陰霊と陽霊の即非共振から気と螺旋生命物質体が発生:生命物質現象の根源は陰素*陽素:ポスト唯物論






[PR]



2013年01月20日(Sun)
陰霊と陽霊の即非共振から気と螺旋生命物質体が発生:生命物質現象の根源は陰素*陽素:ポスト唯物論
陰霊と陽霊の即非共振から気と螺旋生命物質体が発生:生命物質現象の根源は陰素*陽素:ポスト唯物論

テーマ:無双陰陽原理/トランス・サイエンス

再掲:気と電磁波:生命気(生命気波動)の超越的次元と電磁波の三次元の平行する現象界
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11451893787.html

先に以上の記事を転載したが、考え方を整合的にする必要がある。
 気⇒電磁波は、不正確である。正しくは、陰霊と陽霊の即非共振によって、気と螺旋生命物質体を同時形成されるということである。図式化すると、

陰霊*陽霊⇒気+螺旋生命物質体

(ただし、*は即非共振とする。なお、即非共振とは、端的に、陰陽の極性のことである。即ち、牽引と反発が同時生起している極性である。)
 
 気とは、陰陽霊の即非共振のエネルギー体であると考える(シュタイナーはエーテル体という用語を使う)。
 気が、現象界において、内在超越的に存するのであるが、生命体は、基本的には、螺旋生命物質体としての現象化している。(尚、渦巻であるが、それは、螺旋の原型であると考えられるので、螺旋に含めることを仮説とする。)
 気についてであるが、陰陽即非共振はMP(メディア・ポイント)で為され、そこが起点となり、気が放出される。つまり、

陰霊*陽霊⇒MP⇒気(+螺旋生命体)

である。
 そう、だから、気を感知するということは、超越性を通じるのである。つまり、陰陽即非共振の場・ポイントであるMPを感知するのであり、それは、陰霊と陽霊に通じるということになる。つまり、陰陽円に「通底」するということになる。
 陰陽円に「通底」するということは、究極的には、太極に通じるということになろう。つまり、神霊界に通じるということになる。「神(神々):死者の霊も含まれる」と一体となるということになるだろう。(神霊界・神界・霊界とは、当然、永遠界である。)
 問題は、気と螺旋生命物質体(簡単に生命体と呼ぶ)ないし物質体との関係である。
 分かりやすくする為に、内部に気空間があり、外部が物質空間であるとしよう。
 生命体は現象的には外部空間にあり、その内部に気空間があるということになる。(私は外部空間は三次元空間で、内部空間は天地軸一次元空間と作業仮説している。)
 上図式であるが、気+螺旋生命物質体としているが、気が螺旋生命物質体に先行するのではないだろうか。そうすると、図式を書き直すことになる。

陰霊*陽霊⇒MP⇒気⇒螺旋生命物質体

となる。
 気⇒螺旋生命物質体(生命体)であるが、これは、再掲した図式、即ち、

陰*陽⇒(+*−)&(N*S)

【(+*−)は電気であり、(N*S)は磁気であり、&は両者の結合したものとしての電磁波様態を意味する。】

を変形すると、

陰霊*陽霊⇒MP⇒気⇒(+*−)&(N*S)

となる。そして、右辺の(+*−)&(N*S)が螺旋生命物質体(生命体)と考えられる。
 そして、四元数(しげんすう)であるが、三つの虚数i, j, kであるが、作業仮説的に、仮に、それぞれ、電気、電磁波、磁気とする。これが、空間三次元を形成するとするのである。
 電磁波は螺旋形状を形成するのであり、その螺旋伸長が一次元であり、それに直交する平面、電気(電界)と磁気(磁界)の平面が存すると考えるのである。
(四元数の実数1であるが、それは、気と考えるのである。)
 とまれ、生命とは気が本質であり、生命体(生命物質体)は、気が形成する物質体であるから、気と結合していることになる。そして、気がなくなると、生命体は死ぬことになり、死体、遺体となるのである。
 もっとも、気と生命物質体の関係であるが、後者はある独立性をもっているだろう。だから、物質の代謝が重要になると考えられる。
 (DNAであるが、思うに、気自体のもつ螺旋形状が二重螺旋であり、それが、物質的に反映したものではないだろうか。これは検討課題である。)
 また、種別の生命体であるが、遺伝情報は、当然、気に存すると考えれる。つまり、陰霊*陽霊(以下、簡便にするために、陰*陽とする)において、気の原情報が存すると思われる。(そう、ここに、DNAの情報を見ていいのかもしれない。)
 つまり、陰*陽の様態の種別があるのであり、それが、それぞれの生命体の遺伝子情報をもっていると思われる。
 ここで、仮に、作業仮説的に、例示すると、

(陰1*陽1)*(陰2*陽2)*(陰3*陽3)*・・・*(陰n*陽n)⇒気n⇒螺旋生命体n

となるのではないだろうか。各生命体において、このnのあり方が異なるということではないだろうか。
 つまり、陰*陽を差異とすると、多元(多種多様)的差異共振体としての生命体ということになる。
 図式化すると、

差異1*差異2*差異3*・・・*差異n⇒多元的気⇒多元的生命体

である。
 とまれ、以上から、思考実験的に、生命現象界が陰陽から形成されることを仮説した。
 つまり、現象の根源に存するのは、素粒子、量子という物質ではなく、陰と陽(陰霊と陽霊)であり、その即非共振としての気=陰陽双極子が原現象であるということになろう。

追記:内部空間としての気空間と言ったが、思うに、それは、人体では、肚と関係すると思う。つまり、陰に関係すると思う。
 肚=陰がどうして、気と直接直截に関係するのか。
 頭=陽=自己(自我)は同一性なので、肚=陰=他者を直観できずに、同一性化=観念知化してしまい陰陽即非共振を感知できないと考えられる。
 それに対して、肚=陰=他者は、頭=陽=自己(自我)を包摂できるので、即非共振様態を帯びると考えられよう。
 だから、気を感受感知するのは、肚を介した胸=心臓(MP)であると思われるのである。
 気の光(気光)=超越光(超光)も、そこで、視覚できるように思う。これは、一種の霊視である。
 そう、物質的太陽だけでなく、気的太陽が存するのである。それが、D.H.ロレンスのダーク・サンであり、シュタイナーの霊的太陽ではないだろうか。
 因みに、飯山一郎氏が日光浴を推奨するが、それは、物質的太陽の光だけでなく、気の光(気光、不可視光、超越光・超光)を浴びることを意味しよう。
 気は生命であり、日光浴とは生命浴である。

参照:
日光浴は身体を内部まで温める。汗がでるほど温める。
これで免疫力(マクロファージ)がグ〜ンと増えて、全身に行き
わたる。
とにかく皆さん、春になるまでは身体を冷やさないこと!
このことだけは絶対に忘れないでください。

◆2013/01/20(日) 音田がシャープの悪口を書き続ける理由

ct 飯山一郎のHPへ


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2013年1月
   
20
   

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:442
昨日:661
累計:4,826,215