ハイデガー哲学を超えて:Media Pointと超越論的差異:PS理論とポスト・モダン哲学:v2






[PR]



2007年08月30日(Thu)
ハイデガー哲学を超えて:Media Pointと超越論的差異:PS理論とポスト・モダン哲学:v2
現存在をMediaPointとするなら、垂直共振性が水平共振性を帯びるはずである。しかし、現存在には、水平共振性が欠損している。だから、現存在は正当なMedia Pointではない。水平共振性を欠落させたこの現存在とは何か。
 思うに、現存在は超越論的差異である(超越的差異ではない)。それは、虚軸的Media Pointであり、実軸的Media Pointが排除されている。だから、水平共振性は発生しない。
 しかしながら、現象する存在者であるから、当然、実軸性を帯びている。世界内存在である。しかし、ここには水平共振性は欠落して、相互同一性(ないしは、間同一性、又は、単に、同一性でもよい。ここで、相互同一性というのは、ハイデガーの配慮的気遣い、ないしは、道具的世界の様態である。)が主導的である。つまり、同一性構造ないしは間同一性構造が支配している。これをどう見るのか。思うに、存在者ないしは世界内存在の観点では、ハイデガー(以下、 H.)は、実軸的Media Pointで考えているように思える。つまり、虚軸的Media Pointを排除している。
 Media Pointの意識は虚界と実界との交叉点にある。Media Pointの意義は、だから、1/4回転にある。即ち、両者の交叉性をもった垂直から水平への転換にある。だから、虚軸的Media Pointとか実軸的Media Pointというのは、本来正しくない言い方である。それは、Media Point自体を破壊している考え方である。
 ならば、Hの考え方をどう見るべきか。一方には超越論的差異があり、他方には同一性構造ないしは間同一性構造が支配している。Hの思想には、Media Pointはない。似て非なるものである。
 超越論的差異と同一性の二元論として、現存在がある。両者の交わらない二元論的現存在である(これは、不正確である。現存在においては、交わるのである。)。
 思うに、超越論的差異と同一性との結合を考えないわけにはいかない。超越論的差異が同一性化するのだ。そして、同一性から脱却して、超越論的差異へと復帰する。
 思うに、同一性構造とは、超越論的二項対立構造ではないのか。この超越論性と超越論的差異が結びついているのではないのか。より的確に考えると、同一性化における超越論性と同一性との二元論的発生がHの哲学の意味ではないだろうか。
 ここで、PS理論から見ると、Media Pointからの同一性の形成において発生する事態を表現したのが、Hの哲学ではないだろうか。つまり、Media Pointを否定・排除・隠蔽するようにして、超越論的同一性構造がここに発生して、一面には超越論的差異が、他面には同一性が生起(現象)するのではないか。即ち、一面では超越論的差異であり、他面では二項対立的同一性である。Hは、前者を本来的存在と、後者を非本来的存在と呼んでいるように考えられる。
 そう見れば、端的に、Hの思想は、構造主義に通じる面がある。そして、ポスト・モダン哲学にも通じる面がある。とまれ、Hの思想は同一性の思想の延長にあるだろう。「超越論的差異」的同一性である。(それに対して、フッサールの哲学は、超越性ないしは超越的差異がある。ドゥルーズの思想は、ほとんどHの思想である。又、デリダの脱構築主義もほとんどHの思想である。つまり、Hの存在=時間(根源的時間)を差延に置き換えたように思える。)
 問題は超越論的差異と同一性の統一性、言わば、「超越論的差異」的同一性構造を破壊することにあるのである。Hの哲学はフッサールのブレークスルーを無視したものの「ポスト・モダン」であった。そう、構造主義を超えて(時間的順序が反対となるが)、近代主義的超越論的構造を明らかにした。ドゥルーズやデリダのポスト・モダン哲学は、それを踏襲しているのに過ぎないと考えられるのである。
 不連続的差異論が超越論的差異と同一性の統一体、即ち、「超越論的差異」的同一性構造を破壊したと考えられる。差異を同一性から解放した。そう、超越的差異(超越論的差異との区別は絶対的である)の発見である。そして、プラトニック・シナジー理論はそれに即非性を与えた。つまり、超越的即非差異(超越的差異即非)の発見である。即ち、ポスト・ポスト・モダン=トランス・モダン哲学である。
 結局、構造主義/ポスト・モダンの壁を突破したと考えられる。プラトニック・シナジー理論はフッサールの超越性を救い上げる形で、鈴木大拙の即非論(ウスペンスキーの「ターシャム・オルガヌム」の思想もほとんで同じである)を取り込んで成立したのである。
 言い換えると、プラトニック・シナジー理論は、不連続的差異論が構造主義/ポスト・モダン哲学の壁を突破し、それによってフッサールの超越性を救い出し、取り出した超越的差異に、鈴木大拙の即非論を取り入れることで、いわば、超越的差異即非論として成立し、さらに、Kaisetsu氏による数学化[(+1)*(-i)⇒+1]によって、数理/科学化(数理科学化)されたのである。

注:以上の論考は、
http://ameblo.jp/renshi/
entry-10045161527.html
の本文を修正したものである。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2007年8月
     
30  

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2,409
昨日:1,097
累計:4,951,961