検討問題:複素数としての即非子の仮説






[PR]



2009年11月25日(Wed)
検討問題:複素数としての即非子の仮説
即非子を複素数と仮説する。それを、CNとする。

CN=±cosθ±isinθ/2

ただし、θはkπとし、kは整数が入る。
例えば、k=1のとき、

CN=±1 ±i

となる。
これが、即非子の数式ではないだろうか。
もっとも、一般に、虚数が隠れているのである。正確に言えば、実数によって、隠蔽されているのである。
 +1は光であり、-1は闇である。しかしながら、±iの「光」と「闇」がある。
 もっとも、Media Pointにおいて、±iは即非・共振様態であり、超越光(超光)・即非・光の様態と考えられる。
 思うに、光と言った場合、本来は超越光と一如(いちにょ)であるが、一般的には、+1の光、いわば、物質的な光しか見ていない。
 有り体に言えば、「気」としての光を「見て」いないのである。光は不可視の「気」をもっているのである。それは、アストラル体(虚数波動)とエーテル体(実数波動)である。
 光+1とは、超越光の同一性的側面、表層ではないのか。
 今はここで留める。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年11月
25
         

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:127
昨日:646
累計:4,952,805