アントロポゾフィーと無双陰陽原理:自我=陽=アーリマンと他者=陰=ルシファーと陰陽均衡=キリスト






[PR]



2012年12月22日(Sat)
アントロポゾフィーと無双陰陽原理:自我=陽=アーリマンと他者=陰=ルシファーと陰陽均衡=キリスト
アントロポゾフィーと無双陰陽原理:自我=陽=アーリマンと他者=陰=ルシファーと陰陽均衡=キリスト

テーマ:無双陰陽原理

昨日、思いついたが、余裕がなかったので、書けなかった。今も、余裕がほとんどないので、簡単に触れるだけである。
 近代(モダン)とは結局、自我=陽=アーリマンが中心化した時代と言えよう。
 これと近代科学、科学的技術は結びついている。唯物論的科学・技術ということである。
 言い換えると、近代とは、自我中心主義、利己主義ということである。
 これは、当然、万人の万人に対する戦争という状態を生むのである。これは、永遠の戦争ということであり、結局は、破滅路線である。
 ところで、近代文化において、自我=陽=アーリマン=近代合理主義・唯物科学・技術=金融資本主義に対して、言うならば、他者=陰=ルシファーの文化があった。
 それは、簡単に言えば、精神文化と言っていい。しかしながら、近代合理主義が主であり、精神文化は従である。つまり、陽の陰に対する優位があるのである。
 今日、他者=陰=ルシファーの文化がほぼ忘却されて、自我=陽=アーリマンの文化が中心化してしまっているのである。
 そう、ポスト・モダンという近代の乗り越えの哲学的運動があったが、結局、十分に理解されることなく、流行で終わってしまった。
 因みに、不連続的差異論(これは、「海舌」氏と私の合作した独創的理論である。不連続的差異論とPS哲科学 ( 3 ) http://ameblo.jp/neomanichaeism/theme-10050337795.html)は、ポスト・モダンの欠点を超克した理論であり、ここから、真の近代の乗り越えが始まると言っても過言ではないと考えている。無双陰陽原理は、この上に立って、陰陽論を展開しているのである。そして、ポスト・ポスト・モダンとして、トランス・モダンを唱えているのである。
 トランス・モダンとは、結局、自我=陽=アーリマン中心のモダンの乗り越えのために、他者=陰=ルシファーの絶対的差異性、絶対的独立性を説くものである。
 つまり、後者は前者とはまったく異質なものであり、前者は後者を取りこめないのである。そう、認識不可能と言ってもいい。(追記:頭は知的認識性、肚は直観的存在性と言えるのではないだろうか。西洋文明、近代は前者中心で後者を忘却しているのである。ハイデガーの存在論であるが、私の説く肚=直観的存在性とは関係がないように思える。しかし、かつて、『存在と時間』に関して考察したとき、ハイデガーの存在がMPに近いものをもっていることを述べたことがある。そうすると、ハイデガーの存在論は、肚=直観的存在性に通じるものがあるのかもしれない。これは検討課題である。参考:ハイデガー現象学 (8) http://sophio.blog19.fc2.com/blog-category-81.html )
 そう、明快にするために、身体局所を付与していいだろう。即ち、自我=頭=陽=アーリマンと他者=肚=陰=ルシファーである。
 結局、頭に対して、肚の独立性を確認する必要があるのである。これによって、自我=近代帝国は崩壊するのである。そう、金融資本帝国も崩壊するのである。(現代は、近代の反動の時代であり、悪が反動的に跋扈しているのである。黙示録的である。)
 とまれ、肚=陰=他者の独立性を確認することが絶対的前提であり、これと頭=陽=自我との新たな関係の主観的並びに社会的構築がトランス・モダン進化ということになる。
 どうも、肚=陰=他者が頭=陽=自我よりも主になるべきように感じている。もっとも、物質的生活のためには、後者が主となる必要はある。
