古事記とPS理論:Media Point を叙述する神話としての古事記






[PR]



2009年03月30日(Mon)
古事記とPS理論:Media Point を叙述する神話としての古事記
テーマ:神話学・不思議学・フォークロア:ケルト他

以下は先の「天」に関する考察
http://ameblo.jp/renshi
/entry-10232805977.html
の追記に当たります。

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)が、私が言う「天」と似ている。つまり、三柱の神(神々)とMedia Point は同型と考えられるのであり、高皇産霊神(たかみむすひのかみ)が+i、神産霊神(かみむすひのかみ)が-iに、そして、(+i)*(-i)が天之御中主神になると考えられる(「むすひ」産霊とは、実に意味深長な言葉だと感じられる。これは、正に、Media Point の生成行為を述べているのではないか。即ち、Media Point で、対差異が共振・共鳴して、現象が生成されるからである。ただし、Media Point は単に生成原理ではなく、生成消滅再生の原理でもある。このたいへん意義深い点は後で検討したい。)。私の発想を展開すると、当然、天之御中主神と天照大神が重なるのである。
 ここで私の読みを言うと、天照大神は素戔嗚尊(すさのおのみこと:「みこと」も興味深い言葉である。おそらく、「むすひ」と関係している。)と月読尊(つくよみのみこと)と共に、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)から産まれたのであるが、この三元・三重性が重要である。
 また、伊弉諾尊と伊弉冉尊(いざなみのみこと)であるが、これは、正に、+iと-iであると考えられる。だから、この二柱の神が正に「山川草木」を生成した(「むすひ」した)という叙述は哲学的である。(もっとも、古事記には、母権神話を父権的視点から読み直していると思う。天の柱の神話は、露骨に男尊女卑である。この点も後で述べたい。)
 つまり、私の「牽強付会」な読み、即ち、母権神話的読みは、伊弉冉尊と伊弉諾尊の原理(陰陽原理)は三柱の神の原理(Media Point 原理)と一致するということであり、だから、古事記では後で生まれた天照大神も原初の神なのである。つまり、伊弉冉尊と伊弉諾尊の陰陽原理には、ただ、共振原理が明確には指示されていないということなのである。これは、エジプト神話では、イシスとオシリスと同質であると考えられる。だから、大女神としての伊弉冉尊が存しているのであり、それが、同時に、天照大神と考えられるのである。日本のガイアである。そして、「日御子(ひのみこ)」は「天子」であるが、それは、おそらく、本来、伊弉諾尊である。
 とまれ、伊弉冉尊と伊弉諾尊の陰陽原理の共振核が天之御中主神であり、それが、超越光である天照大神を生成することになると考えられるのである。天之御中主神が玄幽エネルギーならば、天照大神はその顕現である。ほとんど一である。というか、根本的に、両者は同一であった、伊弉冉尊とも一体であったと思われる。即ち、伊弉冉尊=天之御中主神=天照大神である。後で整理したい。

@@@@@@@@@@@@@@

検討問題:勇魚(いさな:鯨の古名)とイザナギとイザナミの「いざな」

テーマ:検討問題

まったくの思いつきでは、両者一致する。また、イザナギの「ギ」とイザナミの「ミ」は音声的には似ている。「ギ」と「ミ」は実際耳では区別しにくい。そして、本来、「ミ」とすると、巳、蛇である。思うに、「ミ」とは実質・本体を意味する。とまれ、鯨はいわば、海の大王である。そうすると、イザナミは、海の大王である。海の大女神である。ついでながら、私の「怪しい」語源論からすると、海(うみ)は、「産む・生む」が語源である。また、これは、先に述べたように、「むすひ産霊・産日」や「みこと」と関係する。そう、「むす」と「こと」、「ひ」と「み」が相応するのではないか。
 PS理論から言うと、「むす」は、正に、差異共振(共鳴)である。それが、「こと」なのである。また、「ひ」と「み」は実質・本体であるから、イデアであろう。
 以上、「妄想」なので、本気にされないことを願う。

