身体と物質の違いについて:精神身体と物質身体:カオスとガイア:身体小宇宙と大宇宙






[PR]



2009年01月28日(Wed)
身体と物質の違いについて:精神身体と物質身体:カオスとガイア:身体小宇宙と大宇宙
先の検討により、身体と物質との区別が明瞭になってきた
http://ameblo.jp/renshi
/entry-10198359931.html
ので、この際明確にしたい。
 例えば、身体とはほとんど誰にでも明快である。気温が下がれば、ほとんど誰もが「寒い」と感じるだろう。この「寒い」とは何だろうか。身体的感覚なのか、心的感情なのか。
 心と身体の近代西欧二元論で考えると、そのような疑問が生じるのである。この二元論は誤った区別であると私は考えるのである。何故なら、それは、身体と物質とを混同しているのからである。
 プラトニック・シナジー理論から言うと、精神(心)⇒身体であり、身体とは本来、精神身体なのである。この⇒がとれた身体はいわば、物質的身体であり、物質科学で考える「身体」である。
 この精神身体ないしは身体の概念から見ると、「寒い」とは、正に、精神身体感覚である。そして、物質的感覚とはありえないだろう。
 物質は感覚しないのである。感覚するのは、精神身体なのである。(追記:物質的身体は、刺激[「寒い」]に対して、反応はするが、それは、機械的、メカニズムである。つまり、例えば、皮膚神経や脳神経が、量的な反応をするということである。)
 ここでやや飛躍して言うと、ギリシア神話で、カオス(空隙)からガイア(大地の女神)が生まれるが、カオスがMedia Pointで、ガイアは正に精神身体(身体)に当たるだろう。
 ならば、ウラノス(天空)は何だろうか。これは、端的に、光であろう。つまり、+1ではないだろうか。即ち、イデア→カオス→ガイア→光ではないだろうか。光は宇宙(コスモス)としてもいいのではないだろうか。
 自己認識方程式で言うと、⇒+1の⇒がカオスであり、⇒+1がガイアであり、+1がウラノスではないだろうか。先に、イシス⇒オシリスと言ったが、⇒オシリスがガイアであり、オシリスがウラノスになるだろう。この点は微妙で興味深いが今はおいておこう。
 さて、身体の問題に返ると、結局、通常、確認している身体とは精神身体(「ガイア」)であるということになる。そう、神秘主義では、小宇宙=大宇宙という図式があるが、それは、正しいだろう。そして、古代宇宙論や占星術も基本的な世界観では、正しいことが証明されるだろう。この問題もきわめて興味深いがおいておこう。
 では、精神身体(身体)と物質身体(物質)の関係はどうなるだろうか。西洋医学は、後者を対象としているのである。(東洋医学は西洋医学の精緻さを欠くように思えるが、前者を対象にしていると言えよう。)
 哲学的には、前者は差異的同一性であり、後者は同一性である。そして、同一性とは抽象なのであり、近似・疑似的な、あるいは、ヴァーチャルなものなのである。表層ないしは上層と言ってもいいかもしれない。
 つまり、差異的同一性を同一性という仮想性に抽象・還元したものが、物質身体(物質)であると言えよう。
 この視点から、例えば、遺伝子ないしはDNAを見るとどうなるだろうか。それは、精神身体のエッセンスを抽象したものであろう。だから、真相は精神身体情報である。物質科学では、この精神身体性が抜けているのである。つまり、イデア的身体性が抜けているのである。
 この問題もたいへん興味深いがここで留めておこう。

追記1:追加すると、(精神)身体と(脳)神経の違いもこれで説明できるだろう。
 では、病気とは何だろうか。心の病について言うと、それは、ほとんど自明であり、精神身体の精神の病が身体に現われるものである。
 では、風邪とか癌などの「外的」な病気はどうだろうか。それは、精神身体の病気ではあるが、精神身体の皮層の物質身体が病んでいると考えられる。
 ウィルス等の外的原因があるが、しかしながら、精神身体から見ると、なんらかの精神性が基因となり、物質身体に発症するということは考えられるだろう。
 そう、ストレスが基因かもしれないのである。(遺伝子が原因の場合は精神身体性が原因と言うべきである。)
 
追記2:東洋文化の「気」(インドでは、プラーナ)に関して言うと、気的身体は、ほぼ精神身体になるのではないだろうか。
 つまり、「気」はほぼ精神に相当しよう。しかしながら、「気」のより根源には、「魂」や「霊」があるだろう。イデア本体である。
 しかしながら、重要なのは、知性とは、物質身体に伴って生起することである。そして、理性とは、精神的知性のことであるということである。だから、知性と精神の均衡を取るものと言えよう。
 だから、理性とは知恵と呼べるものである。合理性とは異なるのである。それをreasonやratioとするのは、誤りである。reasonやratioは、知性である。だから、直感・直観の方が理性、知恵に近いのである。
 思うに、近代哲学は、知性と理性と直感・直観と悟性で混乱しているだろう。知性=悟性=reason, ratioである。それに対して、Media Pointの知が理性・知恵である。それは、知性と感性の調和する知である。これもここで留めておく。

追記3:追記2の知性等々の用語の弁別であるが、まだ、当然ながら、混乱がある。思うに、知性は、同一性知性=物質知性とMedia Point知性=差異共振知性に分けた方が混乱がなくなるだろう。
 理性も混乱を引き起こす用語である。reasonは、やはり、2つの知性に関係すると思うので、混乱するのである。
 合理性rationalityであるが、それもやはり、2つの知性に関わるだろう。
 だから、知性、理性、合理性、すべて、2つの知性に関わる用語ということになる。
 結局、近代は、連続性(連続的同一性)ないしは同一性主義の文化なので、2つの知性の区別が混乱していると考えられるのである。
 だから、明晰に区別するには、例えば、同一性理性(略して、同一理性:量的理性)と差異理性(略して、差理性:質的理性)に分けるといいのかもしれない。カントの純粋理性は両者が衝突していると言えるだろう(アンチノミー)。
 結局、PS理論によって、この問題が斉合性をもって、解決されると言える。結局、図式化すると、

差異理性⇒同一性理性

である。これは、また、次のように言い換えられる。

超越理性⇒物質理性

近代主義は、右辺を中心化させて、左辺の探究が問題化したと言えよう。
 そして、フッサールの現象学は、左辺の探究であったと言えよう。その結果、超越論的主観性、間主観性、生活世界等の概念が生まれたのである。
 ただし、フッサールは超越理性が、差異理性、差異共鳴理性であることを認識できずに、いわば、超越的同一性に留まったと言えよう。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年1月
       
28

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1,139
昨日:2,176
累計:4,612,457