民主党独裁による国家の私物化だ!:国家の悪性腫瘍の民主党:参院選挙で民主党を大敗北させよ!






[PR]



2010年03月31日(Wed)
民主党独裁による国家の私物化だ!:国家の悪性腫瘍の民主党:参院選挙で民主党を大敗北させよ!
民主党独裁による国家の私物化だ!:国家の悪性腫瘍の民主党:参院選挙で民主党を大敗北させよ!

テーマ:傀儡ペテン売亡国全体主義反動民主党 政権

<民主党職員>国が給与 内閣官房在籍の調査員
3月31日2時32分配信 毎 日新聞
 鳩山内閣は30日、内閣官房に籍を置き、無給・非常勤の「専門調査員」として勤務している27人の民主党職員の一部を、有給・常勤の「政務調査官」など として登用する方針を固めた。各府省の政務三役を補佐している党職員を正規の国家公務員とすることで「政治主導」をさらに進める。国会に提出している政治 主導確立法案に新役職の創設を盛り込んでおり、成立後に起用する見通しだ。

 同法案で新設されるのは、官房長官や国家戦略局長らを補佐する「内閣政務参事」「内閣政務調査官」と、各府省で政務三役を補佐する「政務調査官」。国家 公務員に準じた給与が支払われ、政務参事は月額85万〜72万6000円、政務調査官は同62万1000〜37万6000円などの俸給を受けるとしてい る。

 政府・民主党は政権交代直後、政策決定一元化のために民主党の政策調査会を廃止。政調職員たちが首相官邸や各府省で政務三役を補佐する態勢にしたが、官 僚側から情報漏れの懸念が示されたため、27人を守秘義務を課す「専門調査員」とした。ただ、非常勤ながら休日を除きほぼ毎日勤務していて、党務にはほと んど関与していないため、党ではなく国から給与を支払う方針に転じた。

 30日に閣議決定した答弁書でも「(党職員の)参事等への任用を排除しない」とした。

 これに対し官僚からは「党職員を税金で養え、という話 だ」との反発も出ている。【佐藤丈一】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000010-mai-pol

2010.3.30(その3)
森田実の言わねばならぬ【277】
平和・自立・調和の日本をつくるために[277]
新連載《「商工会」必要論〈4・完〉》地方軽視政策を改め、地方重視・中小小規模企業対策強化・失業対策重視・積極財政金融政策・公共事業推進への政策転 換をすれば日本は甦る−−「商工会」への期待は大きい
「月満れば虧(か)く」(『史記』)




 地方軽視の新自由主義・自由競争至上主義はもはや限界である。欧米においては、国民は新自由主義・自由競争至上主義が人間の幸せの敵であることに気づ き、新自由主義から訣別しつつある。しかるにわが国においては、政権交代が実現しても新自由主義政策がつづいている。鳩山民主党政権が誕生したが、基本的 経済政策は変わっていないのである。
 日本で2009年8月30日の総選挙で起きたのは、「政策転換なき政権交代」だった。日本国民は民主党に裏切られたのである。この矛盾は正されなければ ならない。
 このチャンスが日本国民の前にある。2010(平成22)年夏の参院選である。この参院選において、政府の政策を転換させなければならない。地方を重視 し、経済成長を推進する政治家を参議院に送らなければならないと思う。
 政治の方向転換が必要である。東京中心主義から地方重視・草の根重視への転換である。草の根からの日本再生を担うのは商工会である。政府・自治体は商工 会の役割を正当に評価し、応援すべきである。商工会への期待は大きいのである。(了)
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C06225.HTML




イタリア・ルネサンス美学と東洋美学:超越的現象光と外界的現実


テーマ:美術・デザイン・ファッション・美容・ 整形
以下、Toxandoria氏の述べている
 
『二つの「文化の光」、つまり「オランダ の 光」と「ヴェネツィアの光」が両者間の交流プロセス』と『「現実認識能力(リアリズム感覚)」』

は興味深い。思うに、イタリア・ルネサンス美学の問題であるが、主に、ダヴィンチでわかるように、それは、東洋的美学なのである。差異即非・共振原理から 生まれる超越的光と現象的光が融合しているように思える。遠近法も本来、この二重性から生まれた現象的光を意味しているように思える。PS理論から言え ば、⇒+1である。⇒が超越的光と現象的光の融合であり、+1が物質的現実である。

