ウト・ウギのバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ






[PR]



2008年07月10日(Thu)
ウト・ウギのバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ
ウト・ウギのバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ
テーマ:クラシックCD
今日は、久しぶりに、クラシックのCDの購入に散財した。新宿のタワー・レコードで、以下のウト・ウギのヴァイオリンによるバッハの無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータを買った。これが、正解であった。
 三十年前頃、ウト・ウギのヴァイオリン、エド・デ・ワールド指揮によるモーツァルトのハフナー・セレナードに強い感銘を受けた。その記憶があり、この CDを購入したのである。バッハの無伴奏ヴァイオリンのソナタとパルティータは、私見では、意外にいい演奏がないのである。ミルシテインの演奏がいいとされるが確かにいいが、私には、今一つであった。しかし、この演奏は、しっくりする。
 以下にあるように、ウト・ウギはイタリア人である。イタリア人の庶民のもつ情感が表現されているのである。勿論、知性もある。私はこの演奏をこの曲の演奏のベスト・ワンとしたい。
 思うに、音楽評論家は、近代主義教育を受けているので、このような自然の情感を評価できないのではないだろうか。だいたい、カラヤンの演奏を評価する評論家とは、似非評論家である。彼らが、クラシック音楽をだめにした根因の一つである。
 とまれ、二枚組で、1750円という破格の価格で買ったのである。超お薦めである。新宿タワーレコードへ急げ!

p.s. ここで、私見を言うと、日本人は、民族の血において、南方性と北方性の両方をもっている(つまり、Media Point的ということである)。だから、イタリア人のもつ南方的情感に強く共感するのである。しかし、同時に、北方の血があるので、知性に強く惹かれるのである。正に、即非的日本人である。鈴木大拙の即非の論理とは、このような日本人の極性を反映していると思われる。
 日本をだめにしているのは、端的に、日本の男性である。日本の封建主義である。これが、最悪である。これを滅ぼすのが私のライフワークである。

p.p.s. 今日買ったその他のCDも正解である。今日は勘が冴えている。ブランデンブルク協奏曲の演奏では、以下が、私見ではベストである。また、リリングのロ短調ミサも実直な演奏で、最高の演奏の一つに入るのではないだろうか。
 そして、ハインリッヒ・シフの無伴奏チェロは歯切れが良く、これも、最上位の一つである。
 今日は、いったい何なのか。

バッハ:ブランデンブルク協奏曲集
~ ルツェルン弦楽合奏団 (アーティスト, 演奏), バッハ (作曲), バウムガルトナー(ルドルフ) (指揮), スーク(ヨゼフ) (演奏), レジュール(マックス) (演奏), その他

バッハ:ミサ曲 ロ短調
~ バッハ・コレギウム・シュトゥットガルト (アーティスト, 演奏), バッハ (作曲), リリング(ヘルムート) (指揮)


Bach: Sonatas & Partitas [Import] [from US]
~ Johann Sebastian Bach (作曲), Uto Ughi (Violin)
http://www.amazon.co.jp/Bach-Sonatas-
Partitas/dp/B00000E6O3/ref=sr_1_1?ie
=UTF8&s=music&qid=1215616895&sr=8-1

Bach: Cello Suites [Import] [from US]
~ Heinrich Schiff (Cello), Johann Sebastian Bach (作曲)
http://www.amazon.co.jp/
Bach-Cello-Suites/dp/B0007RO57A
/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=
music&qid=1215625020&sr=8-1
 

ウート・ウーギ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

ウート・ウーギ(Uto Ughi、1944年 1月21日 - )は、イタリア のヴァイオリン奏者 。

4歳でミラノ・スカラ座管弦楽団 のアリオダンテ・コッジ に手解きを受け、7歳で初リサイタルを開く。その後、ジョルジュ・エネスコ に師事。キジアーナ音楽院 に入学し、コルラド・ロマーノ に師事。世界各地で演奏活動を行う。1980年に初来日。聖チェチーリア音楽院 教授、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール の審査員などを務める。使用楽器は、1744年製グァルネリ・デル・ジェス 「Cariplo」、1701年製ストラディヴァリウス 「Kreutzer」。


Uto Ughi
Da Wikipedia, l'enciclopedia libera.
Vai a: Navigazione , cerca

Uto Ughi, pseudonimo di Diodato Ughi (Busto Arsizio , 21 gennaio 1944 ), è un violinista italiano .

Nato da genitori di Pirano d'Istria , ha iniziato da piccolo («5 o 6 anni» dice lui stesso) lo studio della musica e l'apprendimento delle tecniche violinistiche, debuttando a soli sette anni al Teatro Lirico di Milano .

Ha studiato con i maestri George Enescu a Parigi e Corrado Romano a Ginevra e all'Accademia Chigiana di Siena e in seguito ha proseguito gli studi con Riccardo Brengola , incontrando nel ricco ambiente culturale senese Andrés Segovia e Pablo Casals .

Oltre alla prolifica attività musicale, sia in sala di incisione, sia in numerose tournée, Uto Ughi è un protagonista anche nell'animazione culturale: ha fondato e anima diversi festival, manifestazioni e rassegne musicali: "Omaggio a Venezia", finalizzato alla raccolta di fondi per il restauro dei monumenti della città, "Omaggio a Roma" (1999-2002), per la diffusione del patrionio musicale. Dal 2003 gli ideali di tali eventi sono stati ripresi nel festival "Uto Ughi per Roma", del quale Uto Ughi è fondatore e direttore artistico. Da ricordare anche l'istituzione con Bruno Tosi del premio "Una vita per la Musica".

