バッハのカンタータを聴いている:フランドルとメディア生活空間






[PR]



2006年11月12日(Sun)
バッハのカンタータを聴いている:フランドルとメディア生活空間
収納されていたCDをたまたま取り出して、バッハのカンタータを聴いている。
"Aus der Tiefen rufe ich, Herr, zu dir" BWV131 フィリップ・ヘレヴェッへ指揮、コレギウム・ヴォカーレの演奏である。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00002ZZ57
/sr=1-2/qid=1163315644/ref=sr_1_2/249-9325302
-2790723?ie=UTF8&s=music
Collegium Vocale Ghent (Orchestre) であるから、ベルギーの楽団である。
 とまれ、古楽器の、上質の、上品な、やわらかな、暖かな、トーンで、好演である。平和な、楽園の世界である。いわゆる、現実の荒廃し切った世界とは、正反対である。まぁ、自殺者が出るのも、ある意味では、当然である。また、ヒーリング等が流行るのもわかる。
 どうして、こんな殺伐荒廃した世界になってしまったのだろうか。小泉政権となって、日本は、活気がなくなり、荒廃したように思えるのである。金の亡者が、作り出した世界である。金、金、金、金、金、金、・・・。
 ところで、今、私にとって、いちばん、本質と思えるのは、不思議なことに、実家の田舎の地域の海に注ぐ川土手の道の光景である。別に何もないのだが、その光、川面、緑の木立、潮の空気、等々、これらである。それらが、エッセンシャルである。そう、正に、地霊コスモスである。日本の自然メディア空間である。これが、私にとって本質であり、実体である。後は、空無、夢幻のようなものである。ちょうど、シェイクスピアの晩年の『嵐(テンペスト)』の終りの言葉に似ている。ヒンドゥー教・仏教的である。空であるが、空の背後にある本質界があるのである。私の場合は、自然である。自然的超越性、自然的メディア空間である。
 近代日本、現代東京には、これらが、まったく欠落しているのである。だから、殺伐荒廃しているのである。日本の地霊・神である自然メディア空間を喪失しているのである。これを、復活させないと日本は、精神砂漠、精神飢渇飢餓で、衰亡するだろう。
 とまれ、一言で言えば、近代主義によって、日本は、精神的窒息状態なのである。精神的死に体、生ける屍である。
 
 バッハにもどると、ベルギーの楽団で、やはり、独特の親密な雰囲気をもっている。精神の雰囲気である。静謐さ、なにかフェルメールのような落ち着いたトーンである。地についた生活。直観で言えば、フランドルには、生活に、メディア空間があるのである。フッサールの言う生活世界があるのである。近代を超えた普遍的なメディア空間が生活・現象界に息づいているのである。メディア生活空間と言ってもいいだろう。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2006年11月
     
12
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:18
昨日:417
累計:4,577,257