追記:「こと」は言であろう。ここから、言霊やロゴスと関係させることができよう。

@@@@@@@@@@@@@

参考:
古事記
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

古事記(こじき、ふることふみ)は、その序によれば、和銅 5年(712年 )太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ、太安万侶 (おおのやすまろ))によって献上された日本 最古の歴史書 。上・中・下の全3巻に分かれる。
概要 [編集 ]

成立の経緯を記している序によれば、稗田阿礼 が暗誦していた『帝紀 』(天皇の系譜)・『旧辞 』(古い伝承)を太安万侶 が書き記し、編纂したものとされている。

『古事記』の書名は、もともと固有名詞ではなく古い書物を示す一般名であり正式名ではないと言われている。書名は安万侶が付けたのか、後人が付けたのかは明らかでない。読みは「フルコトブミ」との説もあったが、今日では一般に音読みで「コジキ」と呼ばれている。

『日本書紀 』のような勅撰の正史 ではないが、序文に天武天皇が

撰録帝紀 討覈舊辭 削僞定實 欲流後葉
帝紀を撰録し、旧辞を討覈して、偽りを削り実を定めて、後葉に流(つた)へむと欲(おも)ふ

と詔していることから、勅撰と考えることも出来る。

『古事記』に登場する神々が、多くの神社で祭神として祀られ、今日に至るまで日本の宗教文化に多大な影響を与えている。

構成 [編集 ]

『古事記』は、帝紀的部分と旧辞的部分とから成り、天皇系譜が『帝紀』的部分の中心をなし、初代天皇から第33代天皇までの名、天皇の后妃・皇子・皇女の名、およびその子孫の氏族など、このほか皇居の名・治世年数・崩年干支・寿命・陵墓所在地、およびその治世の大事な出来事などについて記している。これらは朝廷の語部(かたりべ)などが暗誦して、天皇の大葬の殯 (もがり)の祭儀などで誦み上げるならいであった。それが6世紀半ばになると文字によって書き表わされた。『旧辞』は宮廷内の物語、天皇家や国家の起源に関する話をまとめたもので、同じ頃書かれたものである。

『帝紀』や『旧辞』は、6世紀 前半ないし中葉頃までに、天皇が日本を支配するに至った経緯を説明するために、朝廷の貴族によって述作されたものであり、それらをもとにして作成されたものである以上、民族に伝わった歴史の伝承ではないとの主張もある。一方、広く民衆に受け入れられる必要もあったはずで、特に上巻部分は、それらを反映したものが『古事記』ではなかったかとの主張もある。

構成は、

1. 上つ巻(序・神話)
2. 中つ巻(初代から十五代天皇まで)
3. 下つ巻(第十六代から三十三代天皇まで)

の3巻より成っている。内容は、神代 における天地(アメツチと読まれる)の始まりから推古天皇 の時代に至るまでのさまざまな出来事(神話 や伝説 等を含む)を収録している。また数多くの歌謡 を含んでいる。

なお、日本神話 での「高天原 」という用語が多用される文書は、「祝詞」以外では『古事記』のみである。

表記 [編集 ]

本文はいわゆる変体漢文を主体としつつも、古語や固有名詞のように漢文では代用しづらい微妙な部分は一字一音表記で記すという表記スタイルを取っている。一字一音表記の箇所には、まれに右傍に「上」「去」のように漢語の声調 を表わす文字を配して、当該語のアクセント を示すこともある。いずれも、いかに正確にかつ効率よく記述するかで悩んでいた(序文参照)編者・太安万侶の涙ぐましいまでの苦心の跡である。歌謡部分はすべて一字一音表記で記されており、本文の一字一音表記部分を含めて、上代特殊仮名遣 の研究に欠かせないものとなっている。

上代特殊仮名遣の「モ」の書き分けは『古事記』のみに見られるものである[1] 。

改竄説 [編集 ]

『古事記』本文の記述以外には編纂の記録が直接は見当たらず、最古の写本 も南北朝時代のもの(#写本 を参照)であるため、それより以前の姿をそのままにとどめているかどうかに疑義を抱く改竄説も出されているが、考古学的反証も主張されている(#『古事記』偽書説 も参照)。

『古事記』の研究 [編集 ]

