これが差異共振の真打ちである:複雑系差異共振的作品:トランス・モダン音楽






[PR]



2009年11月09日(Mon)
これが差異共振の真打ちである:複雑系差異共振的作品:トランス・モダン音楽
YouTubeは以下を見られたい。
http://ameblo.jp/renshi/entry-10383713030.html

クラシック音楽(classical music)とは、結局、対位法を形成したときに生まれたのではないだろうか。その完成がバッハである。
 しかしながら、その差異共振性をその後の作曲家が真に理解したか疑わしい。ドイツ・オーストリア音楽は、思うに、根源的に東洋的な差異共振性がある。
 この作曲方法は、今日でも当然、用いられうるし、また、活用すべきである。
 結局、Media Pointないしは精神的フィルターを介して、差異共振が多様複雑化(複雑系)できるのである。
 一つの差異共振対話連鎖、例えば、

A*B⇒A1*B1⇒A2*B2⇒・・・

が存する。それを仮に、Cとする。Cに対して、Dの他者を共振させることができる。即ち、

C*D⇒C1*D1⇒C2*D2⇒・・・

である。同様に、C*DをEとして、E*Fの差異共振対話が形成できる。
 そうすると、多次元的な差異共振対話的作品が生まれる。言い換えると、複雑系的作品である。
 もっとも、バッハのフーガの技法は、そのような作品である。トランス・モダン音楽である。

追記:思うに、ポイントは、差異共振=即非化の「ツボ」である。シュルレアリスムが唱えたロートレアモンの「ミシンと蝙蝠傘の手術台の上での不意の出会いのように美しい」というのでは皮相である。一時的である。差異共振=即非は普遍的でなくてはならない。
 つまり、端的に言えば、正反対になる要素が必要なのである。Aの正反対のBが、Aと差異共振するのである。言い換えると、極性的な反対の要素が必要なのである。
 例えば、Aはカップ麺である。Bは本である。A≠Bである。しかしながら、A=Bにはならない。つまり、カップ麺と本は差異共振しないのである。
 思うに、認識的要素が必要なのである。Aは「わたし」である。Bは川である。A≠Bである。しかし、「わたし」は川である、ということは成立するのである。
 結局、認識のもつ存在への志向性がポイントだと考えられる。だから、認識的差異共振であり、存在的差異共振は不可能である。それは、幻想である。シュルレアリスムの失敗はここにあると言えよう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年11月
9
         

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:125
昨日:564
累計:4,604,073