************************

[芸術の価値] 「ヴェネツィア派の誕生」と歴史的リアリズムの現代的意味(改訂版‐3/3)
【画像】アントネッロ・ダ・メッシー ナ 『受胎告知の聖母』


Antonello da  Messina(ca1430−1479)「Virgin Annunciate」 c. 1476 Oil on wood 45 x 34,5 cm Galletria Nazionale della Sicilia, Palermo

ここに描かれているクリヴェリの人間的な聖母マリアからエ キセントリック で “カルトに近い偏狭な宗教原理主義 的リアリズ ム 観”は感じられない。おそらく、そのことにはヨーロッパ中央部における文化・経済的な「重層的融合と調和」の前史の一環として、それより少し前 にイタリアの画家アントネッロ・ダ・メッシーナ(Antonello da Messina/ca1430−1479)がフ ランドル地方 を旅したことがあり、その時に彼がヤン・ファ ン・アイク (Jan van Eyck/ca1390-1441)の下で先端描画法を学びヴェネツィアに帰国していたという歴史的事実が影響を与 えたと考えられる。だから、明らかにクリヴェリの聖母は“アントネッロの聖母”(=上の【画像】Virgin Annunciate、 c. 1476)の影響下にあると見なすべきなのだ。

このように美術史上で決定的な意味を持つ文化交流のプロセス で見 逃せないのは、自然・風土・市民社会 とい う広義の地域(ローカル )環 境に根ざす個性的で異質な二つの「文化の光」、つまり「オランダ の 光」と「ヴェネツィアの光」が両者間の交流プロセスで極めて重要な役割を果たしていたと考えられることだ。言い換えれば、この二つの「文化の光」のコミュ ニケーションと融合は、「理性と感性」を伴いつつ「歴史・伝統」と「目前の現実」(世界における内外環境の差異の絶えざる認識)を同時に直視できるタフで 豊かな「現実認識能力(リアリズム感覚)」を創造したのだ。
http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20100323/p1


toxandoria
『toxandoria の日記、アートと社会』




エクソダス・トランス・モダン:脱近代日本へ:半封建/半近代国家日本の精算:東洋・日本精神の復興

テーマ:日本ルネサンス:西洋を包摂した新東洋 文明

明治時代の脱亜入欧、戦後の米国支配の近代合理主義からの絶対的脱却が必要である(因みに、プラグマティズムの米国は、キリスト教を信奉する宗教国家であ る)。
 そのためには、日本本来の思想である差異共振原理を復興させる必要がある。それには、先ず、国学的一神教国家主義(これが国家神道の根本的イデオロギー である)や封建的父権主義の批判が必須である。
 日本本来の差異共振原理とは多神教としての神道と不連続性の叡知の仏教との融合によって形成されたと思われる。この、いわゆる、神仏習合を哲学・科学的 に復興させる必要がある。PS理論はそのようなものである。

