Kaisetsu氏の「コンサバティブ・ラディカル」という新政治概念






[PR]



2010年05月16日(Sun)
Kaisetsu氏の「コンサバティブ・ラディカル」という新政治概念
テーマ:傀儡ペテン売亡国独裁主義国家癌民主党政権

以下、Kaisetsu氏の現代日本政治分析は透徹したものであり、現代日本政治の流れが明瞭である。
 ラディカルとリベラルの根本的差異の説明が意義深い。これまでの考察から言えば、ラディカルとは、差異主義/母権主義であり、リベラルとは、同一性主義/父権主義である。Kaisetsu氏の言葉では、直観主義と理想主義である。
 思えば、私はイメージから言語観念が生まれた、常々思ってきた。それから言えば、この区別は納得できるものである。
 また、これは、カント哲学批判になるのである。カント哲学は直観主義と同一性主義(悟性主義)の折衷の理性主義である。
 しかし、「理性」とは、直観・直感に基づくものである。言語主義的な同一性主義(悟性)が主導すると、「理性」は「汚染」されて、直観・直感が混濁するのである。
 だから、ポスト・モダンとは、ヘーゲル的であり、且つ、カント的である。
 直観・直感の「清々しい」哲学を説いたのは誰であろうか。これは、芸術家(美術、音楽、文学、他)が表現したのである。直感で言えば、老子であり、シェリングである。


所謂、「ネット右派」は、「コンサバティブ・ラディカル( Conservative radical)」


所謂、コンサバティブとは、理想論よりも現実論、将来の利益よりも現在の利益、理論よりも直観を重視する思考であり、所謂、ネット右派は、このコンサバティブに入る。

 所謂、リベラルとは、現実よりも理想を、現在の利益よりも将来の利益を、直感よりも理論を重視する思考であり、所謂、「サヨク」が、この分類に入る。


 所謂、サヨクは、つい最近まで、野党であり、反体制派であったために、現状を打破することを自己主張の中心とし、将来の幸福を約束することで大衆を操作し、緻密な理論によって合理性を確保する手法を用いてきた。

 一方、右派は、既存体制の支持者であり、現状を肯定することで大衆に安心感を情操し、直観的な意思伝達によって政権への支持を確保してきた。

 ところが、トロツキズムを理論の基礎におくネオ・リベ勢力が、深く既存勢力の中に入り込み、右派の牙城である体制内部に、現状打破のスローガンを持ち込み、保守主義の中に、「現実よりも理想を、現在の利益よりも将来の利益を、直感よりも理論を重視する」手法で、大衆操作をする勢力が頭角を表した。日本では、小泉純一郎である。

 このコンテキストから、この新しい集団を、「New Liberal」と呼ぶことは正確である。

『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年5月
           
16
         

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:580
昨日:511
累計:4,953,769