陰陽と生命






[PR]



2013年03月23日(Sat)
陰陽と生命
テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス

今日も、森の杉の聳える小道の角で考えた。(あっという間に、桜が咲き、木々の頭の方が黄緑に染まりだした。)
 陰陽から生命が生まれる。陰陽共振の気が生命力である。
しかし、生命体は、食が必須である。
 では、食とは何か。
 思うに、気が常に流入するならば、食は要らないのではないだろうか。そう、霞を食べて生きる仙人とは、気で生命を養っているということだと思うが。
 とまれ、生命体は、エネルギーを補給するために、一般的には、食が必要である。
 そう、思うに、太一(イデア)の生命情報がある。それが、陰陽に刻まれ、気的生命情報となり、それが、生命物質体を形成する。
 生命情報によって物質化されるが、生成した物質体は常に、エントロピーによって、衰滅するのである。だから、維持するには、消滅・消尽する物質(エネルギー)を補う作業が必要であり、それが、食という行為になると考えられる。
 食に拠るエネルギー補給によって、それが、気的生命情報力学に応じて、生命有機的物質を形成し、生命体を維持するというように考えられる。
 思うに、食によるエネルギーであるが、それは、気的生命エネルギーに近い形になるのではないだろうか。気的生命情報力学に呼応するように、食エネルギーが変容させられるのではないだろうか。
 だから、食エネルギーは気エネルギーに近いものになるように思えるのである。
 だから、食を気に近づけるのが、もっとも健康的であるということになろう。小食、断食は、身体を気に近づけると考えられるので、相応しい食と言えよう。
 また、免疫と気の問題がある。
 食は免疫力に通じるものがよいのは当然であるが。
 結局、免疫力とは、気的生命を破壊する害悪物に対して、作用するものであり、気との関係から言えば、気的共振を阻害するもの、つまり、反気的なものへの攻撃力と言えよう。
 陰陽共振を破壊するものとは、端的に、陰陽共振を抑圧するものであろう。つまり、それは、陰陽性のない純粋物質のようなものではないのか。
 途中であるが、ここで今は留める。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年3月
         
23
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:322
昨日:500
累計:4,627,444