3587.江戸時代の実心実 学の復活が必要 2010.03.30F
日本の次のあるべき姿を追い求めると、江戸時代の実心実学の思想に行き着く。
国際戦略コラム


激化する金融世界大戦
2010年3月30日   田中 宇


この記事は「危うくなる米国債」 の 続きです。
 前回の記事の末尾に「金融財政を使った覇権をめぐる世界規模の戦い(暗闘)が激化し、金融世界大戦と呼ぶべき状況になりつつある」と書い た。この「金融世界大戦」は私の造語だが、比喩的に発したのではない。第一次世界大戦や第二次世界大戦と同じ構図を持った戦いが、軍事ではなく金融という 道具立てを使って、今まさに展開しているという意味である。
 1980年代以来、米英の覇権が「金融覇権体制」とも呼ぶべき新事態に転換した結果、世界覇権をめぐる「世界大戦」も、軍事分野を主軸と する戦いから、金融分野を主軸とする戦いへと、すでに転換したと私は分析している。イラクやアフガニスタンでは軍事の動きも続いているが、これはむしろ軍 産複合体を黙らせておくためとか、米英覇権を軍事面で自滅させるための、脇役的な存在になっている。今後起きるかもしれないイランと米イスラエルの戦争 も、米英覇権を自滅させる意味を持つ。
「戦争」は本質的に、覇権をめぐる争いだ(領土紛争の多くも、旧宗主国を含む関係国の過去の覇権的行為の遺物である)。覇権とは、他国に対 する影響力のことだ。昔は、覇権拡大といえば他国の領土を物理的に占領支配することだったが、産業革命と国民革命(フランス革命)の後「国家主権の侵害は 国際的に許されない」とする国際的な取り決めが欧州から世界に広がり、他国を戦争で破ってもその国土を併合することは国際的に許されず、代わりに傀儡政権 を置くやり方が主流になった。
 この転換は、人々が人権に目覚めたから起きたというのが教科書的な説明だが、実際には、産業革命によって覇権(英米)内部で資本家が強く なったために起きた。覇権国が世界を支配する植民地体制ではなく、国民のやる気(付加価値)を引き出せる国民国家が世界的に並立する方が経済成長が大きく なるので、二度の大戦を契機に、植民地支配は禁止され、覇権国である米英は世界を隠然と支配するやり方に切り替えた。世界がこの体制にあった時代が、近現 代(モダン)である。
http://tanakanews.com/100330worldwar.htm




モスクワにおける「テロリズム」そして、アフガンにおける「テロリズム」:何か符合している

テーマ:戦争屋覇権主義:新植民地主義・新帝国 主義

オバマ大統領がアフガンへ行き、アンチ・テロリズム路線を再確認し、今度はモスクワで自爆テロ事件が起きた。これは、一種の新帝国主義ではないの か。アンチ・テロリズムという名目で、地政学的に他国を侵略する戦略ではないのだろうか。敵側の攻撃を大義名分として、侵略できるのである。当然、敵側の 攻撃(テロ)とは、諜報活動の一端に拠るものではないかと勘ぐるのであるが。モスクワ911バージョンである。

3588.大国政治の復活と リベラル民主主義の将来 2010.03.31F
英語表題「The Return of History」であるロバート・ケーガンの講演会を聞いてきた。
国際戦略コラム

Moscow metro: 19 black widows could launch fresh attacks

Nineteen "black widow" female suicide bombers trained by an Islamist terrorist known as "the Russian Bin Laden" remain at large and may launch fresh attacks on Moscow, Russian investigators have warned.

自爆テロで 警察署長ら9人死亡=ロシア南部ダゲスタン
 【モスクワ時事】ロシア南部ダゲスタン共和国の町キズリャルで31日、自爆テロがあり、地元の警察署長を含む9人が死亡した。インタファクス通信が伝え た。(時事通信)
[記 事全 文]

・ キズリャルの位 置 - Google マップ

◇混乱が続くロシア南部・ダゲスタン
・ ロ シア南部・カフカス地方(チェチェン、イングーシ、ダゲスタン)で続く混乱 - 孤帆の遠影碧空に尽き(2009年8月26日)
・ ア ジアを読む 「北コーカサス連邦管区設置・クレムリンの狙い」 - NHK解説委員室ブログ(2月3日)

◇29日にはモスクワでテロ(Yahoo!トピックス バックナンバー)
・ 露 テロ 共犯容疑者の行方追う (3月30日)
・ 露 テロ、2件とも女の自爆犯か (3月29日)

カ フカースの国々


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B9

中央アジアの地図



http://www.mars.dti.ne.jp/~raindog/WorldMusic/casia/casia.html
共犯容疑者 の行方追う=モスクワ・テロ
 【モスクワ時事】モスクワでの地下鉄連続テロ事件で、インタファクス通信は29日、ロシア治安機関筋の話として、自爆した2人の女性の共犯とみられる男 の行方を当局が追っていると伝えた。写真を合成した男の似顔絵が配布されているという。 (時事通信)