『古事記』の研究は、近世以降とくに盛んにおこなわれてきた。江戸時代の本居宣長 による全44巻の浩瀚な註釈書『古事記伝 』は『古事記』研究の古典であり、厳密かつ実証的な校訂は後世に大きな影響を与えている。宣長の打ち出した国学 による「もののあはれを知る」合理研究は、漢式の構造的な論理では救済不能な日本固有の共感による心情の浄化プロセスの追及であった。しかし「からごころ」排撃は、のちに国粋主義的皇国史観 、神話の絶対化に変容されたとの見方もある。

第二次世界大戦 後は、倉野憲司 や西郷信綱 、西宮一民 、神野志隆光 らによる研究や注釈書が発表された。とくに倉野憲司による岩波文庫 版は、1963年の初版刊行以来、通算で約100万部に達するロングセラーとなっているが、それ以前に出された「古事記伝」の記述からすると恣意的な注釈があるとの主張もある。

20世紀後半より、『古事記』の研究はそれまでの成立論から作品論へとシフトしている。成立論の代表としては、津田左右吉 や石母田正 があり、作品論の代表としては吉井巌 ・西郷信綱・神野志隆光がいる。殊に神野志の『古事記の達成』は、それまでの研究史を革新したといってよい。

『古事記』偽書説 [編集 ]

『古事記』には、近世以降、偽書 の疑いを持つ者があった。賀茂真淵 (宣長宛書翰)や沼田順義・中沢見明・筏勲・松本雅明・大和岩雄 ・大島隼人らは、『古事記』の成立が公の史書に記されていないことなどの疑問点を提示し、偽書説を唱えている。

偽書説には大体二通りあり、序文のみが偽書であるとする説と、本文も偽書であるとする説に分かれる。概要を以下に記す。

1. 序文偽書説では、『古事記』の序文(上表文)において『古事記』の成立事情が語られているが、それを証する外部の有力な証拠がないことなどをもって序文の正当性に疑義を指摘し、偽書の可能性を指摘している。
2. 本文偽書説では、『古事記』の神話には『日本書紀』より新しい神話の内容を含んでいるとして、より時代の下る平安時代 初期ころの創作、あるいは岡田英弘 のように伊勢国 の国学者 本居宣長 によって改作されたものであるとする。

しかし偽書説は、上代文学界・歴史学界には受け入れられていない。上代特殊仮名遣 のなかでも、『万葉集 』・『日本書紀 』の中ではすでに消失している2種類の「モ」の表記上の区別[2] が、『古事記』には残存しているからである。これは偽書説を否定する重要な論拠である[3] [4] 。

なお、序文偽書説の論拠の一つに、『古事記』以外の史書(『続日本紀 』『弘仁私記』『日本紀竟宴和歌 』など)では「太安麻呂」と書かれているのに、『古事記』序文のみ「太安萬侶」という異なる漢字表記になっているというものがあった。ところが、1979年 1月に奈良市 此瀬(このせ)町より太安万侶の墓誌銘が出土し、そこに

左京四條四坊従四位下勲五等太朝臣安萬侶以癸亥
年七月六日卒之 養老 七年十二月十五日乙巳 [5]

とあったことが判明し、漢字表記の異同という論拠に関しては否定されることとなった。
内容 [編集 ]

序を併せたり [編集 ]

撰者である太朝臣安万侶(おおのあそみやすまろ)が、天子に奏上する形式に倣って記した序文である。

序第1段 稽古照今(古を稽へて、今に照らす)
ここでは天地開闢からはじまる『古事記』の内容の要点を挙げ、さらにそれぞれの御代の事跡は異なるがほぼ政治に誤りはなかった、と述べている。

臣安萬侶言す。それ、混元既に凝りて、気象未だ效(あらは)れず。名もなく為も無し。誰れかその形を知らむ。…(臣安萬侶言 夫混元既凝 氣象未效 無名無爲 誰知其形)
…歩驟(ほしう)各異(おのおのこと)に、文質同じくあらずと雖も、古を稽(かむが)へて風猷を既に頽れたるに縄(ただ)し、今に照らして典教を絶えむとするに補はずといふことなし。(雖歩驟各異 文質不同 莫不稽古以繩風猷於既頽 照今以補典ヘ於欲絶)

