日本支配層の集団主義的父権主義に拠る狂気錯乱の解明






[PR]



2012年07月28日(Sat)
日本支配層の集団主義的父権主義に拠る狂気錯乱の解明
日本支配層の集団主義的父権主義に拠る狂気錯乱の解明

テーマ:二つの日本民族:母権民族と父権民族

日本国の支配層が金目当てで、狂気錯乱しているのは、常識のある人間の目にはまったく明らかであるが、では、どうして、それほど、アホ的に狂うのか、その原因を考えてみたい。(もっとも、これは、既述済みであるが。)
 既述したように、明治維新以降、父権主義が支配的になった。これは、同一性主義である。唯物論である。
 それは、陽・凸i・自己を中心とする視点をもつ。しかしながら、日本父権主義は、集団主義が混入している。
 故に、完全に、自我主義にはならない。集団主義的父権主義である。
 つまり、権力的集団が主となり、それに従う父権主義である。
 権力的集団が中心であり、単に、それに服従する父権主義なのである。
 無双PS原理から言えば、陽・凸i・自己と陰・凹i・他者が未分化で、両者の間で揺れ動いているのである。つまり、半陽と半陰の未分化様態である。
 半陰は、外在的権力に従う。つまり、集団主義である。半陽は、内在的権力、つまり、自我に従うのである。父権主義である。
 つまり、権力には唯々諾々と服従し、それ以外では、内なるエゴイズムを放らつに行なうのである。
 これで、一応、解明した。

追記:丁寧に言うと、権力的集団と一体化している半自我的父権主義である。つまり、外在的権力集団と父権的自我が一体化しているのであり、権力的集団と自我の区別がつかない、未分化様態にあるのである。
 また、集団主義的父権主義の狂気錯乱と述べたが、それには、邪悪さも当然あるのである。
 

(07/27)大阪の子どもを福島県へ−福島ステークホルダー調整協議会の黒い霧
http://onodekita.sblo.jp/article/57285153.html


チェルノブイリが起きた時に、ソビエト政府は一週間で子どもを含めて、避難させました。そして、徐々に避難区域を拡大し、いまでは0.28マイクロシーベルト以上の放射線量の村が全て廃村に。チェルノブイリから180キロ圏内のほとんどの村が消えた。 という状況です。

 翻って日本は、警戒区域を解除し、今度は楢葉町まで解除し、子どもを戻すそうです。なぜ、ソビエトと正反対のことをやるんでしょうか。どちらかが間違っているのは間違いありませんが。日本人は、ヒロシマ・ナガサキを経験したから特別放射能に強いとでも言うのでしょうか。

 大阪の茨木市の教育委員会がにわかには信じがたい企画をこの夏休みにします。

院長の独り言


オスプレイ問題で見えてきたこと:グア...
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/30014843.html

2012/7/27(金) 午後 0:51
新ベンチャー革命 2012 年 7 月 27 日  No.608 タイトル:オスプレイ問題で見えてきたこと:グアム移転したがっている沖縄米軍を必死で引き留めているのは日米安保マフィア日本勢だった 1.大手テレビ局、オスプレイ報道に限って、まともになった?   2012 年 7 月 26 日のテレ朝報道番組モーニ ... すべて表示

新ベンチャー革命


2012/07/28 : 政治・権力・陰謀 : 尖閣問題、オスプレイ、原発再稼働にみる“煽動的噴き上がり”想像以上に危険な水域  『世相を斬る あいば達也』
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-947.html#more


『文殊菩薩(ブログ版)』





人間には、悪人と善人がいるという単純な事実認識:父権的人間は冷酷利己主義で共感・霊愛性が欠落する

テーマ:二つの日本民族:母権民族と父権民族

以下、『「10年に一度の大物次官」と言われるのなら、増税後に購入して、少しでも庶民の痛みを感じることぐらい、簡単にできるハズなのだが。』とあるが、これは、実に甘い認識だと思う。
 人間を一様と思うのは、現実的には誤りだと思う。悪人もいれば、善人もいるのである。
 もっとも、理念・宗教的には、全員が救いの対象ではあるが。
 渇穢夷痔牢氏は、明らかに、・・・である。そのような人間に対して、「少しでも庶民の痛みを感じることぐらい、簡単にできるハズなのだが」とはまったくの大甘の認識である。
 これまでの私の議論から言えば、父権的人間は、利己主義であり、共感性・霊愛は欠落しているのである。

追記:丁寧に言うと、一人の人間の精神・心の内部には、善と悪の極性があると考えられる。ただ、悪人は、悪の極性が極大的で、善の極性を圧倒しているのである。
 とまれ、近現代日本人の問題は、既述したように、端的に、集団主義的父権主義に存すると言える。
 それは、これまでの仮説では、弥生的農耕文化的集団性と大陸的父権主義の混淆である。
 今、思いついたが、前者の弥生農耕文化的集団性であるが、単純にそれが、そのまま、今日の集団主義になっているのではなく、江戸時代の封建制を通じて、形成された、封建的集団主義を経過して、今日の集団主義になっていると推測される。
 だから、集団主義的父権主義とは、江戸時代の封建制を経過した明治維新の中央集権主義のもつ父権主義を内在しているということになる。

【経済の死角 】
消費増税案が衆院通過して、アタマの中は優雅な老後のことですか 勝栄二郎(財務事務次官)が駆け込み購入か?「豪華すぎる新居」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33106



その一方で、こんな皮肉な見方をする人もいる。
「家賃の安い公務員宿舎に住んでいる間にずいぶんと蓄財したんでしょう。ただし、実際のところ、消費増税の実施までまだ2年あるとはいえ、こんな時期に買うなんて駆け込み購入と国民に非難されても仕方ない」(前出・経済部記者)
 勝氏本人を直撃した。
---新居の住み心地はいかがですか。
「・・・・・・・・・・・・」
---このタイミングで引っ越した理由は? 駆け込み購入ですか。
「・・・・・・・・・・・・」
 終始仏頂面で、ひと言も発さず迎えの車に乗り込んだ。「10年に一度の大物次官」と言われるのなら、増税後に購入して、少しでも庶民の痛みを感じることぐらい、簡単にできるハズなのだが。
「フライデー」2012年8月3日号より
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33106?page=2


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年7月
28
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:759
昨日:887
累計:4,654,168