気と物質:五次元世界と無双陰陽原理Ver.14.0.0






[PR]



2013年03月10日(Sun)
気と物質:五次元世界と無双陰陽原理Ver.14.0.0
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11487028211.html

テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス

ここ一週間、多忙である。また来週いっぱい、忙しいだろう。
 森の中で、佇み、久しぶりに、無双陰陽原理を深化させるために、直観的思考をする。
 陰霊と陽霊があり、それが、接近して、物質化する。つまり、電気となり、磁気となる。
 とまれ、わかりやくするため、イメージ的思考を述べよう。
 陰と陽が共立している。これは、牽引と反発が同時生起している様態である。
 それが、次元変換子によって、マイナス・イオンとプラス・イオンに分離し、かつ、牽引している。陰電子と陽電子であるが、それは、既に、当然、陰と陽ではない。陰と陽が次元変換されたのである。
 ここでとりあえず、二次元座標を考えると、y軸に陰と陽が位置し、x軸は陰電子と陽電子が位置することになるのではないだろうか。
 さらに三次元座標を考えると、z軸が陰と陽、y軸が陰電子と陽電子、x軸がN極とS極となる。
 さらに、光ないし電磁波の進行方向を考えると、四次元座標が必要となるだろう。x、y,zにα(アルファ)を加えると、α軸に陰陽、z軸に陰電子・陽電子、y軸にNS極、x軸に光・電磁波の進行方向をとる。
 ここで、四元(しげん)数を考えると、虚数i, j, kは、z軸、y軸、x軸に対応させると、1は、どうやら、時間になるかもしれない。つまり、z軸、y軸、x軸が空間軸であり、実軸が時間軸ということである。
 これまで、実数軸を気軸としてきたが、時間軸としても、気軸であることを今は否定しないでおく。
 さて、四元数を取り入れると、四次元ではなくて、五次元になる。即ち、陰陽軸として、超軸を取り入れる。S軸とする。
 すると、S軸に陰陽、z軸(i)に陰電子・陽電子、y軸(j)にN極・S極、x軸(k)に電磁波進行方向、そして、α軸=実軸(1)に時間・気を見るのである。
 そうすると、無双陰陽原理概念座標は以下のように変わる。

<無双陰陽原理概念座標:Ver.14.0.0>

         陰陽軸(円)

          陽(✡):自我
          |
          |
          |
          |
          |
          ★
_______・______実軸(時間・気=天地軸)+1
          ☆
          |
          |
          |
          |
          |
         陰(✪):他者

【但し、・は太極点(内在的超越点、MP: Media Point)、★は陽における陰点、☆は陰における陽点である。
 そして、陰陽(円)は軸ではなく、多次元、無限次元、無次元であり、陽=自我=知(認識)と陰=他者=存在で意識、精神、魂、自己=個を形成し、生命気螺旋とは区別される。
尚、実軸は時間軸=気軸=天地軸とし、太極点から発出する生命気螺旋における四元数(1, i, j, k)の三つの虚軸(空間三次元)は記入していない。時間は実数1に相当する。⇒は、気と見ることができるかもしれない。
 霊「数」、陽✡、陰✪を仮説して、また、陰陽共振を✇で表わし、以下のように公式化する。無双陰陽原理公式である。
✪✇✡⇒a + bi + cj + dk 
or
✪✇✡⇒+1 + i + j + k


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年3月
         
10
           

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:324
昨日:500
累計:4,627,446