 だから、やはり、シュタイナーが説くように、両者の均衡(キリスト)が必要になるのだろう。
 しかし、シュタイナーの説くキリストであるが、それは、正しくは、聖霊ではないだろうか。本来のイエス・キリストは、肚=陰=他者の意義を説いたのではないだろうか。つまり、本当のキリスト教とは、東洋的知恵であるということである。
 因み、肚=陰=他者と頭=陽=自我との均衡調和としての聖霊とは、正に、陰陽共振であり、太極的である。
 今日は、正に、西洋文明の黄昏の時代であり、頭=陽=自我=ユダヤ・キリスト教の時代の黄昏であるが、それらが、反動化して、凶暴になっていると考えられる。
 簡単に言えば、世界金融資本と世界民衆との闘争の時代になっているのである。これが、経済的黙示録である。
 ここで想起すべきは、シュタイナーの経済学講座である。彼は、資本主義は利他主義的であると述べているのである。これは、私が言う差異共振主義である。そして、出口が金融資本主義的なのである。
 つまり、資本主義は、内部に肚=陰=他者の文化を形成しているのである。
 だから、トランス・モダン資本主義が可能であり、それは、民衆が資本主義の主体になることである。それは、差異共振資本主義、共同体資本主義、恊働的資本主義である。
 今日、これを目指すべきなのである。
 とまれ、今日、頭=陽=自我=アーリマン=金融資本が反動的に支配している。これを打破する必要があるのである。
 これは、実は光の現象界の中心化を意味しよう。光が悪になっているのである。
 そして、陰の闇に善的未来があるのである。
 そう、最後にこの光と闇の不思議な関係について述べよう。実はこれがいちばん述べたかったことである。
 視覚は当然、光の世界に関係する。それは、主として、外界である。それは、感覚・物質的世界である。
 そして、人間はそれを言わば、頼りに生きているのである。視覚の優位性である。
 問題は視覚美と頭=陽=自我=アーリマン=金融資本との関係である。
 とまれ、視覚美とは何か。
 自然は基本的には美しい。そして、女性も一般的には美しい。
 女性の場合は官能性が入るだろう。
 とまれ、両者、視覚美である。
 問題は、美とは何かである。私の主観では、今日、視覚美と頭=陽=自我=アーリマンは結びついているが、果たして、それは、本質的なのか。
 直観で言えば、二種類の美がある。いわゆる、感覚美と精神美である。
 思うに、本当の視覚美とは、両者の結合したものだろう。
 自然美はそのようなものだと思うし、女性美もそのようなものだろう。
 しかしながら、今日は、頭=陽=自我=アーリマン=金融資本が支配しているので、美は本来的ではなく、感覚美に傾斜し、精神美が希薄になっていると言えよう。
 つまり、美を利己主義が支配しているために、感覚美が支配し、精神美は忘却されていると言えよう。
 そう、感覚の眼(肉眼)で見るのか、精神の眼(心眼)で見るのかとではまったく異なるのである。
 それによって、物が異なって見えるのである。
 そう、精神の美とは、魂の美と言ってもいい。
そして、それは、音楽と強く結びついていると言えよう。
 ニーチェは、音楽からの美術の誕生を説いたが、それは、陰から陽が生まれるという発想で、東洋的と言えよう。
 今日は、「美術」が音楽を抑圧しているのである。感覚が精神・魂を抑圧しているのである。
 そう、ここには、意識のヒエラルキーがあるのである。近代主義のヒエラルキーがあり、頭=陽=自我=アーリマン=金融資本が肚=陰=他者=ルシファー=協働資本を支配抑圧しているのである。
 前者が支配・権力層であり、後者が被支配・民衆層である。
 前者は攻撃的であり、後者はその被害を受けるのである。
 そう、述べるのを忘れていたが、前者は父権主義であり、後者は母権主義である。だから、付加すると、

