虚軸界が霊界ではないのか






[PR]



2010年07月14日(Wed)
虚軸界が霊界ではないのか
凸i*凹i⇒+1【i*-(-i)⇒+1】の自己認識方程式に拠ると、近代は、自我凸iは、+1と合一する錯誤に陥っている。
 いわゆる、感覚知覚(正確には、物質的感覚知覚)の世界は、凸i=+1の錯誤の世界である。そう、対象凹iも+1である。つまり、凸i=凹i=+1の錯誤の世界である。
 感覚は差異共振の「光」によって生起されよう。感覚はMP2(実軸のゼロ点)の面となるだろう。これは、表記しにくいが、MP2の、いわば、プラスの面である。あるいは、表面と言おうか。
 しかしながら、実体、本体は、差異の双対的様態である。つまり、虚軸、ないし、虚軸のゼロ点(MP1)における差異極性の様態である。虚軸においては、差異共振もあり、差異共立もある。とまれ、これを差異即非様態と呼ぶ。
 これが、霊的様態ではないだろうか。「わたし」は、思うに、原自己凸iと原他者凹iの極性に還元されるのではないのか。
 思うに、「わたし」とは、凸iと+1との結合ではないのか。それは、自我と言ってもいいのではないか。
 しかるに、自己とは、差異即非様態と自我との共立ないし共振ではないだろうか。
 とまれ、「わたし」は、差異即非様態に還元されよう。
 そして、それは、霊的様態であると考えられる。自我の土台の個と言えるのではないだろうか。そう、霊的個である。霊個である。
 そして、差異共立点MP1において、和、ゼロとなり、マイナス1が霊的直感されるのではないだろうか。
 そう、マイナス1の物自体は、超霊的な存在ではないだろうか。
 とまれ、虚軸界が霊界であるように思われるのである。後で更に検討したい。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年7月
       
14

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:575
昨日:2,085
累計:4,786,780