◇女2人による自爆テロと見られる
・ モスクワ連 続テロ、死者38人に…女2人自爆 - 読売新聞(3月30日)
・ モスクワ地 下鉄で連続テロ=女が自爆、38人死亡−通勤時間帯狙う・ロシア - 時事通信(3月30日)

◇北カフカス地方のイスラム武装勢力による犯行か
・ 浸透する過 激イスラム思想 モスクワ「テロの時代」暗示 - 産経新聞(3月29日)
・ 「女の自爆 か」…テロ連鎖断ち切れぬロシア - 読売新聞(3月29日)

◇被害は
・ モスクワ連 続自爆攻撃、死傷者は少なくとも100人超に - ロイター(3月30日)
・ 泣く女性、 男性は顔から血=市民に衝撃−モスクワ地下鉄テロ - 時事通信(3月29日)

◇外務省が注意喚起
・ ロ シア:モスクワの地下鉄における連続爆発事件の発生に伴う注意喚起 - 海外安全ホームページ(3月29日)

◇北カフカスの勢力が関係すると見られる主なテロ事件
発生年月 事件名 リンク先サイト名
2002年10月 モ スクワ劇場占拠事件
通信用語の基礎知識
2004年2月 ロ シア地下鉄爆破テロ事件
防災システム研究所
2004年9月 ロ シア・北オセチアの学校占拠事件
AFPBB News
2007年8月 ロ シア列車爆発・脱線事故
AFPBB News


◇北カフカスやチェチェンについて
・ 北カフカスの民 族集団 - フレッシュアイペディア
・ チェ チェン人とは誰か - チェ チェン総合情報
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/russia/
犠牲者少なくとも39人に、モスクワ地下鉄駅の連続爆弾テ ロ
CNN Japan - ‎3 時間前‎
モスクワ(CNN) モスクワ中心部の地下鉄駅2カ所で29日朝起きた連続爆弾テロで、同国の緊急事態省などは30日、犠牲者は少なくとも39人と上方修正した。29日より1 人増えている。負傷者は60人以上。 自爆犯は女性2人とみられ、連邦保安局(FSB)は、 ...

モスクワ地下鉄連続爆破テロ:スラブ系に共犯者か 実行犯付き添い、ひげの男情報も
毎日新聞 - ‎5 時間前‎
【モスクワ大前仁】モスクワの地下鉄で29日に起きた連続爆破テロは、カフカス系の女2人が相次いで自爆を実行したとの見方が強まる一方、スラブ系の共犯 者がいた疑いがあるとする捜査情報が浮上している。ロシア政府は犯行の背後に控えるとみられるテロ集団を抹殺すると ...

ロシア大統領、制圧に全力誓う…地下鉄爆弾テロ
読売新聞 - ‎7 時間前‎
【モスクワ=山口香子】ロシアのメドベージェフ大統領は29日夜(日本時間30日未明)、計38人が犠牲となったモスクワの地下鉄連続爆弾テロで、テロ現 場となったクレムリンに近い地下鉄ルビャンカ駅を訪れ、連続テロに関与した犯人を「必ず捜し出し、 殲滅 ( せんめつ ...

モスクワ地下鉄テロ G8や安保理、相次ぎ非難声明
日本経済新聞 - ‎7 時間前‎
【ガティノー(カナダ東部)=弟子丸幸子】モスクワでの自爆テロを受け、国際社会は29日、テロ非難の声明を相次いで発表した。 主要8カ国(G8)外相はカナダで「卑劣なテロ攻撃を強く非難する」との声明を発表。犠牲者への哀悼の意を表するとともに「引き続き ...

地下鉄爆破『犯人根絶やしに』 対テロ作戦 ロ大統領が決意
東京新聞 - ‎5 時間前‎
【モスクワ=酒井和人】ロシアのメドベージェフ大統領は二十九日夜、連続爆破テロ事件の現場となったモスクワ中心部のルビャンカ駅を訪れ、「犯人たちを根 絶やしにする」と述べ、対テロ作戦の強化に向けて決意を表明した。 インタファクス通信などによると、 ...

