折口信夫の『死者の書』:登場人物と粗筋






2008年06月30日(Mon)
折口信夫の『死者の書』:登場人物と粗筋
折口信夫の『死者の書』:登場人物と粗筋

テーマ:折口信夫『死者の書』

以下、元の掲載では、水色でみにくくなっていたので、ここで、文字色を変えて、また、少し補足して再掲する。

折口信夫の『死者の書』:登場人物と粗筋
テーマ:折口信夫『死者の書』 『死者の書』の主要登場人物と構成

登場人物

1. 死者(大津皇子、滋賀津彦)
2. 藤原南家(なんけ)の郎女(いらつめ:死者には、耳面刀自と思われている。  
    中将姫(ちゅうじょうひめ)と普通呼ばれる。)
3. 耳面刀自(みみものとじ):淡海公(たんかいこう)の妹君、祖父の叔母君
4. 郎女の祖父は、武智麻呂(たけちのまろ)
5. 郎女の父は、豊成
6. 郎女の父の弟は、仲麻呂=大師藤原恵美中卿
7. 兵部太輔大伴家持(おおとものやかもち)
8. 当麻真人(たいままひと)の氏の語部(かたりべ)
9. 乳母:身狭乳母(むさのちおも);郎女の世話をする。

話の筋

1) 死者の目覚め

2) 九人の杖人による郎女の魂ごひの行:死者の応答

3) 万法蔵院の小庵室に留め置かれる郎女:当麻真人の「氏の語部」

4) 当麻の語部の姥(おうな)の神懸かりによる歌。大津皇子の処刑(日のみ子に弓を引いたため)と執心。郎女の彼岸中日のヴィジョン。天若日子の神話:天の神々に弓を引いた罪ある神:「天若みこ」の話。

5) 死者の想起。滋賀津彦(しがのつひこ)。

6) 郎女の失踪。家から二上山へと行く。称讃浄土経の写経。千部手写。春分、秋分の彼岸における俤の人の幻視。

7) 千部手写が完成した夜、郎女が神隠しにあった。郎女は、二上山の女人禁制の境内に入って、山肌を見ていた。寺の者たちがおおぜい、集まり、郎女に問うものがいた。

8) 石城(しき)と言われる石垣のある家が残っていた。古い氏素性の、神代以来の家職の神聖を誇った者どもは、家職自身が、新しい藤原奈良の都には、次第に意味を失っているのに気がついていなかった。大伴家持は、旧習を守っている。話は、東大寺の四天王像の開眼のこととなり、その像が誰それに似ているといううわさ話がたっている。大師藤原恵美中卿もうわさになる。そして、その姪の横はき家の郎女が神隠しにあった話がもちあがる。

9) 大伴家持の散策:横はきかきつの家まで来る。

10) 妻問い式とそういうもののないしきたり。南家の郎女にも、妻を求める男がとりまいた。郎女は、父藤原豊成が書き綴った『仏本伝来記』が手に入り、手写した。郎女は、御仏に感謝した。

11) 称讃浄土仏摂受経の千部手写の願を発起した頃の郎女。女性をも救うことを説いた法華経のことが気になっている。

12) 寺の浄域を穢した郎女は、自ら、咎をあがなうと述べ、乳母を感動させた。

13) 寺の深夜、郎女は廬にいる。帷帳(とばり)を掴んだ片手の白く光る指が見えたとき、郎女は思わず、「なも 阿弥陀ほとけ。あなたふと 阿弥陀ほとけ。」と言葉をもらした。それから、白玉をとりあげる夢を見る。水底の白玉、珊瑚の木となった夢をみる。天井の光の輪の隈から、俤(おもかげ)の人の姿が見えた。

14) 大師藤原恵美中卿(仲麻呂)と兵部大輔大伴家持の歓談:郎女のことが話題となる。

15) 郎女は、不思議な音がする恐ろしい夜更けを待つようになった。候は、躑躅(つつじ)の咲く頃であった。ある夜、天井の光のところに、大きな花が見えた。「郎女の目には、何とも知れぬ浄らかな花が、車輪のように、宙にぱっと開いている。」(p.125)その花の蕋(しべ)から、黄金の髪が動く。その髪の中から、顔、肩、胸、肌が現れる。
 
16) ヤマツツジの時候。初夏となる。寺にいる郎女が魂がもどってくることだけを望みにして、人々は山村に留まっていた。人々は、蓮の茎を取って、蓮糸を紡いだ。そして、蓮糸のまるがせが、廬堂に高く積まれていった。郎女は、秋分の日が近づいてきているのを身の内に感じた。

17) 彼岸中日、秋分の夕方。郎女は、いつの間にか、廬の外へ出ていた。乳母たちは、驚き、郎女を探しに出かける。郎女は、万法蔵院に来ていた。そして、二上山の男嶽(おたけ)と女嶽(めたけ)の間を見ていた。そこへ、俤の人のヴィジョンが現れた。

18) 郎女は、奈良の御館から取り寄せた高機で、蓮糸織りをすることになった。郎女は、織物を織って、俤の人の素肌のお身を、掩ってあげたいと思う。しかし、うまくいかない。当麻語部姥(たいまのかたりべおうな)の声で、織り方を教わる。

19) 5反目の織物を織る。それから、郎女自身で、裁ち始める。

20) 当麻語部はもう一人語りの物語の時代ではないことを知る。さて、郎女は、奈良の家の絵の具を思い出して、取りに遣らせる。そして、その絵の具でもって、作った織物の衣に、先の夕に見た幻を描き始めた。そこには、豪華絢爛な伽藍があり、また「照り充ちた色身」の尊者が現れた。「姫の俤びとに貸す為の衣に描いた絵様は、そのまま曼荼羅の相(すがた)を具えて居たにしても、姫はその中に、唯一人の色身の幻を描いたに過ぎなかった。併し、残された刀自・若人たちの、うちまもる画面には、見るみる、数千地涌(すせんぢゆ)の菩薩の姿が、浮き出て来た。其は、幾人の人々が同時に見た、白日夢のたぐひかも知れぬ。」

http://ameblo.jp/renshi/
entry-10002171474.html


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年6月
30          

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (78)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (6)

アクセスカウンタ
今日:410
昨日:1,151
累計:3,557,464