超越エネルギーと一神教:差異共振性の光と一神教の闇:トランス・キリスト教と新東西文明






[PR]



2008年04月24日(Thu)
超越エネルギーと一神教:差異共振性の光と一神教の闇:トランス・キリスト教と新東西文明
先に、超越的叡知存在の感受に関して考察したが、多神教的感性と一神教的感性では違いがある。この点を精察したい。
 今思ったが、前者はハイデガー的存在的感性であり、後者は自我的感性ではないかということである。ただし、ハイデガーは後者に傾斜してはいると思う。
 言い換えると、存在論的感性と一神教/自我的感性である。しかしながら、ヤハウェは「我在りて、・・・」であるから、自我存在の神である。デカルトのコギトの前身のようなものである。だから、ハイデガーの存在論を前者に適用するのは問題がある。やはり、ハイデガーの存在論は後者の方に近いだろう。
 端的に言えば、後者はMedia Pointからの同一性主義志向性のエネルギーを指すと言えるだろう。これは、自己同一性=自我志向性であり、これは、Media Pointの差異共振エネルギーを反転させた同一性主義エネルギーと考えられる。つまり、差異共振性を否定抑圧した自己同一性(自我)エネルギーであり、この否定抑圧の力動は差異共振エネルギーに対する反動エネルギーであり、絶対的衝動であると考えられる。だからこそ、これが、一神教エネルギーと考えられる。差異共振性、多神教性を否定する一神教エネルギーである。
 これは端的に、狂暴なエネルギーである。野蛮なエネルギーである。これこそ、闇のエネルギーではないのか。聖書では「光あれ」というが、これは、闇ではないのか。問題は自己同一性主義志向性は光の放出なのか、それとも、闇の放出なのか、である。
 これは実に根本的問題である。自己認識方程式は、光の放出でもあるが、そこでは、自我が自己であることを確認することを意味しているのである。
 しかしながら、同一性主義志向性はそうではなくて、左辺を否定抑圧しているのである。だから、同一性主義志向性=自己同一性主義志向性=一神教的自我志向性とは、⇒+1ではなくて、⇒-1ではないだろうか。-1としてのヤハウェ(超越神・唯一神)ではないのか。
 思うに、-1を闇ないしは月と象徴していいのではないだろうか。そして、+1を光ないしは太陽としていいのではないだろうか。【イスラム教が月をシンボルにしているのが参考になるのではないだろうか。また、神道が太陽をシンボルにしているのも参考になるだろう。】
 そうすると、闇の神であるヤハウェが「光あれ」というのはどういうことなのだろうか。ずいぶん以前に、エローヒーム(神の複数)とヤハウェを区別したことがあり、そのとき、創造神はエローヒームではないかというようなことを言ったかもしれない。
 とまれ、ヤハウェを闇の神とすると、光の神は別に考える必要がある。それがエローヒームではないだろうか。この点の問題に関して、以前何度も考察したことがあるが、思うに、差異共振的同一性を形成する神があり、それは、例えば、イシスとオシリスであろう。イシスが差異共振エネルギーであり、オシリスが⇒ +1の光である。これが、母権多神教の「創造」=造化である。
 それに対して、一神教の創造神が発生して、差異共振エネルギー=イシスを否定し、当然、光のオシリスを否定して、天地創造を行なうが、このときの太陽神とは何か。例えば、バビロニア神話におけるマルクトによるティアマトの殺戮による天地創造と太陽神シャマシュの場合である。
 英雄マルクトと太陽神シャマシュを結びつけて考えていいだろう。この統合態の帰結に一神教形成を見ていいだろう。つまり、ヤハウェの形成である。ならば、太陽神シャマシュの光とは、本来の光ではなく、ヤハウェの闇ではないだろうか。
