三次元空間の発現?:根源的双極子宇宙(知/感性的宇宙):-1⇔凸i*凹i⇒+1






[PR]



2010年10月08日(Fri)
三次元空間の発現?:根源的双極子宇宙(知/感性的宇宙):-1⇔凸i*凹i⇒+1
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/renshi/entry-10671018577.html


以下のKaisetsu氏の図(手書き)は実に直感を刺激する。
 第一象限と第二象限のモードの衝突が、ガウス平面と直交する軸Z軸において、発現する様子を示している。
 私は先に、MP平面(仮の命名)から、時間によって、現象化が生起して、第三次元、立体が形成されることを示唆した。
 とまれ、以下のGreenの回転する垂直面がとても意義深い。Vector Modeとも関連すると推測される。つまり、宇宙、自然、森羅万象の渦巻きや螺旋はこれで説明されるのではないだろうか。そして、物質的距離というものも、これによって形成されているのではないだろうか。本来、Media Pointにおける差異共立共振は、Z軸へと展開するのであり、それが、物質力となるのではないだろうか。
 また、虹の七色も、このZ軸における位階スペクトルで説明できないのか、思いつきであるが。
 後で、もう少し述べてみたい。

追記:言うのを忘れたが、虚軸における「距離」の問題、ないしは、虚軸における「空間」の問題である。例えば、凸iと凹iとの「距離」とは何なのだろうか。これは、当然、実軸、実数の観点では測れない。
 虚距離というものがあるのだろうか。双極子としての量子を考えると、二つの「粒子」には、距離があるのだろうか。思うに、距離はないのである。ただ、 MPの空虚点によって共立交叉しているのである。つまり、即非様態である。ということは、森羅万象のエッセンスはそこの凝縮されているということだろう。ただ、根源の双極子、元双極子のMP変換によって、多様な現象を産出するということではないだろうか。
 思うに、回転モードの差異によって、現象形態が異なるということではないだろうか。しかしながら、根源の双極子の凸iには知的モーメントを、凹iには感性モーメントを認めるべきではないだろうか。つまり、精神的身体の原型である。
 そうならば、物質とはどのように発生するのか。思うに、それは、根源的双極子=原精神的身体の現象化において、つまり、生命体化における差異共振体として物質、物質的身体が形成されるのではないだろうか。
 いわば、生命体的物質とは、原精神的身体=根源的双極子の外面、外界であるということになる。
 ならば、生命体としての宇宙、コスモスという見方は正しいのである。太陽も、月も、土星も、太陽系も、銀河系も、その他の星雲、等々も、根源的精神的身体の発現ということになる。
 では、問題は、原双極子と-1との関係である。-1の自己分割としての原双極子が考えられる(Kaisetsu氏)。
 思うに、

-1=-1+0凸i=-1+0凹i

である。
つまり、元々、-1には、ゼロとしての双極子が存するということではないのか。すなわち、

-1=-1+0(凸i*凹i)

である。つまり、ゼロ度の双極子である。これが、潜在態として、-1に存するのではないだろうか。
 あるいは、もっと簡単に言えば、-1が時計回りと反時計回りに1/4回転すれば、双極子になるのである。
 ここで思考実験であるが、-1において、垂直のモーメントと水平のモーメントがはたらいているとしよう。正確に言えば、虚軸的な垂直方向の上下に働いているとする。そして、水平方向には、求心力がはたらくのではないだろうか。なぜなら、-1は傾斜であり、当然、+1への求心力があると想定できるからである。
 すると、垂直上下モーメントに求心力が作用したとき、-1は、時計回りの回転と反時計回りの回転を産み出すだろう。それが、根源の双極子を創造するのではないだろうか。
 言い換えると、三つの力が作用して、双極子を形成するということになる。そして、それは、さらに、+1へと向かうと考えれる。即ち、凸i*凹i⇒+1である。
 だから、まとめると、

-1⇒凸i*凹i⇒+1

となる。問題は、-1⇒凸i*凹iの箇所である。
 ゼロ度の双極子のことを言ったので、これは、双方向的に、

-1⇔凸i*凹i

となるのではないだろうか。すると、

-1⇔凸i*凹i⇒+1

となる。
 今はここで留める。当然、後で、再検討したい。

参照:以下の生成門氏の「心的エネルギーの流れ」図


Japonesian Trans-Apocalypse:Trans-Modern New Platonic Trans-Creation
http://www.c-player.com/ad00178/thread/1100097917517

シムダンス「四次元能」

***************

人間認識図のモードMode計算

この green のエリアは何処だろうか。

 次の図を参照。

DSC01586 DSC01586 posted by (C)天花一海

 greenのエリアは、YとCの鬩ぎあい、共振の部分であるから、上図の、凸iでYとCが接する面の部分である。

 第1象限の土地に立つビルと第2象限の土地に立つビルの間にある狭小な空間のように、両者の即非部分である、接している部分である。

http://blog.kaisetsu.org/?eid=811869
『海舌』 the Sea Tongue @ Kaisetsu with Archaic smile


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年10月
         
8
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2,407
昨日:1,097
累計:4,951,959