序第2段 『古事記』撰録の発端
ここではまず、天武天皇 の事跡を厳かに述べた後、天武天皇が稗田阿禮に勅語して『帝記』・『旧辞』を暗誦させたが、時世の移り変わりにより文章に残せなかった経緯を記している。

…ここに天皇(天武)詔(の)りたまひしく「朕(われ)聞きたまへらく、『諸家のもたる帝紀および本辞、既に正実に違ひ、多く虚偽を加ふ。』といへり。今の時に当たりて、其の失(あやまり)を改めずは、未だ幾年をも経ずしてその旨滅びなんとす。これすなはち、邦家の経緯、王化の鴻基なり。故これ、帝紀を撰録し、旧辞を討覈して、偽りを削り実(まこと)を定めて、後葉(のちのち)に流(つた)へむと欲(おも)ふ。」とのりたまひき。時に舎人(とねり)ありき。姓(うぢ)は稗田(ひえだ)、名は阿禮(あれ)、年はこれ二八。人と為り聡明にして、耳に度(わた)れば口に誦(よ)み、耳に拂(ふ)るれば心に勒(しる)しき。すなはち、阿禮に勅語して帝皇日継(すめらみことのひつぎ)及び先代旧辞(さきつよのふること)を誦み習はしめたまひき。…(於是天皇詔之 朕聞諸家之所 帝紀及本辭 既違正實 多加虚僞 當今之時 不改其失 未經幾年 其旨欲滅 斯乃邦家經緯 王化之鴻基焉 故惟撰録帝紀討覈舊辭 削僞定實 欲流後葉 時有舍人 姓稗田名阿禮 年是廿八 爲人聰明 度目誦口 拂耳勒心 即勅語阿禮 令誦習帝皇日繼 及先代舊辭)

序第3段 『古事記』の成立
ここでは、元明天皇 の世となって安万侶に詔が下り、稗田阿禮の暗誦を撰録した経緯を述べ、最後に内容の区分について記している。経緯では、言葉を文字に置き換えるのに非常に苦労した旨が具体的に記されている。

…ここに、旧辞の誤りたがへるを惜しみ、先紀の謬り錯(まじ)れるを正さむとして、和銅四年九月十八日をもちて、臣安麻呂に詔りして、阿禮阿禮の誦む所の勅語の旧辞を撰録して献上せしむるといへれば、謹みて詔旨(おほみこと)の随(まにま)に、子細に採りひろひぬ。然れども、上古の時、言意(ことばこころ)並びに朴(すなほ)にして、文を敷き句を構ふること、字におきてすなはち難し。…(於焉惜舊辭之誤忤 正先紀之謬錯 以和銅四年九月十八日詔臣安萬侶 撰録稗田阿禮所誦之勅語舊辭 以獻上者 謹隨詔旨 子細採摭然、上古之時 言意並朴 敷文構句 於字即難)
…大抵記す所は、天地開闢より始めて、小治田(をはりだ)の御世に訖(をは)る。故、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)以下、日子波限建鵜草葺不合命(ひこなぎさたけうがやふきあへずのみこと)以前を上巻となし、神倭伊波禮毘古天皇(かむやまといはれびこのすめらみこと)以下、品蛇御世(ほむだのみよ)以前を中巻となし、大雀皇帝(おほさぎのみかど)以下、小治田大宮(をはりだのおほみや)以前を下巻となし、併せて三巻を録して、謹みて献上る。臣安萬侶、誠惶誠恐、頓首頓首。(大抵所記者 自天地開闢始 以訖于小治田御世 故天御中主神以下 日子波限建鵜草葺不合尊以前 爲上卷神倭伊波禮毘古天皇以下 品陀御世以前 爲中卷 大雀皇帝以下 小治田大宮以前 爲下卷 并録三卷 謹以獻上 臣安萬侶 誠惶誠恐頓首頓首)

和銅五年正月二十八日 正五位上勲五等太朝臣安萬侶

上巻(かみつまき) [編集 ]