メドベージェフ大統領、「テロリストをせん滅」
日本経済新聞 - ‎10 時間前‎
【モスクワ=金子夏樹】ロシアのメドベージェフ大統領は29日夜、自爆テロの発生したモスクワ中心部のルビャンカ駅を訪問した。同大統領はプラットフォー ムに献花し「テロリストは野獣だ。彼らを逮捕し、せん滅する」と強い口調で語り、求心力の維持に向け、テロ対策に強い ...

Moscow bombing: Russia braced for new wave of terror attacks

Moscow Attack a Test for Putin and His Record Against Terror
By CLIFFORD J. LEVY
The bombings confronted Prime Minister Vladimir V. Putin with a challenge to his record on terrorism, and raised the possibility that he would tighten his control over the government.
UPDATE1: 米ロ首脳、START1後継条約で最終合意

[ワシントン 26日 ロイター] オバマ米大統領とロシアのメドベージェフ大統領は26日の電話会談で、第1次戦略兵器削減条約(START1) の後継条約について最終合意に達した。条約の署名は4月8日にプラハで行う見通し。


 オバマ米大統領は記者会見で「1年間の交渉を経て、米国とロシアは過去約20年間で最も包括的な軍縮合意に達した」と語った。


 モスクワではメドベージェフ露大統領が、合意は「両国の利益の均衡」を反映しているとし、合意を歓迎する意を表明した。新条約は両国議会 での批准手続きを経て発効する。



 新条約は昨年12月に失効した1991年のSTART1の後継条約となり、有効期限は批准から10年間。ホワイトハウスによると、米ロの 戦略核弾頭の配備数を現行の2200から1550に、核運搬手段を半分に、それぞれ削減する。 


 クリントン米国務長官は合意について、イランと北朝鮮に対し、核拡散防止に向けたメッセージを送るものだと述べた。



 オバマ米大統領は「合意は核の二大国である米ロが(核軍縮を)リードしていくという明確なシグナル」と強調。


 新条約の署名を行う予定のプラハは、オバマ米大統領が昨年4月、「核兵器なき世界」を提唱する演説を行った場所。4月12─14日にワシ ントンで開催する核安全保障サミットに向けて弾みとなる。



 交渉の焦点となっていた米ミサイル防衛(MD)システムについては、米側が「(新条約は)MDを制限するものではない」(ゲーツ米国防長 官)とする一方、ロシア側は新条約では戦略攻撃兵器と防衛兵器の関連性が法的に規定されるとの見解を示した。
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK037482120100328

• 「イランへ強固な手段」声明、G8外相会合閉幕
読売新聞 - ‎10 分前‎
【ガティノー(カナダ)=本間圭一、石川有希子】カナダの首都オタワ郊外ガティノーで開催していた主要8か国(G8)外相会合は30日、核開発疑惑の深ま るイランへの国連安全保障理事会の追加制裁決議採択に向け、「適切で強固な手段を取る」などとした議長声明を採択 ...

G8外相会合議長声明の要旨
時事通信 - ‎9 分前‎
【ガティノー時事】主要8カ国(G8)外相会合の議長国(カナダ)が30日に発表した議長声明の要旨は以下の通り。 一、核拡散による世界の安全保障への脅威は深刻であり、2010年は将来の進路を決める極めて重要な年になる。 一、核兵器削減に向けた米ロの交渉妥結 ...

イラン核開発に「強い措置」 G8外相会合
日本経済新聞 - ‎26 分前‎
【ガティノー(カナダ東部)=山内菜穂子】主要8カ国(G8)外相会合は30日午後(日本時間31日未明)、オタワ近郊のガティノーで2日間の日程を終え て閉幕した。国連安全保障理事会決議に反して核開発を続けるイランに強い懸念を共有した上で「適切で強い措置をとる必要 ...

