無双陰陽PSコスミクス原理:プラトンのイデア論と無双陰陽原理とホロコスミクス






[PR]



2013年03月22日(Fri)
無双陰陽PSコスミクス原理:プラトンのイデア論と無双陰陽原理とホロコスミクス
テーマ:グランド・セオリー:無双陰陽コスミクス

久しぶりに、プラトンの『パイドロス』を読んだが、なにかほとんど初めて読んだような感じだ。結局、以前は、わかりやすいところだけに注目し、その他、難しいところは、飛ばして読んだということだと思う。
 とまれ、プラトンのイデア論は、先に述べたように、無双陰陽原理と呼応する。だから、以前の理論名称、無双PS(プラトニック・シナジー)原理を復活させてもいい。
 また、藤原肇博士のホロコスミクスもプラトン哲学(ピュタゴラス/プラトン哲学)を取り入れているので、無双陰陽PSコスミクスとでも呼ぶのもいいのかもしれない。
 今は余裕がないので、ポイントだけ記す。

1)太一:1
2)陰陽分極:2
3)陰陽共振:3
4)螺旋生命四次元時空:4
5)太一復帰:5=1

となる。これは、1⇒2⇒3⇒4⇒5=1を意味するように思える。
1から4まででテトラクテュスを意味する。即ち、
1+2+3+4=10である。
5は、ピュタゴラス学派の聖数・秘数と一致するということではないだろうか。
 その他、いろいろ合致する数値や形態を述べたいが、今はここで留める。

追記:秘数5であるが、これは、本来、黄金比における正五角形の5と関係するものである。しかし、以上では、4⇒5=1という移行を仮説して、秘数5と結びつけることにした。

パイドロス (岩波文庫)/岩波書店
¥756
Amazon.co.jp


ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る!/ヒカルランド
¥2,310
Amazon.co.jp


ピタゴラスについて、テトラクテュスとは - 神秘学が教える、あなたの人生 ...
http://amorc.or.jp/blog/2012/02/post-1.html

ピタゴラスのテトラクテュス



「テトラクテュス」(テトラクティス)



彼は宇宙が数からできていると考えました。
そして、特にその中でも1,2,3,4が重要な数であると考え、
それを「テトラクテュス」(テトラクティス)と呼びました。


古代ギリシア哲学 ピュタゴラス
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mochi_space/ancient_philosophy/vorsokratiker/pyutagoras.html

実際、私がここに書いたことのほかにも、テトラクテュスやアリストテレスの残した資料に
見られる「万物は数である」という ... 10を完全数であると考えていたピュタゴラス派の
人々は、下から4:3:2:1で構成される正三角形をテトラクテュスとよんで珍重していました


ピタゴラス派 - 古代ギリシア哲学と現代倫理学のページ - エキサイトブログ
http://matsuura05.exblog.jp/d2004-02-06

2004年2月6日 ... このテトラクテュスは、ピタゴラス派にとっては、正三角形という美しい形が、 ... この
テトラクテュスは、以下に見るように、音楽や天文学とも密接に関わっています。 ... 先の
テトラクテュスがここにも現れていることになる、というわけですね。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年3月
         
22
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:3,399
昨日:1,238
累計:4,793,034