<無双陰陽原理概念座標:Ver13.0.0>:自己を自我に変更する:陽は自我となる    






[PR]



2013年02月11日(Mon)
<無双陰陽原理概念座標:Ver13.0.0>:自己を自我に変更する:陽は自我となる    
図は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11468440131.html


<無双陰陽原理概念座標:Ver13.0.0>:自己を自我に変更する:陽は自我となる    
 
テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス

自我と知性のズレ:自己同一性の盲目と知性(悟性):父権的自我は知性 ...
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11463254471.html
先に以上で述べたことを受けて、以下のようにバージョンアップする。
つまり、自己が自我となったのである。陽原理は自我の原理であり、自己のではない。自己とは自我・陽と他者・陰との共振体が本当のものであり、それは、個ということである。

<無双陰陽原理概念座標:Ver13.0.0>

         陰陽(円)

          陽(✡):自我
          |
          |
          |
          |
          |
          ★
_______・_______実軸(気=天地軸)+1
          ☆
          |
          |
          |
          |
          |
         陰(✪):他者

【但し、・は太極点(内在的超越点、MP: Media Point)、★は陽における陰点、☆は陰における陽点である。
 そして、陰陽(円)は軸ではなく、多次元、無限次元、無次元であり、陽=自我と陰=他者で意識、精神、魂、自己=個を形成し、生命気螺旋とは区別される。
尚、実軸は気軸=天地軸とし、太極点から発出する生命気螺旋における四元数(1, i, j, k)の三つの虚軸(空間三次元)は記入していない。時間はエネルギーであり、以下の⇒に相当する。
 霊「数」、陽✡、陰✪を仮説して、また、陰陽共振を✇で表わし、以下のように公式化する。無双陰陽原理公式である。
✪✇✡⇒a + bi + cj + dk 
or
✪✇✡⇒+1 + i + j + k

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11468440131.html




英文法革命へ向けて:英語の補語Complementについて:日本人の英語能力を進化させる

テーマ:language

英語の5文型は周知である。
 それは主語Subject、動詞Verb、目的語Object、補語Complementからなるが、補語がどうもしっくり来ないのである。
 Complementは補足、補完という意味である。
 しかし、実際は、そのような意味ではないと「直感」するのである。

1)I am a boy.
2)She is beautiful.
3)I found it very interesting.

下線部が補語であるが、補足、補完しているのだろうか。していないと思う。
 ある主体、存在の存在様態を表現していると思う。
 例えば、1では、私という存在様態が少年ということになり、2では、彼女という存在様態が美しいということであり、3では、それという存在様態がとても興味深いということになるだろう。決して、主体、存在を補足、補完していない。
 だから、補語ではなく、存様語、存象語、存態語、等ではないのか。あるいは、思い切って言えば、現象語Phenomenonである。
 そうすると、

主語S+動詞V+補語C

は、

主語S+動詞V+現象語P

となる。
あるいは、

主語S+動詞V+目的語O+補語C

は、

主語S+動詞V+目的語O+現象語P

となる。
 こうすることで、明快明晰になり、非常にすっきりするのではないだろうか。
 ところで、be動詞であるが、これは、多くの人が言うように、存在動詞と見るといいだろう。

 She is a beauty.

は、

She主語+is存在動詞+a beauty現象語

であり、「彼女は美人という現象として、存在する。」ということになる。

追記:因みに、無双陰陽原理から言うと、主語は、「陰」であり、現象語は「陽」である。
 では、存在動詞は何だろうか。陰⇒陽、ないし、陽⇒陰の⇒ではないだろうか。これは、陰陽極性そのものではないだろうか。私の用語では、共振である。陰陽共振である。
 ならば、主語は陰、存在動詞は共振、現象語は陽となる。
 思うに、存在動詞は太極と言えるような感じがするのである。あるいは、少なくとも、太極と関係するように思えるのである。
 思えば、ヤハウェは、「我は『在りて、在り余れる』ものなり」とモーゼに述べたのである。そうすると、ヤハウェは、存在動詞の根源のようなもの、あるいは、太極のようなものと言えようか。
 とても興味深いが、今はここで留める。

追記2:「わたし」、自己の問題であるが、以上の視点から見ると、根源の 「わたし」、自己は、陰=肚(腹)=他者に存することになろう。自己=他者?!である。そして、一般に、自我とは、陽=頭のことで、これは、根源の「わた し」、自己の現象として存する、存在様態であるということになる。
 この現象としての「わたし」、自己、即ち、自我が、一般には、自分と思われているが、それは、単に現象に過ぎず、本体、本質、実体は、陰=肚=他者に存するのである。
 近代の狂気は、陽=頭=自己を中心としたことに拠る。デカルトの「コギト・エルゴ・スム:我思う故に我在り」はこの原理原則である。
 D.H.ロレンスがそれを逆にすべきであると述べていた。即ち、「スム・エルゴ・コギト:我在り故に我思う」であるが、正に、天才的洞察である。