La Presidenza del Consiglio dei Ministri ha nominato Uto Ughi Presidente di una commissione incaricata di valutare una possibile campagna finalizzata a diffondere la musica classica presso i giovani.

Il 4 settembre 1997 gli venne conferita l'onoreficenza di Cavaliere della Gran Croce dal Presidente della Repubblica, per i suoi significativi meriti in campo artistico, mentre nell'aprile del 2002 ricevette la Laurea honoris causa in Scienze delle Comunicazioni. Fra le altre onoreficenze ricevute da Uto Ughi, vi sono il titolo di Accademico di Santa Cecilia (1978 ), di Commendatore della Repubblica (18 febbraio 1981 , conferitogli dal presidente Pertini) di Gran Ufficiale (2 giugno 1985 ). Tra i premi più significativi vinti da Uto Ughi vi sono il premio "Una vita per la musica - Leonard Berstein" (23 giugno 1997 ), il premio "Galileo 2000" (5 luglio 2003 ) ed il premio internazionale "Ostia Mare" di Roma (8 agosto 2003 ).

Tra i violini in possesso di Ughi, due strumenti sono oltremodo preziosi: uno Stradivari "Van-Houten-Kreutzer" del 1701 , chiamato così perchè appartenuto al violinista omonimo al quale Beethoven aveva dedicato una sonata , ed un "Guarneri del Gesù " del 1744 , appartenuto al sommo violinista Grumiaux.
Presenza in TV [modifica ]

Dal 7 giugno 2008 , Uto Ughi conduce su Rai Uno il programma Uto Ughi racconta la musica. Si tratta di una serie di dieci brevi episodi della durata fra i 15 ed i 20 minuti, trasmessi a mezzanotte, in cui il violinista introduce gli ascoltatori ad un aspetto della musica classica, ad un compositore, ad un brano celebre, eccetera; il programma, registrato in location sempre diverse, si compone di tre parti: una breve spiegazione iniziale seguita dell'esecuzione di uno o più brani e conclusa da un'informale discussione fra il maestro ed un gruppo di giovani.

Puntate [modifica ]

1. 07/06 /2008 , Basilica di Santa Sabina all'Aventino a Roma - La musica figurativa: Antonio Vivaldi , Le quattro stagioni (Estate: III Presto, Inverno: II Largo, Autunno: III Allegro)
2. 09/06 /2008, Auditorium Conciliazione a Roma - Carmen fantasy: Pablo de Sarasate , Fantasia dall'opera Carmen (trascrizione per violino & orchestra dalla Carmen di Georges Bizet )
3. 10/06 /2008, Sale Apollinee del Gran Teatro La Fenice a Venezia - Il primo movimento de "La morte e la fanciulla": Franz Schubert , La morte e la fanciulla (I Allegro)
4. 11/06 /2008, Sale Apollinee del Gran Teatro La Fenice a Venezia - Il secondo movimento de "La morte e la fanciulla": Franz Schubert, La morte e la fanciulla (II Andante con moto)
5. 13/06 /2008, Basilica di Santa Sabina all'Aventino a Roma - Mendelssohn e Massenet: Felix Mendelssohn , Concerto per pianoforte e orchestra n.2 op.40 (III Rondò); Jules Massenet , Thaïs (Meditazione)
6. 14/06 /2008, Auditorium Conciliazione a Roma - Paganini e Saint-Saëns: Niccolò Paganini , Concerto per violino in si minore no. 2 op. 7 "La campanella" (III Rondo à la clochette); Camille Saint-Saëns , Introduzione e rondò capriccioso
7. 16/06 /2008, Tempio Kichijyouin a Manazuru - Una Ciaccona di Bach: Johann Sebastian Bach , Partita in re minore per violino solo BWV 1004 (V Ciaccona)
8. 17/06 /2008, Tokyo Metropolitan Art Space a Tokyo - L'eleganza di Brahms 1: Johannes Brahms , Concerto per violino e orchestra in Re maggiore, op. 77 (I Allegro ma non troppo)
9. 19/06 /2008, Tokyo Metropolitan Art Space a Tokyo - L'eleganza di Brahms 2: Johannes Brahms, Concerto per violino e orchestra in Re maggiore, op. 77 (II Adagio, III Allegro giocoso, ma non troppo vivace)
10. 20/06 /2008, Tempio Kichijyouin a Manazuru / Tokyo Metropolitan Art Space a Tokyo - Bach e Paganini: Johann Sebastian Bach, Partita per violino n. 3 BWV 1006 (III Gavotta en rondò); Johann Sebastian Bach, Concerto per due violini in re minore BWV 1043 (I Vivace) / Niccolò Paganini, Fantasia dai Capricci

Bibliografia [modifica ]

Scritti di Uto Ughi:

* Alberto Cantù , Respighi compositore , Eda, Torino, 1985 (Introduzione di Uto Ughi).

Collegamenti esterni [modifica ]

* Uto Ughi Fans Club
* Intervista a Uto Ughi - Roma, settembre 2005
* Puntate di Uto Ughi racconta la musica

* Musica Portale Musica
* Musica classica Portale Musica classica

Estratto da "http://it.wikipedia.org/wiki/Uto_Ughi "
Categorie : Biografie | Violinisti italiani | Violinisti classici | Personalità legate a Busto Arsizio


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年7月
   
10
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:582
昨日:903
累計:4,749,000