個と自我:その2:「わたし」とは何か:Was bin ich?






[PR]



2010年10月10日(Sun)
個と自我:その2:「わたし」とは何か:Was bin ich?
今日の「わたし」は、凸i⇒+1である。物質的自我である。
 しかし、これは、仮象である。それは絶対的に滅びるものである。(どうして、それに固執するのか。)近代的自我は物質的自我である。
 仮象である「自己(自我)」とは別に、本来、「個」がある。これは何か。
 これは、正に、双極的自己である。即ち、凸i*凹iの差異共立的自己である。この点において、すべての人間は共通、同一である(大乗仏教、キリスト教)。
 しかし、当然ながら、個々の人間には差異がある。これをどう説明するのか。
 直観的には、凸i*凹iには、差異があるということである。つまり、凸ik*凹ikである。だから、Aさんは凸ia*凹ia、Bさんは凸ib*凹ib、・・・Nさんは凸in*凹inとなる。
 思うに、これが「カルマ」である。どうして、違いが生じるのか。
 これは、状況によって差異が生じたと思われる。本来、同一であるが、状況によって、異なったのではないか。
 思うに、発想を変えた方がいいかもしれない。
 思うに、凸iの原自我は、本来、同一である。しかし、物質的現象化によって、差異が生じるということではないのか。
 つまり、「わたし」は本来、普遍的であり、同一である。しかるに、現象化、時空化によって、差異が生じるのではないだろうか。
 言い換えると、個々の人間はすべて、「神」である。しかしながら、個々別々の状況によって、差異化されるということではないのか。
 つまり、究極的には、すべての個々は-1という「同一性」(「一神教」)をもつということではないのか。
 私は民主主義には、基本的には批判的であるが、根源的同一性の視点から見れば、肯定されよう。
 そう、結局、「神」の多様性志向が、個々の人間を発生させていると思う。一人一人、「神」であるが、ある意味で、「神」に翻弄されているのである。そう、「神」は意地悪であるし、パズルを人間に課していると思う。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年10月
         
10
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2,405
昨日:1,097
累計:4,951,957