追記3:結局、陽の光とは、陰の闇から生まれるのである。陰陽論が陰から始めるのは、正しいと言える。
 老子の説く玄牝は正しい。
 ついでに資本主義であるが、金融資本とは陽であり、協働資本とは陰である。今日は、陽が陰を食らっているのである。
 そう、陽が資本で、陰が労働とも言えよう。資本経済に関する無双陰陽原理の考え方は後で検討したい。

追記4:天候を表わすit(It is sunny. It is windy. It is raining. Etc.)であるが、それも、陰(闇)=肚=他者ととると実に明晰明快になるだろう。できれば、後で説明したい。


参照:
5文型とは - ELM英語学習教材研究所
英語5文型のまえがきと目次
3-1 基本五文型
英文法「第5文型」
なぜ日本では5文型論が生き残っているのでしょうか? - 英語と書評 de ...
be動詞、is, am, areについて。 - Yahoo!知恵袋 http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11466674787.html
西田哲学の場所の論理と身体性 - 思考の部屋
blog.goo.ne.jp/.../e/a42af781a62afb871de6c45385ae73ce - キャッシュ
2012年5月12日 ... 西田の場所の論理は述語論理とも言えるものであり、中村(『西田哲学の脱構築』岩波
書店・一九八七年)が指摘するように、これはアリストテレス以来の西洋論理学の中枢を
なす主語論理を逆転させるものである。そして、西田の場所の論理の ...
時枝誠記 : Toward the Sea
yokato41.exblog.jp/tags/時枝誠記/ - キャッシュ
2012年5月23日 ... 時枝は、英語を天秤に喩えた。主語と述語とが支点の双方にあって釣り合っている。
それに対して日本語は「風呂敷」である。中心にあるのは「述語」である。それを包んで「
補語」がある。「主語」も「補語」の一種類である! (私はこの指摘を知っ ...







自我と知性のズレ:自己同一性の盲目と知性(悟性):父権的自我は知性・真理・科学を詐称する

テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス

今は簡単に触れるだけだが、これまで、自我同一性(自己同一性)と知性とを結びつけて考察してきたが、両者は同じものではない。
 前者は後者の振りをする。自我は自分が知性であることを独断・独善的に主張する。
 この事象の力学は何であろうか。
 これは、これまでの理論で説明できるだろう。即ち、自我は他者を否定しようとする。これが、自我同一性(自己同一性)の志向である。これは、言わば、一種の悪意である。
 そして、この自我同一性は知性であることを主張する。つまり、自我が知・真であり、他者が反知・偽であると主張するのである。
 しかし、これは、独断、独善、臆断(憶測)でもある。
 何故なら、自我同一性の衝動の基本は、他者否定という欲望であり、真理への志向ではないからである。他者否定の欲望が真理を偽装(擬装)するのである。
 では、この他者否定の欲望の根因は何であろうか。
 思うに、他者への嫌悪・憎悪・反感等のルサンチマン(怨恨)があると思う。
 思うに、他者のもつ共感性の感性・精神への無意識の反感があるのではないだろうか。
 では、何故、共感性に反感をもつのだろうか。
 それは、共感性が自我同一性主義の力学を解体するからではないだろうか。
 つまり、自我同一性主義(有り体に言えば、自己中心主義である)とは、他者を排除することから発生するものである。言い換えると、自己自身の基底にある 他者への共感性を排除することによって、自我同一性主義(自己中心主義)が成立するのであるが、他者の存在(共感的、精神的、魂的存在)は、それを否定す ることになるのであり、そのために、自我同一性主義は他者へ反感・嫌悪・憎悪をもち、他者を否定する言動をとるように思える。
 その時、自我同一性主義は、同一性形式である言語において、他者を否定するように思われるのである。言い換えると、他者の言語(同一性形式)を否定するのである。
 そして、同一性形式(言語)は確かに知性に似ているのである。つまり、観念行為ということで、両者は似るのである。しかしながら、あくまでも似ているということに過ぎず、両者、別物である。
 自我同一性主義の同一性形式(言語)は知性を似せるのであり、真の知性ではないのである。疑似知性、似非知性、虚偽的言語である。
 ということで、本題を解明できたことになる。簡単ではなく、長くなったが。
 結局、これまで、自我同一性と知性が一致するような考えを私はもってきたが、それが誤りなのが判明した次第である。(これまでの私の理論の不十分さをここで明確に指摘する。理論と言っても、無双陰陽原理というよりは、それ以前の不連続的差異論である。そこでは、同一性が知性と一致していたのである。)
 以上のような解明から、父権的自我主義が近代科学、自然科学と関わるときわめて危険な事態になることがわかる。つまり、父権的自我主義は、「科学」の真 理を偽装するからである。自我自身は自分が真理をもっていると盲信(狂信)するが、実は、それは、妄想なのである。(原発や権力に関係する人間はこのタイ プが大半ではないだろうか。)
 そして、逆に言うと、真理(科学的真理や哲学的真理)とは、自我同一性主義(父権的自我主義)ではなく、共感性によってこそ、形成されるものではないだろうか。
 つまり、共感性とは、他者を感知するのであり、それが、自己とは別個の存在であることを知るものである。共感的他者性における思考こそ、真の知性、真理と考えられる。
 自我同一性とは異なる他者的思考が知性、真理であると考えられるのである。
 そう、共感的他者的思考とは、言い換えると、母権的思考である。知性、真理とは、母権的思考においてこそ、形成されると考えられるのである。
 今日の日本、世界が狂気的カオスなのは、父権主義が支配して、知性、真理を喪失しているからと考えられる。
 そう、父権主義、自我同一性主義とは、シュタイナーの霊学から言えば、アーリマンである。
 今日、アーリマンが人間、人類を狂わせていると言えよう。
 ある意味で、アーリマンはルシファーを抑圧しているのである。悪魔の対立があると考えられる。
 神秘・ロマン主義はルシファー主義である。それが、今日、アーリマンの唯物的自我主義によって、抑圧されていると考えられるのである。

