彰を想起する。
 つけ加えると、著者が「感覚」と呼ぶものは、正しくは感覚ではなく、精神現象、心的現象、意識、志向性、知覚・認識、等である。「感覚」とは、通俗的な言い方であり、理論的ではない。正しく言うなら、心的現象学的英文法、あるいは、意味原型論的英文法、つまり、イデア論・理念型的英文法である。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2007年1月
 
17
     

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:686
昨日:1,018
累計:4,607,408