無双陰陽原理と自然科学(量子論、宇宙論、生命科学等)との接点:陰陽子(陰陽双極子)と素粒子






[PR]



2013年01月28日(Mon)
無双陰陽原理と自然科学(量子論、宇宙論、生命科学等)との接点:陰陽子(陰陽双極子)と素粒子
無双陰陽原理と自然科学(量子論、宇宙論、生命科学等)との接点:陰陽子(陰陽双極子)と素粒子

テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス

以下、陰陽と物質との接点を求めた拙稿である。
 とにかく、資料としてあげておく。

*
超越平面、超越円と虚軸y軸:現象太陽(電磁波)とdark sun・・・

・・・ルギー体と言えるのではないだろうか。 しかしながら、根源の凸jや凹jは、超越的エネルギーをもっているだろう。そして、共振して、超光エネルギーを創出すると思われる。追記:原子とは何か:電子と光子と陽子(原子核)のトーラス体(・・・[2012年05月18日]

resurrectionのブログ

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11253745023.html

*
原子とは何か:電子と光子と陽子(原子核)のトーラス体(仮説)

これも思いつきであるが、簡単に記したい。 いちばん単純な水素原子を考えたい。電子は物質であるから、凸i*凹凹i⇒凹(−1)の右辺である。そして、光子は太陽光と一致させて、凸iである。問題は陽子、原子核である。それは直観では、me・・・[2012年05月13日]

resurrectionのブログ

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11249166480.html

*
水素(原子)とは何か:原子方程式(仮説):陽子(凸i)*電子(凹・・・

水素(原子)は陽子と電子から成る。 ここで、閃きから言うと、陽子は陽電荷をもち、電子は陰電荷をもつので、陽子を凸i、電子を凹iと作業仮説する。 陽子(凸i)*電子(凹i)⇒水素原子(凸:+1)ということになる。 ならば、陰陽論に・・・[2011年04月19日]

resurrectionのブログ

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-10866380469.html

*
原子とは何か

これまで、原子について考察したことはほとんどないと思う。量子については多く考えてきたことに対して、きわめて非対称である。 今は余裕がないので、検討できないが、一言いえば、以下にあるような通常の説は、美的ではないと思う。言い換える・・・[2011年04月19日]

resurrectionのブログ


http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-10866188756.html


追記:以下も資料となる。

* 光・陽のもつ闇と闇・陰のもつ光:光の影を他者に投影し、他者と敵対する自我:万人の万人に対する戦争 (01/26)

http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-1916.html

* トンネル効果と無双陰陽原理:粒子はMP共振(共鳴)を起こして、反対側に粒子を生起させるのでは? (01/25)

http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-1915.html

* 太極⇒陰霊*陽霊⇒MP⇒気⇒螺旋生命物質体:生命物質現象の根源は太極⇒陰素*陽素:ポスト唯物論 (01/20)

http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-1914.html

* 陰霊と陽霊の即非共振から気と螺旋生命物質体が発生:生命物質現象の根源は陰素*陽素:ポスト唯物論 (01/20)

http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-1913.html

* 光と闇:二つの光と二つの闇:電磁波の光と気の光、無光の闇と気の闇:気の超光 (01/18)

http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-1912.html

* 仮説:無双陰陽原理から宇宙からDNAを経て『戦後史の正体』に至るまで哲科学フラクタル的に説明する (01/14)

http://sophio.blog19.fc2.com/blog-entry-1911.html

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年1月
   
28    

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:61
昨日:882
累計:4,649,571