追記:うつ病についてであるが、新型うつ病であるが、それは、自我同一性主義が肥大化したもののように思える。それは、他者を抑圧・排除しているので、生命・気の共振エネルギーが形成されず、生命力が弱化するものと思われるのである。
 陽が陰を抑圧して、陰陽共振による気エネルギー=生命エネルギーが喪失されるのである。
 思うに、単に、身体生命エネルギーだけでなく、情感エネルギー(アストラル・エネルギー:造語)も枯渇するのではないだろうか。
 そう、陰を私はアストラル体とも見ていると言えよう。この点は後で検討したい。

参考:以下のアポロとディオニュソスであるが、以上の自我同一性主義と知性との不一致の視点から見ると、アポロと自我を一致させている誤謬があると言えよう。アポロは知性とすべきであり、自我同一性主義とは別のものと見なくてならない。
 この点では、ニーチェの『悲劇の誕生』は明らかに、混乱していると言えよう。
 思うに、アポロの光と自我の光を私は混同したと考えられる。これはたいへんな誤りである。
 とまれ、以上の論考は新たな発見である。光について、新たに論考したい。

******************************
光・陽のもつ闇と闇・陰のもつ光:光の影を他者に投影し、他者と敵対する自我:万人の万人に対する戦争

テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス
以下、簡単に図示する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                 


T:陽・光・頭(知)・父権・西洋・自我・同一性
    
              
             アポロ

     
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
     影   影   影   影   影   影

ー⇅ーー⇅ーー⇅ー胸・境界・浸透膜ー⇅ーー⇅ーー⇅ー

     光   光   光   光   光   光
     ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑


          ディオニュソス


U:陰・闇・肚(魂)・母権・東洋・他者・差異



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



Tの領域は、Uの能力がTとは一致しないので、Uの領域を抑圧するのである。
 つまり、Tは自我の光であり、それは、他者の闇を抑圧するのである。そこで、TとUの境界のTの面、あるいは、Tの底面に影が生じるのである。これは、 光の影(シャドウ)である。このシャドウが光のもつ闇なのであり、その影が光には見えないのである。自分の影に気づかず、返って、それを他者に投影するの である。
 言い換えると、光の影(スクリーン)を通して、自己は他者を見るのであり、他者は自分の影が映った存在となり、自己は他者に敵対的になるのである。
 では、光に生じた影(シャドウ)・闇を取り去るにはどうしたらいいのだろうか。
 それは、Uの領域を肯定する意識をもつことである。
 思うに、TとUとの境界は、言わば、浸透膜である。TはUに触れ、UはTに触れている領域である。
 この浸透膜的境界を介して、Tの光・陽・頭はUの闇・陰・肚を肯定し、TとUとの共振、つまり、陰陽共振を目指すべきである。
 しかし、最高に注意すべきは、Tの同一性でUの差異を認識することはできないということである。Tは認識ならば、Uは存在なのであり、相互に異質なので ある。ただし、TはUを否定するが、UはTを包摂することができるという非対称性があると考えられる。ジェンダー的に言えば、男性原理は女性原理に包摂さ れるということである。おそらく、生物的に、女性原理の方が先行していたことを証すように思われる。
 無双陰陽原理の原点である不連続的差異論がここで重要になる。
 即ち、Tにとって、Uとは不連続なものであるということであり、TはUを同一化できないのである。つまり、Uは絶対的差異、絶対的他者であるということである。
 この点を具体的に言えば、Tは知性とすれば、Uは性(セックス)である。Tの精神はUの身体を理解できないのである。そう、Tを西洋・父権で、Uを東洋・母権と見てもいい。
 今日の世界、日本の闇・悪は、実は、光・善から生まれたものであることがわかる。光の支配による暗黒化なのである。
 価値逆転的に、Uの陰・闇・肚をベースにすれば、光の悪の支配は終焉し、陰と陽との和解・調和が生じるのである。新しい母権の世界である。

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11457363068.html

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11463254471.html

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年2月
         
11
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:768
昨日:1,203
累計:4,649,396