自然美(自然造形美)とは精神的数学的美である:西洋美学から東洋美学への転換






[PR]



2010年03月27日(Sat)
自然美(自然造形美)とは精神的数学的美である:西洋美学から東洋美学への転換
これまでのベクトル・モード論の検討から、何故、自然(正確に言うと、人の手を適度に加えた、より自然化された自然)が美しいのか明晰、明快な答えを得たと言えよう。
 黄金比が自然に発露しているのであり、そのために、美的なのである。
 私はずいぶん昔(学生の頃)から西洋美学に疑問を抱いてきた。つまり、芸術の方が自然よりも美的であるという思想である。しかしながら、私は自然美は、凡庸な芸術よりもはるかに美的であると感じてきた。そして、日本美術は、つまり、伝統的日本美術は、自然美から生まれた(自然美と共振して美的創造力が喚起され、制作された)と感じてきたのである。
 ここで想起するのは、オノ・ヨーコ氏の「わたしがいくらがんばっても、青空の青にはかなわない」というような言葉である。まったく同感である。
 ユダヤ・キリスト教的思想を考えれば、芸術が自然よりもすぐれていると判断するのは当然である。(追記:ギリシア・ローマの伝統も考えないといけない。それは、しかしながら、人体が中心であるが、自然的であると言えよう。)
 今は余裕がないので、詳述しないが、ひと言付け加えれば、原生林や雑木林の方が、人工的な木立、例えば、公園で見られるようなシンメトリカルに「秩序」立てられたものより、はるかに日本人の本来の美的感覚には合うのである。もっとも、原生林や雑木林も放っておけば、野放図に蔓延るが、そこに適度な間伐等を行なえば、より美的な森林にはなりうると言えよう。
 とまれ、植物(だけではないが)のもつ黄金比等の美的電磁波が複雑に共振して、無限に美的な印象をもたらすのだと思う(池泉回遊式庭園はそのような美学を感じる)。

追記:私は東京や大都市の大半の機械的、無機質な建物は、近代合理主義、つまり、唯物論に基づくもので、醜悪醜怪なものだと思う。つまり、+1の同一性=物質の論理、アンラ・マンユ(アーリマン=悪神、悪霊、悪魔)の論理に基づくのである。
 それは、自然の造形美をまったくもたない反美的なものである。それは、日本人の伝統的精神的感覚を損なう害悪である。
 アーリマンの東京や大都市の「景観」である。結局、同一性の悪魔、正確に言うと、連続的同一性の悪魔(ルシファー/アーリマン)にとり憑かれたのである。
 この原因は明治維新からの封建的父権的国家主義と戦後の近代合理主義の結合にあると思う。前者がルシファーが強く、後者がアーリマンが強いと言えよう。
 神仏習合の差異共振の精神原理が排除されたのである。これは、基本的には戦後近代合理主義に拠ると考えられる。唯物論教育が支配したからである。
 とまれ、日本が生まれ変わるには、先ず、東洋的身体精神教育が必要である。そして、哲学・科学・芸術教育が必要である。

回遊式庭園
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索
桂離宮庭園

回遊式庭園(かいゆうしきていえん)は、日本庭園 の形式のひとつで、園内を回遊して鑑賞する庭園 。園内を回遊する形式の庭園は日本以外にも存在するが、回遊式庭園という語は主に日本庭園のみを指して用いられる。
概要 [編集 ]

回遊式庭園は、江戸時代 に大名 によって造営された大名庭園 において発達した形式であり、日本庭園の集大成とも位置づけられる。

最も一般的な形式は池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)と呼ばれるもので、大きな池を中心に配し、その周囲に園路を巡らして、築山 、池中に設けた小島、橋、名石などで各地の景勝などを再現した。園路の所々には、散策中の休憩所として、また、庭園を眺望する展望所として、茶亭、東屋などが設けられた。
代表的な回遊式庭園 [編集 ]

* 桂離宮 庭園(京都府 京都市 西京区 )
* 京都御所 庭園(京都府京都市上京区 )
* 小石川後楽園 (東京都 文京区 ) - 特別史跡 ・特別名勝
* 浜離宮恩賜庭園 (東京都中央区 ) - 特別史跡・特別名勝
* 一乗谷朝倉氏庭園 (福井県 福井市 ) - 特別史跡・特別名勝
* 偕楽園 (茨城県 水戸市 ) - 史跡 ・名勝
* 兼六園 (石川県 金沢市 ) - 特別名勝
* 後楽園 (岡山県 岡山市 北区 ) - 特別名勝
* 玄宮園 (滋賀県 彦根市 ) - 特別史跡・名勝
* 足立美術館 庭園(島根県 安来市 )
* 栗林公園 (香川県 高松市 ) - 特別名勝

執筆の途中です この「回遊式庭園」は日本の文化 に関する書きかけ項目 です。この項目にさらなる加筆、訂正 などをして下さる協力者を求めています (ポータル 日本 /ウィキプロジェクト 日本文化 )。
「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E9%81%8A%E5%BC%8F%E5%BA%AD%E5%9C%92 」より作成
カテゴリ : 日本庭園


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年3月
 
27
     

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:349
昨日:1,053
累計:4,744,592