ハイデガーの『存在と時間』の世界概念は、道具的・事物的存在者に導かれていて、人間・他者が不在だ






[PR]



2007年08月28日(Tue)
ハイデガーの『存在と時間』の世界概念は、道具的・事物的存在者に導かれていて、人間・他者が不在だ
『存在と時間』は、ほぼ前半と後半は、齟齬が生じている。先にも述べたが、前半では、他者への顧慮があったが、後半ではそれが完全に喪失され、道具的・事物的存在者への配慮だけが、現存在の気遣いになっている。
 世界が、道具や事物中心の世界であり、人間が消えているのである。ただ、現存在と道具や事物が存在するだけの世界で、異常であり、不気味である。
 これでは、もはや、差異は、ハイデガーの哲学には、存在しない。ただ、同一性、それも、事物的同一性が支配していると言えよう。
 また、他者不在の、道具的世界が外界として存している。これは、現存在自体が事物的同一性構造をもっていることを意味しよう。しかし、差異はないのである。自己は差異ではない。すると、ハイデガーの自己は、事物的同一性ないしは単に同一性ではないのか。しかし、ここは、微妙な点である。つまり、本来的自己とは何かということである。
 本来的自己が頽落して(脱自して)、事物的同一性(世人)を発現する。しかし、本来的自己への回帰とは、事物的同一性を廃棄したものである。それは、存在=無ということではないのか。すると、ニーチェの積極的ニヒリズムと同じではないだろうか。しかし、ニーチェの無には、永遠回帰という永遠性があったし、ついでに言えば、三島由紀夫の無はドラスティックで、それを超えた「存在」(=イデア界)を感じさせた。ハイデガーの存在=無は、いったい何なのか。差異のない単独者、だから、同一性自己ではないのか。今は、ここで留めておく。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2007年8月
     
28  

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2,409
昨日:1,097
累計:4,951,961