 自己同一性主義は闇であるが、光と表象されるのは、何故か。この自己同一性主義=自我主義とは自我合理主義であり、物質的合理主義に帰結すると考えられる。
 この自我合理主義=物質的合理主義が光と表象されるのであろう。言い換えると、本来、闇である-1が光と錯視されるのである。
 思うに、これは物質的光と見ていいだろう。同一性の光である。これは、古典物理学の光と見ていいだろう。ニュートンの光である。
 ということで、近代主義は、本来、闇を光と見ているということになる。ここで、私が10代終わりの頃言った「光は暗く、闇は明るい」【記憶があいまいで言葉が違っているかもしれない。光は冷たく、闇は暖かいであったかもしれない。もっとも、言わんとしていることは同じである。】というアフォリズム的な言葉が証明されるだろう。近代主義の光は実は暗く、反近代主義の闇の心性に本来の光があるという意味になる。
 とまれ、一神教の帰結である近代合理主義は闇であるとここで証明されたであろう。また、物質主義も闇である。資本主義も同一性交換価値を至上価値とする限り、闇である。
 最後に整理すると、一神教の問題は、結局、光と闇が混淆していることであり、また単に混淆しているだけでなく、倒立転倒倒錯していると考えられることである。光が闇となり、闇が光となっているのである。つまり、例えば、キリスト教のいう光とは本来、闇であり、闇が光になるということである。だから、ヨハネの黙示録の最後の審判は、悪魔主義的である。悪魔の最後の審判である。神が悪魔となり、悪魔が神となっていると考えられる(参照:D.H.ロレンスの『黙示録論』)。
 【キリスト教の問題は、複雑であり、既述したように、二種類のイエスを想定するのが妥当だと考えられるのである。一つは、闇のイエスである。自我主義のイエス、悪魔のイエスである。戦争狂のイエスである。もう一つのイエスは、光のイエスであり、差異共振性のイエス、天使のイエスである。平和のイエスである。言い換えると、ヤハウェの子のイエスであり、太母の子のイエスである。】
 結局、一神教によって、差異共振理性=叡知(ソフィア・般若)が否定抑圧されたのであり、そこで、人類の叡知文化が否定されたと考えられるのである。叡知文化は異教や異端として否定されてきたのである。悪魔的キリスト教が暴虐野蛮な世界を生んだのである。【p.s.  ここでは、やはり、筆が滑っている。民主主義とは、差異共振理性=叡知の同一性形式化と考えられる。差異を同一性化して、平等化したのである。ここでは、差異が同一性として肯定されているのである。しかしながら、差異自体が肯定されていないので、反動化するのである。】
 父権一神教の狂気にあって、差異共振理性=叡知は、少数者によって探求され、保持されてきたと言えよう。哲学者、芸術家、詩人・作家、宗教者、革新的科学者、真民衆等はこれらのために戦ってきたのである。
 しかしながら、近代・現代西洋文明にあって、一神教的同一性主義が中心化して(ロゴス中心主義)、全体主義が生起しているのである。資本主義、とりわけ、国家統制主義と結びついた巨大資本主義が、同一性主義を中心化させて、世界は牢獄的になっているのである。
 問題は、差異共振理性=叡知の喪失にある。これをこれまで、証明できなかったのであり、単なる理想としか理解されなかったのである。しかしながら、プラトニック・シナジー理論は、Media Pointという概念によって、この差異共振理性=叡知の実在性を解明したと考えられる。
 ここを精神の起点とすることで、キリスト教的西洋文明の分裂性を乗り越えて、トランス西洋文明、新東西世界文明が創造されると考えられるのである。

