国民主権と二つの資本主義:国際戦争資本封建主義と平和資本主義と心の民主主義:世界平和資本民主主義






[PR]



2013年12月22日(Sun)
国民主権と二つの資本主義:国際戦争資本封建主義と平和資本主義と心の民主主義:世界平和資本民主主義
国民主権と二つの資本主義:国際戦争資本封建主義と平和資本主義と心の民主主義:世界平和資本民主主義

テーマ:二つの資本主義:自由共同体と掠奪暴利主義

 資本主義は、私の仮説では、二つ存するのである。戦争資本主義と平和資本主義である。言い換えると、前者は「自己中心」主義的他者破壊資本主義(田中宇氏の一極主義、あるいは、「一神教」的資本主義、父権的資本主義、あるいは、ヤハウェ的資本主義)であり、後者は他者肯定主義的資本主義、共存資本主義(多極主義、「多神教」的資本主義、母権的資本主義)である。
 この二つの資本主義が支配する政治経済体制が今日あるのであり、その下で「民主主義」が存しているのである。
 そして、主権は二つの資本主義に存するのであり、国民には主権は不在である。ただ、政治的には、選挙権(被選挙権もあるが、実際はないに等しい)、その他があるくらいである。
 とは言え、戦争資本主義は反民主主義であり、平和資本主義は民主主義を実現する経済体である。
 そして、本当の民主主義は、国民、というか、個体民の心に存するのである。(あるいは母権的精神に存するのである。)
 そのような状況において、民主主義を政治経済社会文化的に実現するには、国民、個体民は、戦争資本主義の代弁者ではなく、平和資本主義のそれを選択するべきなのである。
 そのときの指標になるのがマスコミなのである。マスコミは日本の場合、戦争資本に支配されているので、その論評とは真逆のものを選択すればいいのである。あるいは、端的に、日本の政治は戦争資本に支配されているので、それとは対立する政治を選択すればいいのである。(ただし、選択の枠がきわめて狭い。)
 簡単にまとめると、資本主義は二種類あり、国際戦争資本組織が日本を支配していて、平和資本組織がそれによって謀略的に破壊されることになる。
 そのような政治経済状況における民主主義の唱える国民主権は虚偽・誤謬である。主権は資本主義、二つの資本主義に存するのであり、とりわけ、謀略的な戦争資本主義に存するのである。
 このような状況において、国民、個体民は謀略的戦争資本の支配する政治権力(主権)ではなく、平和資本主義の勢力を選択し、平和資本主義とともに心の民主主義を実現すべきなのである。
 そう両者ともに母権的精神をもつと考えられる。他者との共存をもつ精神である。平和資本民主主義が政治的に実現すべきものである。


12/21 21:04 神州の泉 /特定秘密保護法はグローバル資本に..

多分、神州の泉だけが初めていうことだが、特定秘密保護法は閉ざされた言語空間の明文化であり、戦後、潜在的に作用していたこの無言の圧力がこの法案の制定によって表舞台に堂々と躍り出たことになる。
それだけに日本人は今、戦後最大の危機に直面していることになる。
これは現代の占領体制そのものである。
ただし、現今の占領様態はマッカーサーGHQとは違っていて、米国コーポラティスム(多国籍企業と米国政府の共同体制)の占領下に入るということになる。
このコーポラティズムは、国家や政体が企業化したまま内政や外交戦略に臨んでいる概念だが、「独りファシズム」主催者の響堂雪乃氏の定義では資本と行政の共謀主義のことである。

つまり、岩月氏が「特定秘密保護法による恐るべき国家改造 特定秘密保護法の正体はアメリカとグローバル企業による遠隔操作法だった!」で断言する、日本国家の改造主体が、実は米国コーポラティズムに他ならないということになる。

http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/11/post-426e.html

特定秘密保護法が成立したことで、日本は多国籍企業による平成の占領統治体制に入ったことになる。
奇妙な言い方かも知れないが、68年前にわが国を占領統治したアメリカという国は、一歩先にグローバル企業に占領支配され、国家そのものが企業政体と同化しているのである。
だから、我々が直面する大問題は、厳密には「アメリカvs日本」ではなく、「アメリカ多国籍企業vs日本」なのである。
特定秘密保護法を、国内視点のみの「知る権利」だけに狭隘化した見方がどれほど全体像から逸れているかお分かりのことと思う。
小泉政権以降、マスコミは国民の知る権利を封じていたばかりか、米官業利権複合体のために真実から目をそらす誘導報道に勤しんできた。
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/12/post-1156.html



秘密保護法とNWOの日米欧三極委員会とのつながり (12/15)

自民党という政党は、そもそもが、ニューワールドオーダー推進のためにCIAの手を借りて育成されてきた政党。安倍政権は、与えられたミッションを忠実に実行しているのです。

「日本政府の内部にCIAに飼われている連中がいる」

陰謀めいた秘密の機関。
それらは民間の団体、会議、グループで、アメリカ政府、英国政府の周辺に「まとわりつく」ようにして影響力を行使しています。(日本の場合は財団法人という形式になっています)
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html
カレイドスコープ

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年12月
22
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:297
昨日:766
累計:4,787,268