頭=陽=自我=アーリマン=金融資本=父権主義=近代

           VS

肚=陰=他者=ルシファー=協働資本=母権主義=トランス・モダン

という図式ができる。
 無双陰陽原理から言えば、前者は後者を否定するが、後者は前者を包摂して、新しい世界を創造することができるのである。それが、トランス・モダン進化、新東洋・新母権的進化である。


追記:同一性、差異、知性(悟性)、魂性、理性、MP(メディア・ポイント:陰陽均衡点、そして、太極点)、そして、一神教、多神教も図式に入れてみると、

頭=陽=自我=アーリマン=同一性=知性(悟性)=金融資本=父権主義=近代=唯物論=一神教(唯一神、男・父神)
   
        VS・MP(理性・聖霊)

肚=陰=他者=ルシファー=差異=魂性=協働資本=母権主義=トランス・モダン=気(霊)論=多神教(女・母神)
 

追記2:シュタイナーはキリストは陰ではないかと上述したが、そうすると、キリストとルシファー(悪魔の一人)は一致してしまう。
 だから、上述の論は問題がある。検討課題にしておく。


追記3:やはり、キリストは、シュタイナーの説くように、両者の均衡と見る方が妥当だと考えられる。なぜなら、イエスは、「汝自身を愛すごとく、隣人を愛せよ」と言っているのであり、そこには、自我が含まれているからである。
 イエス・キリストの教えを陰とするのは、間違った解釈になるだろう。D. H. ロレンスはこの点で間違っていたと考えられる。陰はあくまで、ルシファーの教えである。神秘主義である。


追記4:追記3で、ルシファーは神秘主義と書いたが、想起したのは、キリスト教が誕生する前後の何世紀において勃興したグノーシス主義である。シュタイナーは、グノーシス主義を背景にして、キリスト教が広まったと述べていた。
 グノーシス主義は、アンチ物質主義、つまり、アンチ・アーリマン主義の神秘主義であり、ルシファー原理と言えよう。
 そうすると、アーリマン的物質主義文化において、ルシファー原理のグノーシス主義を借りて、キリスト教は、神秘主義的に、キリストの教えを説いたと言えよう。言い換えると、陰=肚をベースにして、キリスト教は受容されたことになる。陰のキリスト教である。
 しかしながら、ローマ帝国の国教となると、権力のアーリマン主義によって、陰のキリスト教から陽のキリスト教へと変質してしまったと考えられる。それこそ、恐るべき帝国主義化されたキリスト教の始まりではないのか。
 

アントロポゾフィー - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/アントロポゾフィー - キャッシュ - 類似ページ
アントロポゾフィー(独: Anthroposophie)とは、オーストリア帝国出身の神秘思想家
ルドルフ・シュタイナーが自身の思想を指して使った言葉である。またこれは、一般に人
智学と訳されている言葉の音訳である。「アントロポゾフィー」と「人智学」の違いに関して
は ...

シュタイナー経済学講座 国民経済から世界経済へ (ちくま学芸文庫)/筑摩書房
¥1,260
Amazon.co.jp


シュタイナー経済学講座―国民経済から世界経済へ/筑摩書房
¥2,940
Amazon.co.jp


1.
グノーシス主義 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/グノーシス主義 - キャッシュ - 類似ページ
グノーシス主義(グノーシスしゅぎ、独: Gnostizismus、英: Gnosticism)または
グノーシス(古希: Γνῶσις、ラテン文字転写:Gnosis)は、1世紀に生まれ、3世紀から4
世紀にかけて地中海世界で勢力を持った古代の宗教・思想の1つである。物質と霊の
二元論に ...
‎定義 - ‎反宇宙的二元論 - ‎研究史、異端 vs.異教 - ‎東西のグノーシス主義
2.
グノーシス主義略説
homepage3.nifty.com/mirandaris/gnosis0.html - キャッシュ - 類似ページ
2004年5月24日 ... 一般に、「グノーシス主義」と呼ばれている思想・信仰は、基本的には、紀元一世紀より、
三世紀乃至四世紀頃まで、ヘレニク世界・地中海世界において流布した、独特の世界観
と神観・人間観を持つ「教え」です。これを、「ヘレニク・グノーシス ...
3.
グノーシス主義はどのような点が「危険」とされカトリックから異端視された ...
oshiete.goo.ne.jp/qa/1160085.html - キャッシュ - 類似ページ
2005年1月9日 ... グノーシス主義はどのような点が「危険」とされカトリックから異端視されたのでしょうか