参考:

★ 2008年4月24日 木曜日 、8時更新
 今朝は大雨だが、やはり非常体感が続いている。八丈M5.6以降抑圧が続いていて、今夜にも解放があると思う。前駆微震らしきも続き、この数日は家屋のラップが絶えなかった。雨が上がり、気圧が上がってゆくなかでトリガー作用が発生する。
 震源は、行徳データくらしか材料がないが、やはり房総沖方面を予想している。

 地球温暖化現象について、炭酸ガスによる保温作用と、太陽活動説に二分化し対立が起きているようだ。
 筆者が、はじめて地球温暖化の深刻さに気付かされたのは1970年代、日経サイエンス誌上のレポートであった。正確な記憶はないが、今日、起きている北極融氷、ツバス水没など、ほとんどの現象が30年以上前に完全に予測されていたと思う。槌田レポートも1980年代に、今起きている事態を正確に予測していた。いずれも、炭酸ガス増加を基本原因と指摘していた。
 太陽活動説については、まだ明確なレポートに接しておらず、この数年、指摘されはじめたことで、筆者はよく分からない。分かっていることは、周期的な黒点活動であるサイクル24のレベルが、過去一度も観測されたことのないほど激しいものになりそうだということ。これと地球地殻変動と密接な関係がありそうだということだ。
 筆者としては、両者の複合的、相乗的作用だと認識しているが、「権力に都合の悪い情報が隠蔽される」という大法則からすると、実は、まだ公開されていない温暖化要因があると思っている。
 その最大のものが、原発温排水による海洋温暖化だ。海洋温度は、同じ1度で大気温度の数千倍の作用が起きるとされ、気象擾乱に大いに関係している。さらに、地殻変動による地熱との相乗作用もあるだろう。また中国やロシア旧東欧地域での環境負荷産業は、独裁政権の政治的思惑によりほとんど隠蔽されているといわれる。
 いずれにせよ、真実が明らかになったときは、人類滅亡の鐘が鳴り響いていることだろう。
 他人に対して「親子兄弟のように一緒に生きよう」 と考えず「自分たちさえ良ければ、他人は滅亡してもかまわない」とする独善的姿勢が人類滅亡を呼ぶのである。過ちを犯した加害者を自分の親子兄弟のように考えることができなくなって、「殺してしまえ」と叫ぶ人たちには滅亡がふさわしい。

 【旧住宅金融専門会社(住専)の大口融資先だった不動産会社に資産の差し押さえを免れるように指示したとして、強制執行妨害罪に問われた弁護士、安田好弘被告(60)の控訴審判決公判が23日、東京高裁で開かれた。池田耕平裁判長は、1審東京地裁の無罪判決を破棄し、罰金50万円(求刑懲役2年)の逆転有罪を言い渡した。
 判決によると、安田被告は、不動産会社社長(72)=懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決確定=らと同社の所有するビル2棟の賃料の差し押さえを免れるため、平成5年3月〜8年9月、ビルをダミー会社に転貸したように装い、計約2億円を隠した。 安田被告が、ビルを別会社に転貸して賃料を移し替えるというスキームを考案したことには争いはない。控訴審では、このスキームが強制執行を免れる目的で提案されたものか否か▽社長らとの共謀の有無−などが争われた。
 検察側は、安田被告が提案したビルの転貸は「結果的に強制執行妨害を生じさせることは明らかで違法」と指摘。共犯者の供述などからも「共謀が認められる」と主張していた。 一方、弁護側は1審の約1200人を大きく上回る約2100人の弁護団を結成。1審同様に「事件は捜査当局が作り上げたもの」などと無罪主張していた。 安田被告は、22日に広島高裁で死刑判決が言い渡された山口県光市の母子殺害事件など多くの刑事事件で弁護人を務めているほか、死刑廃止運動の中心的存在としても知られる】

 一審では完全無罪が宣告され、検察の陰謀さえ判決で指摘されたが、二審では見事に、権力のでっちあげ弾圧判決が復活した。筆者も、三井環事件と同じで、「ここまでやるか?」 と驚愕するしかなかった。これでは、全国の弁護士の、あらゆる弁護活動が犯罪として認定されることになる。詭弁を通り越して、まるで中国政権の傲慢なやり口を見ているようだ。
 「この国は、もうオシマイだ」と思ってはいたが、ここまで権力が腐敗すると、論評の意欲も失われた。死刑制度の本質が理解できる読者にだけ呼びかける。
 日本国民9割の死刑賛成者は、やがて来るべき警察国家、もの申せば獄中、処刑という特権階級の利権を守るための奴隷社会がやってくることを理解できない。説得可能なのは、死刑賛成者が6割程度までだろう。もうダメだ。彼らは、アメリカと同様、国民の1割が刑務所にぶち込まれる悲惨な奴隷社会を享受することになるだろう。
 逃げよ逃げよ、すべての都市から! ノストラダムスの警告が聞こえる。心ある者、他人を自分の親子兄弟のように思いやることのできる者たちは、今すぐ団結して、過疎の田舎で農業共同体を作ろう。貧しくとも連帯に支えられて暗黒の時代を堪え忍ぼう。
 やがて9割の死刑賛成者たちは死滅するだろう。累々たる焼け野原の跡に、人間解放のすばらしい時代を一から作り直そう。


 「組織と効率化がもたらす破綻」について、続けて余談連載するつもりだったが、重大な出来事が相次いで見込みがうまくゆかない。
 光母子殺人事件を端緒とする死刑論議について、あまりに論理的、人間的レベルが低い書き込みが続くので、筆者はうんざりして反論の意欲もわかない。ネット掲示板に意見を書き込む人たちは、「理性」について考えたことがないのだろうか?