核に関するG8声明要旨
時事通信 - ‎19 分前‎
【ガティノー時事】主要8カ国(G8)外相会合が発表した核不拡散・軍縮・核の平和利用に関する共同声明の要旨は次の通り。 一、核不拡散体制の礎石で、核軍縮追求と核の平和利用促進に不可欠な基盤として、核拡散防止条約(NPT)に対する絶対的支持を確認する。 ...

「核なき世界つくる」=不拡散・軍縮で共同声明−G8外相会合
時事通信 - ‎1 時間前‎
【ガティノー(カナダ東部)時事】カナダの首都オタワ近郊ガティノーでの主要8カ国(G8)外相会合は30日午後(日本時間31日未明)、5月の核拡散防 止条約(NPT)再検討会議成功に向け「すべての人々にとり安全な世界を追求し、核なき世界に向けた条件づくりを ...

G8外相会合、核問題めぐりイランへの圧力を拡大
ロイター - ‎2 時間前‎
[ガティノー(加ケベック州) 30日 ロイター] 主要8カ国(G8)外相会合は30日、イランの核開発プログラムをめぐり、同国に対するより強硬な措置を呼び掛けた。また、米国は、制裁の必要性について 中国から同意を得ることに確信を示した。 G8外相は、国際社会に ...

G8外相、「核のない世界」実現へ努力
TBS News - ‎1 時間前‎
カナダで開かれていたG8外相会合が閉幕し、アメリカのオバマ大統領が提唱した「核のない世界」の実現へ向け、G8各国が努力していくことを確認しまし た。 G8外相は、議長声明に加え、核軍縮・不拡散に関する別の声明を発表し、「我々はより安全な世界を追求し、 ...

G8外相:イラン核開発計画に「重大な疑念」−解決へ強力な措置
ブルームバーグ - ‎3 時間前‎
3月30日(ブルームバーグ):主要8カ国(G8)外相は30日、カナダのケベック州ガティノーで開かれた外相会合で、イランの行動によって同国が平和利 用と主張する核開発計画に「重大な疑念」が強まっていると指摘し、問題解決に向けて「強力な措置」を講じる用意があると ...




東洋的ゲーテ:精神的自然科学論

テーマ:生命科学/遺伝子問題/進化論

これは、コンパクトな、しかし、凝縮された内容のゲーテの自然科学論文集である。全集版は高価であるが、これなら、買えるだろう。
 ゲーテの資質が東洋的であるのがよくわかる。ドゥルーズがゲーテはスピノザ主義者ではないと批判していたが、私はスピノザ以上にゲーテは東洋的であると 思う。
 10年以上前に読んだと思う。ほとんど内容を忘れていたが、対極論等はここでも確認したと思う。
 再読するとまた新しい知見を得るだろう。また、先に触れたように、ベクトル・モード論とゲーテ形態論の比較が最高度に意義深いと考えられる。

追記:ベクトル・モード論がゲーテ形態論を 検証するだろう。




[目次・構成・収録内容(抜粋)]
解題 高橋義人
凡例
第一部 自然観
  神と世界
 『形態学論考』誌序 有機的自然の形成と変形
 『色彩論』序
第二部 方法論
第三部 形態学
 自然の同 一性と原型
 メタモルフォーゼ
 自然の非同一性
 諸論各説
 二つの系のあいだで
 総合的生物学
第四部  色彩論
 観察と方法
 色彩の成立と各種の色彩
 色彩現象の法則
 絵画と色彩
 反ニュートン
 特殊研究: 内視的色彩

