宗教性とは何か:知を介した「心」のエネルギー:心身の源泉としてのイデア振動






[PR]



2008年01月13日(Sun)
宗教性とは何か:知を介した「心」のエネルギー:心身の源泉としてのイデア振動
今は簡単に述べるが、机に散らかっている、もう聴く気がしないCDを見て、いい音楽の宗教性ということを思った。
 ブックオフに売ってしまいたいCDと取っておきたいCDが分別され、後者には、宗教性があると思った。宗教性とは何だろうか。前者にも宗教音楽があるが、演奏には宗教性が感じられないのである。
 どうも、私の感識において、いい演奏と悪い演奏がはっきり区別されてきたようである。かつてはいいと思った演奏も今聴くとつまらないのである。宗教性の有無が弁別の徴である。
 宗教性と言っても、信仰有無ではないのである。私には特定の信仰はない。ただ、超越的エネルギーは信じているのである。だから、それが宗教性と言えるが、説明が必要である。
 直感で言うと、宗教性とは、リリシズムである。しかし、いったん知を介したそれである。これは、トランス・モダン・リリシズムと言えるだろう。
 このリリシズムのエネルギーが宗教性である。思うに、これは、単に音楽だけでなく、芸術の判断基準である。美術も文学も映画等も、これがあるかどうかで優劣が決まると思う。
 今日、芸術が死んでいるのは、モダニズムによるリリシズムの破壊によると考える。クラシック音楽(classical music)で言えば、現代音楽は、一般には、死んだものだろう。20初期において、死んでしまったのだ。根源的なエネルギーがあるが、今や、知を介して、「心」に響くものでなくては芸術とはならない。
 では、宗教性、トランス・モダン・リリシズムは、プラトニック・シナジー理論ではどう解明できるだろうか。そう、それは、端的に、差異共振性である。差異共振様態である。
 今はここで留めておく。思うに今日、時による淘汰が起こっていると思う。カラヤンは元より、バースタインも淘汰されるだろう。もっとも、少数のいいものは残るだろうが。
 そう、現在は、黙示録のエポックなのである。モダンとポスト・モダンの死滅、そして、トランス・モダンの生成である。

p.s. また、心というものも検討し直す必要がある。私が考えている心とは、心なのか。そうではなくて、イデア・エネルギーではないのか。つまり、 Media Pointのエネルギーではないのか。そこから、心と身体が発生するのである。つまり、心と身体を創造する根源を考えなくてはならない。
 以前、魂質という言葉を考えた。つまり、魂と質料が一如のものである。それは折衷的である。魂という言葉を使うことができるかもしれない。魂が心と身体に分化するということになる。Media Pointである。Media Point Energyである。これが、宗教性であり、心と身体を生み出すものである。
 魂という言葉は精神的傾斜がある。だから、イデアの方がいい。イデアが心をつくり、身体もつくるのである。イデアが知を形成し、また、感覚をつくるのである。認識が同時に存在なのである。
 思うに、イデアの振動の違いによって、心となり、身体となるのではないだろうか。そう、イデア振動である。これが源泉・根源・源流である。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年1月
   
13
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:59
昨日:1,028
累計:4,906,517