『存在と時間』の世界は、道具主義の「共存在」の世界である






[PR]



2007年08月29日(Wed)
『存在と時間』の世界は、道具主義の「共存在」の世界である
ハイデガーの世界概念には、他者が欠損していると言ったが、この他者という術語は、ポスト・モダン哲学を経由したものであり、単なる他人ではない。ハイデガーの世界は、他者が不在であるが、他人は存在する。そして、現存在は、他人と「共存在」であり、道具主義の世間に生きているのである。
 ハイデガーの世間に関する用語は、極めて皮肉であり、ほとんど侮蔑的である。世間において人間は、「共存在」であるが、この「共」とは、道具主義において、共同ということで、精神において、共同ということではない。また、公共という概念も同様である。道具的世界における公共であり、あくまで、道具が中心化されている「公共」なのである。
 結局、ハイデガーは世界は道具主義の世界であり、「他者」は単に、道具的世界を構成する「共存在」・他人に過ぎないのである。そう、端的に、ハイデガーの世界は、いわゆる、ゲゼルシャフト(利益主義の集団)に過ぎない。完全に、ゲマインシャフトは消滅している。フッサールの説いた生活世界は、ここには存在していない。ここには、物質的生産のための世界があるのである。メカニズムの世界である。ここで、想起するのは、カフカの『変身』である。毒虫に変身したグレゴール・ザムザが、本来の他者なのであるが、彼の家族は、ハイデガーの道具的世界の他人である。ナチスが台頭し出したドイツ社会を感じさせるものがある。これは、また、現代の世界を想起させる。
 それにしても、ハイデガーの存在は、暗い。自閉症である。一種、モナドである。それも、無神のモナドである。近代主義における独我主義的存在である。パラノイア的である。


参照:以下の和而不同とは、ほとんど、差異共振である。

他者との共生
-- 『フッサール間主観性の現象学』の刊行に寄せて --
浜渦 辰二 (静岡大学人文学部)
(注記: これは、『創文』No.366[創文社、1995年6月発行]に掲載されたものです。)
 和而不同 -- 月並みな言葉であるが、昔から、わたしのこころのなかに残って来ている言葉である。いま正確には思い出せないが、中学生の頃、朝礼の時間に校長先生がしてくれた話のなかで初めて聞いたのだったろうか。この言葉を使って、話された内容はおよそこうであった。 -- 友達を作ることは大切だが、友達との付き合いで自分を見失ってはいけない。友達との付き合いに流されてしまうのは簡単だし、それを嫌って、孤独に閉じ籠もるのもこれまた簡単だ。難しいのは、友達と付き合いながらも、それに流されず、自分を見失わないことである。 -- この「道徳的な訓戒」がなぜか、わたしのこころに滲み込み、これはほとんどわたし自身の「戒律」ともなってきたように思う。
http://www.ipc.shizuoka.ac.jp
/~jsshama/j/on-HUA0.html

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2007年8月
     
29  

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2,409
昨日:1,097
累計:4,951,961