予備考察:カントの直観と物自体について:純粋理性の二元論:同一性と差異






[PR]



2009年08月09日(Sun)
予備考察:カントの直観と物自体について:純粋理性の二元論:同一性と差異
今は予見だけを一言述べる。カント哲学は知られているように、二元論である。経験に即した純粋理性と超経験的な純粋理性の二元論である。それは、同一性と差異の二元論と言えると思う。
 カント哲学の制約は、前者・同一性にあると思う。カントは経験を同一性に限定しているのである。そして、それを基準にするために、物自体は不可知となるのである。そう、物自体とは差異ないしは超越性と考えられるのであるから、カントは、同一性の制約の下に、差異と同一性の関係(二律背反、アンチノミー)の明確にしようとして、批判哲学を立てたと考えられる。
 そう見ると、ポスト・モダンとは、既にカント哲学において、生起していたことになる。構造主義も同様である。カント的構造主義/ポスト・モダンを正規に打破したのは、やはり、フッサールであり、乗り越えたのは、鈴木大拙であろう。あるいは、ウスペンスキーである。
 思うに、ドゥルーズ&ガタリの「離接」という概念は、「接」ということで、連続性を保っていると考えられる。差異同士は「接」しないからである。即非とは、「即」(一体・一如)且つ「非」(不同)ということで、連続性はないのである。
 

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年8月
           
9
         

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:284
昨日:828
累計:4,788,083