像とは何か:Media Pointの振動的内的イメージと「イデア」・エイドス






[PR]



2009年02月14日(Sat)
像とは何か:Media Pointの振動的内的イメージと「イデア」・エイドス
いったい、像とはどこから生まれるのか。これまで、同一性が形象であると考えてきて、MPは無像ではないかと思ってきた。
 しかしながら、ヴィジョンや夢があるから、内的像があるのである。また、ユング心理学の元型とは、内的イメージ、あるいは、ヴィジョンと考えられる。それは、どこから発生するのか。
 これは、プラトン哲学に関係する。すなわち、イデアであり、エイドスである。
 これは、Media Pointで説明できよう。Media Pointが、その諸振動によって、内的イメージやヴィジョンを形成するのではないだろうか。そして、それが、同一性イメージの原型である。つまり、「イデア」、エイドスである。
 そう、このいわば、構造的イメージ(原型)が内在していて、それを、外界に投影するように外界知覚をしているのではないだろうか。
 わかりやすく言えば、自己の内的イメージに即して、外界を視覚しているのであり、外的対象は同一性化されるのである。
 だから、外的対象の差異・他者性は、それを否定しないと出てこないのである。これが、フッサールのエポケー等に通じるし、インド哲学や仏教、そして、道元の身心脱落に通じよう。
 では、問題は、原型と言語の関係である。これは、かなり接近していよう。
 問題は、虚軸的原型と実軸的原型である。私は前者をヴィジョン、後者をイメージと呼んだことがある。今はこれ以上検討しないが、夢の映像とは、後者を借りて、前者の形成によるものではないだろうか。 


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年2月
14

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:559
昨日:2,085
累計:4,786,764