シュタイナーの霊=精神の問題点:Media Point的即非的精神/物質性






[PR]



2010年03月21日(Sun)
シュタイナーの霊=精神の問題点:Media Point的即非的精神/物質性
テーマ:新霊性:聖霊、気、地霊、性霊

シュタイナーの霊学(精神科学)の問題点は、霊=精神が物質=身体を完全に超越し、前者が後者を「支配」ないしは規定しているが、その接合の関係が不明瞭な点である。わかることは、前者の「現象」が後者なのである。
 ということは、霊=精神は物質=身体性(現象性)を帯びるということである。しかしながら、シュタイナーは後者を否定的に見て、前者中心へと志向するのである。
 ここには明らかに齟齬があるのである。すなわち、物質=身体的現象への志向がありながら、根源の霊=精神を中心化して、物質=身体的現象を否定的にみるという齟齬である。
 思うに、シュタイナーの霊学を積極的に捉えるならば、霊=精神の涵養による、物質=身体の霊=精神的変容である。(つまり、霊=精神が物質=身体を超越して、後者を否定的に見るシュタイナー精神科学の半面は批判され、もう半面の霊=精神⇒物質=身体という霊=精神的現象性という視点は評価されるということになるだろう。)
 ならば、「霊=精神」的「物質=身体」性の創造・形成が考えられるだろう。思うに、これは、アートである。トランス・モダン・アートとしての現象界である。
 とまれ、両者の関係はPS理論のMedia Pointにおける即非性ないしは精神的フィルター性で的確に説明できるのである。

追記:霊や精神は、性霊、性神、性精、性魂、性心にするともっとも的確かもしれない。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年3月
 
21
     

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:279
昨日:601
累計:4,862,235