同一性鏡像について:Media Point の二元性(二重性)と同一性志向性の一元性(二項対立性)






[PR]



2008年03月26日(Wed)
同一性鏡像について:Media Point の二元性(二重性)と同一性志向性の一元性(二項対立性)
同一性志向性が自己同一性・自我を形成する契機となる鏡像については、これまで何度か述べてきた。しかしながら、まだ、厳密さが足りないと感じられるので、ここで検討したい。
 思考実験的に、かなり以前に使用した図式を使いたい。それは、差異1・同一性・差異2というものである。これは、差異1が差異2を認識するときに、同一性を発生させて、差異2を同一性として認識することを表わしている。基本的には、差異1⇒差異2であるが、この⇒を認識衝動とすると、この⇒の結果が同一性ということである。
 この同一性認識衝動(同一性志向性)であるが、差異1は差異2(他者)に対して、その差異2自体を認識せずに、同一性を投影して、同一性として、差異2を認識するのである。この同一性が一種の鏡像であると言えよう。
 いったいこれはどこから発生したのだろうか。ラカンは鏡像段階を考えているが、果たして、物質的な鏡を介して、鏡像である同一性像を形成するのだろうか。
 私は先に、差異のスクリーンに同一性像を形成する、ないしは、投影すると言ったが、この考え方は、鏡のような外的・物質的なものによる同一性像の形成以前に、内的な、心的な同一性像が形成されるというものである。
 つまり、こういうことである。原点にMedia Point があるが、ここから同一性志向性は、差異を抑圧否定して、同一性を外界に投影するようになるのである。この内的な、差異の抑圧否定において、同一性志向性は差異のスクリーンに同一性を押し付けているのである(いわば、押印である)。
 このメカニズムを考察しよう。先ず確認しておくべきことは、Media Point において、第一に、同一性志向性が発動するということである。これは、当然、差異(差異身体)を抑圧否定する志向性である。だから、Media Point に存する同一性志向性は、Media Point において存する差異を抑圧否定する際、差異に同一性を「押印」すると考えられるのである。このとき、差異がスクリーンであり、それに同一性像(同一性影像)が投影されると考えられるのである。そう、だから、投影とは「押印」・押し付けなのである。そして、このときの同一性像が、思うに、力のある同一性像であり、これによって、外的対象・外的差異に対して、(内的な)同一性を投影・「押印」するのである。
 思うに、内的差異に対する圧力(内圧)が同時に、外的差異に対する圧力(外圧)になるのであるが、この同一性志向性の衝動・発動・駆動であるが、これが、端的に自己同一性=自我衝動と言えるだろう。おそらく、意志と言ってもいいだろう。そして、これが、父権的衝動と言っていいだろう。言い換えると、同一性志向性=同一性衝動=自己同一性・自我衝動=意志=父権的衝動となる。【それに対して、母権的衝動とは、同一性衝動を牽制する意志であろう。つまり、差異志向性ないしは差異共振的志向性である。思うに、本来、人間において、同一性志向性と差異志向性の両極性があるのであり、このバランスが社会共同体・生活世界を保持してきたのではないだろうか。母権社会においては、差異志向性の方が、同一性志向性よりは、優勢であったと思われる。】
 簡単にまとめると、Media Point における内的差異のスクリーンに投影・「押印」される同一性像が内的な同一性像となり、それが外的対象・外的差異へと投影されて同一性認識が形成されて、自己同一性=自我が形成されるということになり、本稿のテーマであるどういう性鏡像であるが、それは、差異のスクリーンに投影される同一性影像がそれであるということになる。
 最後に以上の視点から、ラカンの鏡像段階を考えると、それは、原初の内的な同一性鏡像ではなく、外的な同一性鏡像を自己同一性=自我形成の契機としていることで、見方が転倒していると考えられる。外的な同一性鏡像とは、内的な同一性鏡像の投影像であり、第二義的であると考えられるのである。言い換えると、ラカンは内的鏡面を無視(正に、疎外)して、外的鏡面を媒介にしているのである。この結果は、外的感覚の中心化であり、内的感覚(内観)、言い換えると、感性(魂感覚・精神的感覚・心感)の喪失があると考えられる。つまり、精神分析は精神の分析ではなく、物質的心性分析になっているということになろう。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年3月
           
26
         

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:294
昨日:766
累計:4,787,265