訳者後記
付載
用語解説兼牽引
人名解説兼牽引
ゲーテ年譜

http://www.milbooks.com/shop/detail.php?code=BK050721




ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自 然科学者としての業績 [編集 ]
ゲーテは学生時代から自然科学研究に興味を持ち続け、文学活動や公務の傍らで人体解剖学、植物学、地質学、光学などの著作・研究を残している。20 代のころから骨相学の研究者ヨハン・カスパール・ラヴァーターと親交のあったゲーテは骨学に造詣が深く、1784年 に はそれまでヒトにはないと考えられていた前顎骨 がヒトでも胎児の時にあることを発見し比較解剖学に貢献している。
自然科学についてゲーテの思想を特徴付けているのは原型(Urform)という概念である。ゲーテはまず骨学において、すべての骨格器官の基になっ ている「元器官」という概念を考え出し、脊椎がこれにあたると考えていた。1790年 に 著した「植物変態論」ではこの考えを植物に応用し、すべての植物は唯一つの「原植物」(独:de:Urpflanze )から発展したものと考え、また植物の花を構成する花弁や雄しべ等の各器官 は様々な形に変化した「葉」が集合してできた結果であるとした。[5] こ のような考えからゲーテはリンネ の分類学を批判し、「形態学 (Morphologie)」と名づけた新しい学問を提唱したが、これは進化論 の先駆けであるとも言われている[6] 。
またゲーテは20代半ばのころ、ワイマール公国の顧問官としてイルメナウ鉱山 を視察したことから鉱山学、地質学を学び、イタリ ア滞在中を含め生涯にわたって各地の石を蒐集しており、そのコレクションは1万9000点にも及んでいる。なお針鉄鉱 の英名「ゲータイト(goethite)」はゲーテに名にちなむものであり、ゲーテと親交のあった鉱物学者によっ て1806年に名づけられた。
晩年のゲーテは光学の研究に力を注いだ。1810年 に 発表された『色彩論 』は20年をかけた大著である。この書物でゲーテは青と黄をもっとも根源的な色とし、また色彩は光と闇との相互 作用によって生まれるものと考えてニュートン のスペクトル 分析を批判した。ゲーテの色彩論は発表当時から科学者の間でほとんど省みられることがなかったが、ヘーゲル やシェリング はゲーテの説に賛同している。
ゲーテの科学研究についての翻訳は以下のものが入手しやすい。
• 『自然と象徴 自然科学論集』 高橋義人 ・前田富士男編訳 (冨山房百科文庫 、1982年)
• 『色彩論 完訳版』 高橋義人・前田富士男ほか訳 (全2巻+別冊:工作舎、1999年) ISBN 9784875023203
• 『色彩論』 木村直司 訳 (ちくま学芸文庫 、2001年)
• 『ゲーテ形態学論集 植物篇・動物篇』 各.木村直司編訳 (ちくま学芸文庫、2009年)
• 『ゲーテ全集.14 自然科学論』 木村直司・高橋義人ほか訳 (潮出版社 、新版2003年)
文庫版が出ていた。


ゲーテ形態学論集・植物篇
ゲーテ 著 , 木村 直司 編訳
花、それは
葉のメタモルフォーゼ
花は葉のメタモルフォーゼ。根も茎もすべてが葉である。『色彩論』に続く、いま時代も待望する形態学全2巻。文庫版新訳オリジナ ル。図版多数。

• シリーズ:ちくま学芸文庫
• 定価:1,575円(税込)

イタリア旅行で南欧の植物の多様性に目を見はったゲーテは、仔細に観察し、それらを統べるものへと想像をめぐらせた。メンデルの法則が世に知ら れる100年以上も前に圧倒的洞察力で、植物のメタモルフォーゼを確信している。「すべては葉である」「花は葉の変形したもの」「地面の下で湿潤だけを吸 収する葉を根と呼ぶ」「すぐに拡張する葉は葉柄ないし茎である」。文豪にして偉大な自然科学者の樹立した形態学は、分析と還元を旨とする現代の先端研究者 たちに思いがけぬ指針を残していた。「形態学」の真髄とその周辺をていねいに掬い上げた文庫版新訳オリジナル。本書姉妹篇に『動物篇』がある。

形態学―有機体の形成と変形(形態学序論
形態学と諸科学の関係
形態学一般に関する考察
形態学への予備的研究
友 好的呼びかけ)
植物学(論文「植物のメタモルフォーゼ試論」の成立
植物のメタモルフォーゼ試論
植物のメタモルフォーゼ第二試論
そ の後の展開
植物メタモルフォーゼ論の展開
私の論文の影響とそこで言い表された理念の展開
植物生理学の予備的研究
植物学断 章
ビクノニア・ラディカンス
植物の螺旋的傾向について
著者は自己の植物研究の歴史を伝える)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480091857/