4.
叡智の光_グノーシス主義概論 Outline of Gnosticisms
www.joy.hi-ho.ne.jp/sophia7/sop-gnos.html - キャッシュ - 類似ページ
グノーシス主義では、一般に、此の世を善の世界とは考えずに、矛盾と悲惨、悪しきこと
ごとが充満する「悪の宇宙」と考えます。ヘレニク・グノーシス主義の場合も同様であり、
しかし特徴的なのは、このグノーシス主義は、 ギリシアやローマの哲学の理論体系や、 ...
5.
Amazon.co.jp: グノーシス主義の思想―“父”というフィクション: 大田 俊寛 ...
www.amazon.co.jp/グノーシス主義の思想―“父”というフィクション.../4393332989 - キャッシュ - 類似ページ
Amazon.co.jp: グノーシス主義の思想―“父”というフィクション: 大田 俊寛: 本.
6.
大田俊寛『グノーシス主義の思想』:おもしろいが、どこまでが定説? ポア ...
d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20120410/1334064382 - キャッシュ
2012年4月10日 ... 本論で見たように、グノーシス主義は、人が「そのために死ぬ」ような、あるいは人を「
そのために死に至らしめる」ような超越的人格、フィクションの人格を、結果的に分析・
解体する思想的傾向を有している (p.276). さて、ぼくはここでかなりの ...
7.
ユダの福音書U〜グノーシス主義 - ベネディクト 地球歴史館
www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-131.htm - キャッシュ - 類似ページ
神秘主義 このような危険な?グノーシス派がよりどころとしたのが、グノーシス主義(
グノーシス思想)である。じつは長い間、 ... この思想をベースに、地中海世界で「
グノーシス主義」、エジプトでは「ヘルメス学」、ヘブライでは「カバラ」が生まれた。そして
、相乗的 ...
8.
グノーシス主義 (gnosis)
kstn.fc2web.com/gnosis_.html - キャッシュ - 類似ページ
2006年6月18日 ... グノーシス(gnosis)主義は、紀元二世紀前後に欧羅巴や中近東を席巻した一種の思想
を云ひます。叡智を認識(グノーシス)する事が目的の思想です。正統を標榜する羅馬
教会の基督教からは、「最大の異端」として敵対視されてゐました。
9.
世界の終わり グノーシス主義が描く終末
flamboyant.jp/eschatology/esc022/esc022.html - キャッシュ
グノーシス主義の基礎知識 グノーシス主義はキリスト紀元1世紀頃の東地中海地域で
盛んになった思想運動の1つで、黎明期にあったキリスト教を思想的に脅かすほどの
存在だったといわれている。当時の東地中海を中心とした地域で盛んだったのは、
キリスト ...
10.
Gnosticism(グノーシス主義)
web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/gnosticism.html - キャッシュ
西欧のグノーシス主義においては、根本的にはキリスト教徒である宗派も含めて、
タントラ風の瞑想と性的儀式が目立った。タントラのヨーガの最終的目標が「沈黙」、
すなわち本来の創造的言葉ロゴスを包む、女性的力の原初の領域に入ることであった
ので、 ...



超越神と太極:陽=自我=父権の民族が太極エネルギーを超越神・唯一神と捉えるだろう

テーマ:manichaeism: 哲学

アントロポゾフィーと無双陰陽原理:自我=陽=アーリマンと他者=陰=ルシファーと陰陽均衡=キリスト

先に以上のように書き、頭=自我=陽=アーリマン=同一性のフレームがよくわかった。
 カントの超越論的形式、超越論的悟性はここに存しよう。ただし、時間は超越論的形式ではないと思う。
 とまれ、以上から、超越神の問題への糸口が見えたと考えられる。
 即ち、超越神とは、上記のフレームを超越する存在であるということになる。
 だから、例えば、陰からの強い働きかけが陽にあったとき、陽はそれを超越したものと感じるだろう。
 つまり、陰のエネルギーが陽に強くはたらきかけたとき、それは、MPを介して、陽に参入するだろう。
 しかしながら、陽はMPを認識できないのであるから、参入した陰のエネルギーは陽にとり、超越的なものと捉えられると考えられるのである。
 これが、端的に超越神である。陽=同一性に作用するので、当然、同一性的超越神、即ち、唯一神になると考えられるのである。
 もし、陽中心主義ではなく、陰の文化をもっているときは、陰のエネルギーは調和的となり、内在神的になるだろう。
 ところで、陰のエネルギーと言ったが、根源は、太極の一のエネルギーに拠ると考えられる。
 それが、陰陽的に分極化すると考えられる。そのとき、陽中心だと、それが、超越的、唯一的なものになると考えられるのである。
 日本のベースは母権民族、即ち、陰の民族であるから、太極的はたらきかけは、陰陽共振的で、内在的な多神教になると考えられる。
 父権民族において、太極エネルギーは超越的なものとなるのである。
 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教という啓典の宗教は、母胎は当然、父権民族ということになる。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年12月
           
22
         

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:239
昨日:766
累計:4,787,210