 何度も同じ例を出して恐縮だが、道路で車を運転していれば、必ず人を怒らせるアホがいっぱい出てくる。誰もいないところでのスピードオーバーやコーナリングまで文句を言うつもりなどないが、危険な割り込み、追い立て、意図的なノロノロ走り、走路妨害など事故に結びつく自分勝手な運転には非常に腹が立つが、だからといって、いちいち文句をつけて、気に入らないからと感情のままに殴りかかってばかりいる人は滅多にいないだろう。

 そのときはカッとくるが、よく考えてみれば、自分でも他人の迷惑になる運転をしたこともあり、単に未熟なのかもしれない。また、危険運転常習犯は、いつか必ず事故を起こすにちがいないから、いずれ天が成敗するさ、などと考えて、我慢することが多い。
 いちいち感情の赴くままに怒って仕返ししたりすれば、今度は自分が、みんなの迷惑になってしまう。だから怒っても「ちょっと待て! どっちがトクか、よーく考えよう」 と落ち着いて最善手を判断するのだ。これを「理性」と呼んでいる。
 感情のままに行動する人を「未熟者」と呼び、全体の動静を見極めて、最善手を考えて行動できる人を「理性的」と呼んでいる。感情だけなら犬でも猿でもニワトリでも同じことだ。人間が、それらの動物と決定的に異なり、人間らしさをなしている本質が「理性」なのだ。

 筆者は、死刑問題について、この人間らしい理性をもって判断せよと主張している。
 悪質な犯罪に怒って、「犯人をやっつけろ!」と思うところが感情の作用である。何も怒るなとは言っていない。本村氏の立場にあって怒らない者がいるものか。しかし、そこで犯人を絞首刑にすれば、一時の感情、復讐心は満足するかもしれないが、それで問題が解決したわけでは決してない。
 大切なことは、未熟な18歳の少年が暴走し二人を殺害するような愚かな過ちが繰り返されないようにすることだ。少年をロープで吊して殺して問題が解決したと思うなら、それこそ真の愚か者である。今、掲示板に書き込まれている死刑賛成の論旨は、一見、理性的なように見えて、実は理性のカケラもなく、復讐、報復の感情の立場を一歩も超えていない愚劣なものばかりだから心底うんざりするのだ。

 もし死刑賛成者に理性があるなら、それが未熟な少年の暴走を、どう防ぐのか? 「やったら殺すぞ!」と恫喝して防ぐのか? それとも、少年が暴走に至った真の原因を分析し、少年たちが心安らかに社会に貢献できるよう、暖かい心を育てるために行動するのか? このメカニズムを分析し、社会にとって最善手を提唱するものになるはずだ。
 筆者は、人を恫喝し、恐怖心によって統制しようとする愚か者たちを批判し徹底的に軽蔑し、彼らと真正面から対決しようとしている。我々の目指す社会は、恫喝や恐怖で支配する中国や北朝鮮のような社会では絶対にない。
 未熟な少年たちを、暖かい心に育てるために、人を追いつめない暖かい教育を行い、他人の利益に奉仕することが、人生の喜びを産み出すことを教え、すべての人たちが、地球上すべての人間を、自分の親兄弟のように感じて、連帯して生きる楽しさを味わう社会なのである。

 今、掲示板に書かれている、死刑賛成の書き込みのなかに、そうした理性のカケラでも見いだせるだろうか? 悪に至った理由を考えもせず、「自分の命で責任をとれ!」 だけの、支配者に飼い慣らされた番犬の発想であり、他人の過ちを自分のこととして捉え、暖かく、愛情のなかで解決しようとする姿勢が皆無ではないか? これでは、すべての心は閉ざされる。人は短所を指摘され、けなされ、報復、制裁されることで、憎しみしか生み出さない。憎しみが社会の何を改善するというのか? こんなことが分からないで、馬鹿の一つ覚えのように「責任」を強調したがる者よ、君が失敗したとき。本当に責任をとったことが一度でもあるのか?
http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm
   

東海アマ地震予知情報 ニュー東海アマ

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年4月
   
24
     

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:79
昨日:888
累計:4,716,387