ゲーテ形態学論集 動物篇
ゲーテ 著 , 木村 直司 編訳
生きて発展する
刻印されたフォルム
多様性の原型。それは動物の骨格に潜在的に備わる「生きて発展する刻印されたフォルム」。ゲーテ思想が革新的に甦る。文庫版新訳オ リジナル。

• シリーズ:ちくま学芸文庫
• 定価:1,365円(税込)

生きて発展する刻印されたフォルム!それは動物の骨格に潜在的にそなわっている「比較の第三者」としての原型を意味するゲーテの革新的な生物学 思想の言葉である。植物において「すべては葉である」としたゲーテ形態学は、さらに対象を動物にも広げていく。動物形態の多様性は骨学的原型から発するも の、またそれぞれの動物の骨格部分は同一の基本器官のメタモルフォーゼ(変態)と洞察した。それら哺乳類についての論考のほかに、チョウのメタモルフォー ゼやヒトの観相学をも含むオリジナル編集になる新訳決定版論考集成。図版多数。哲学しはじめた20世紀後半の現代科学に贈られた、ゲーテの大いなる遺産。 『植物篇』の姉妹篇。

観相学(観相学一般について
観相学者の一見誤った推論
観相学的診断
アリストテレスによる動物の頭蓋に関する観相学的所 見)
動物学(昆虫、とくに蝶のメタモルフォーゼ
普遍的比較説の試論
動物の形態についての試論
骨学から出発する比較解剖学 総序論の第一草案
比較解剖学総序論第一草案最初の三章に関する論述 ほか)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480091871/

色彩論
ゲーテ 著 , 木村 直司 翻訳
数学的・機械論的近代自然科学と一線を画し、自然の中に「精神」を読みとろうとする特異で巨大な自然観を示した思想家・ゲーテの不 朽の業績。

• シリーズ:ちくま学芸文庫
• 定価:1,575円(税込)

文豪ゲーテは多くの貌をもつ。その文業とともに、終生情熱を傾けたのが、植物学・動物学・地質学・解剖学・気象学などに及ぶ広汎な自然研究で あった。とりわけ形態学と色彩論はその白眉と言うべく、シュタイナーらの再評価を経て、現代的関心もきわめて高い。分析と還元を旨とする近代科学の方法に 対して、綜合と全体化を目指すゲーテの理念の背景には、汎知学‐ヘルメス学の伝統が控えている。『色彩論』の精髄たる「教示編」に加え、「科学方法論」を 併載し、ゲーテ自然思想へのチチェローネとなす。

科学方法論(近代哲学の影響
直観的判断力
省察と忍従
形成衝動
種々の問題
適切な一語による著しい促進
客 観と主観の仲介者としての実験
経験と科学
分析と綜合
自然哲学
自然―断章
箴言的論文『自然』への注釈)
色 彩論―教示編(色彩論草案
序論
生理的色彩
物理的色彩
化学的色彩
内的関連の外観
隣接諸領域との関係
色 彩の感覚的精神作用)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480086198/


Johann Wolfgang von Goethe
Texte
• Werke von Johann Wolfgang von Goethe . In: Zeno.org .
• Werke von Johann Wolfgang von Goethe . In: Projekt Gutenberg-DE .
• Werke von Johann Wolfgang von Goethe als Hörbücher bei LibriVox
• Gedichte von Johann Wolfgang von Goethe (Ausgabe letzter Hand; West-östlicher Divan) bei di-lemmata.de (inkl. lemmatisierter Wortlisten)
• Werke von Goethe im Literaturnetz
• Informationen zu Goethe, Johann, Wolfgang, von im BAM-Portal
• Gedichte auf zgedichte.de

Naturwissenschaftliche Schriften
Zeno.org
javascript:void(0)



   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年3月
 
31      

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:588
昨日:981
累計:4,654,978