天地開闢 から日本列島の形成と国土の整備が語られ、天孫が降臨し山幸彦 までの神代の話を記す。いわゆる「日本神話 」である。

天地開闢とともに様々な神 が生まれたとあり、その最後にイザナギ 、イザナミ が生まれた。二神は高天原 (天)から葦原中津国 (地上世界)に降り、結婚して結ばれ、その子として、大八島国 を産み、ついで山の神、海の神などアニミズム 的な様々な神を産んだ。こうした国産み の途中、イザナミは火の神を産んだため、火傷を負い死んでしまった。そのなきがらは出雲と伯耆の堺の比婆山(現;島根県安来市)に葬られた。イザナギはイザナミを恋しがり、黄泉 の国(死者の世界)を訪れ連れ戻そうとするが、連れ戻せず、国産みは未完成のまま終わってしまう。

イザナギは、黄泉の国の穢れ を落とすため、禊 を行い、左目を洗った時に天照大御神 (アマテラスオオミカミ)、右目を洗った時に月読命 (ツクヨミノミコト)、鼻を洗った時に須佐之男命 (スサノオノミコト)を産む。その後、最初に生んだ淡路島の幽宮で過ごした。これら三神は、三貴子 と呼ばれ、神々の中で重要な位置をしめるのだが、月読命に関しては、その誕生後の記述が一切ない。スサノオノミコトは乱暴者なため、姉の天照大御神に反逆を疑われる。そこで、天照大御神とスサノオノミコトは心の潔白を調べる誓約を行う。その結果、スサノオノミコトは潔白を証明するが、調子に乗って狼藉を働いてしまう。我慢の限度を越えた天照大御神は、天岩屋戸 に閉じこもるが、集まった諸神の知恵で引き出すことに成功する。

一方スサノオノミコトは神々の審判を受けて高天原を追放され、葦原中津国の出雲国に下る。ここまでは乱暴なだけだったスサノオノミコトの様相は変化し、英雄的なものとなって有名なヤマタノオロチ 退治を行なう。次に、スサノオノミコトの子孫である大国主神 が登場する。大国主の稲羽の素兎(因幡の白兎 )や求婚と受難の話が続き(大国主の神話 )、スクナヒコナ と供に国作り を進めたことが記される。国土が整うと国譲り の神話に移る。天照大御神は、葦原中津国の統治権を天孫に委譲することを要求し、大国主と子供の事代主神 はそれを受諾する。しかし、子の建御名方神 は、始めは承諾せず抵抗するが、後に受諾する。葦原中津国の統治権を得ると高天原の神々は天孫ニニギ を日向の高千穂に降臨 させる。次にニニギの子供の山幸彦と海幸彦の説話となり、浦島太郎 の説話のルーツとも言われる、海神の宮殿の訪問や異族の服属の由来などが語られる。山幸彦は海神の娘と結婚し、彼の孫の神武天皇が誕生することをもって、上巻は終わる。

上巻に出てくる主な神々 [編集 ]

* 別天(ことあま)つ神五柱(いつはしら)独神(ひとりがみ)
o 天之御中主神 (あめのみなかぬし)独神、天原の中心の神
o 高御産巣日神 (たかむすび)独神、生成力の神格化
o 神産巣日神 (かみむすび)独神、生成力の神格化
o 宇摩志阿斯詞備比古遲神 (うましあしかびひこぢ)独神
o 天之常立神 (あめのとこたち)独神
* 神世七代(かみよななよ)
o 国之常立神 (くにのとこたち)独神、国土の根源神
o 豐雲野神 (とよくもの)独神、
o 宇比地邇神 (うひぢに)と妹須比智邇神 (すひぢに)
o 角杙神 (つのぐひ)と妹活杙神 (いくぐひ)
o 意富斗能地神 (おほとのぢ)と妹大斗乃辨神 (おほとのべ)
o 於母蛇流神 (おもだる)と妹阿夜詞志古泥神 (あやかしこね)
o 伊邪那岐神 と伊邪那美神 男女の神、夫婦
* 三貴子(みはしらのうずのみこ)
o 天照大御神 イザナギが左の目を洗ったとき生まれた。
o 月読命 (つくよみのみこと)イザナギが右の目を洗ったとき生まれた。
o 須佐之男命 イザナギが鼻を洗ったとき生まれた。
* 天之忍穂耳命
* 大国主神
* 邇邇芸命
* 火遠理命
* 鵜葺草葺不合命

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年3月
30        

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:476
昨日:1,018
累計:4,607,198