ルシファー問題:アンラ・マンユ=+1、ルシファー=-1ではないか:同一性に対する超越性の参入






[PR]



2009年11月21日(Sat)
ルシファー問題:アンラ・マンユ=+1、ルシファー=-1ではないか:同一性に対する超越性の参入
テーマ:Media Point/精神的フィルター

先に、差異共振における+iの傾斜がルシファーと述べたが、それでは、不十分である。
 +iと-iの差異共振が、根源的に発動する。これが、原知覚である。差異共振現象とは、光現象であるが、それを、+iが認識しようとする。即ち、言語的認識を行うのである。例えば、「アレは、何。」「アレは船。」 「船」という言葉は+1である。「船」自体は-iである。つまり、「アレ」は他者-iであるが、「船」という言語は同一性+1である。
 問題は発話行為のとき、+iが優位であり、-iが劣位であることである。この二項対立が、男性においては、根源的にあるのである。
 差異共振現象=光現象における優位性である+iがルシファーであると考えられる。
 差異共振現象が基礎にあるので、根源は「神秘」であるが、+iが主導的になるので、他者-iに対して、「傲慢」なのである。堕天使というのは、的確である。
 そして、これが、+1のアンラ・マンユ(アーリマン)と結びついて、近代的自我/近代合理主義が生まれるのである。
 ルドルフ・シュタイナーは、両者の間に「イエス・キリスト」を置いている。しかし、シュタイナーのイエス・キリストはアフラ・マズダーの「化身」である。
 結局、他者-iの積極的肯定によって、差異共振均衡が生まれるのであり、それが、「善霊」であろう。
 問題は、-iの力学である。+iの傾斜(男性の場合)があるとは言え、元々、差異共振力学がある。それを+iの傾斜は歪めているのである。
 だから、差異共振力学は、反発すると考えられる。思うに、地震の力学と似ているのだろう。つまり、活断層である。精神的フィルターが活断層になっているのだろう。
 +i=+1(誤謬)となり、差異共振力を抑圧する。つまり、-iや差異共振を排除するのである。これは、-(-i)であろう。
 すると、やはり、-1が生まれると考えられる。だから、-1がルシファーではないだろうか。(+1がアンラ・マンユ〔アーリマン〕となる。)
 だから、±1で虚数の差異共振を抑圧していることになる。しかしながら、根源的エネルギーは差異共振エネルギーであり、これを抑圧することは、主体自体のエネルギーの枯渇を意味する。これが、鬱病等の精神的病気をもたらすと考えられる。
 しかし、エネルギーを補給しようとしても、+iが、±1の壁によりエネルギー回路を閉鎖しているので、取り入れられないのである。だから、エネルギーの枯渇が拡大するのであり、病気が進むのである。
 思うに、差異共振エネルギーは、初期的には、同一性を形成する(1/4回転)。しかし、その後、さらに、1/4回転を生じて、本来の差異共振性へと回帰するということではないだろうか。
 つまり、イデア・エネルギーとは、1/4回転を進展させるのであり、同一性と差異のサイクルが生じるのではないだろうか。奇数回の1/4回転は同一性、偶数回の1/4回転は差異を形成するということになる。
 最初の1/4回転はせいぜい20歳くらいまでであろう。そして、20歳を越えると、二回目の1/4回転が生じるように思う。
 しかしながら、最初の1/4回転(同一性)の影響が強いので、生じた差異がそれと葛藤状態になると思われる。いわば、分裂状態になるのである。
 その後、試行錯誤して、コントロールしようとする。しかし、これは、至難の業であり、多くは、妥協し、誤魔化すだろう。そして、いい加減な人間、愚人が生まれるのである。
 とまれ、中年で危機が来るだろう(参照:ユングの説く「中年の危機」)。そのとき、真摯に対処しないと狂気へと展開するだろう。
 そう、超越性が「侵入」するのである。ここで、ある人は、信仰者となるだろうし、ある人は、なにかに打ち込むようになるだろう。
 とまれ、超越性を包摂する身体的精神を形成する必要があるのである。
 とは言え、超越性は同一性の精神にとっては、本来、肯定できないものである。ここで躓くのである。
 超越性を受容することは実に困難である。つまり、同一性(物質)的現実とのバランスを形成することが難しいのである。
 また、超越性を否定する唯物論(近代合理主義)がハイパーに進展すると、超越性は衝動となり、同一性を駆り立てて、悪魔・悪霊的行為を為すようになるだろう。
 今日の猟奇的事件はこのような背景があるのではないだろうか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年11月
21
         

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:127
昨日:646
累計:4,952,805