PS三角錐理論は凸=光=陽のみに関わり、凹=闇=陰を欠く?:不連続的差異としての他者の消失?






[PR]



2012年11月02日(Fri)
PS三角錐理論は凸=光=陽のみに関わり、凹=闇=陰を欠く?:不連続的差異としての他者の消失?
数式は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11394888814.html

PS三角錐とは、結局、

凸*凹⇒a + bi + cj + dk 

or

凸*凹⇒+1 + i + j + k

における凸の四元性を意味すると考えられる。
 そこには、凹という他者、不連続的・絶対的差異・他者が欠けていると思われる。凸の光=陽のみの世界を説いていて、凹の闇=陰の世界をまったく欠いているように思われる。
 つまり、自己同一性あるいは物質の世界を公式化しているのであり、差異共振の世界、太極陰陽世界はまったく表現されていないと思う。
 とまれ、後でよく検討したい。

追記:PS三角錐理論は、立体的三元論である。
 しかし、そこには、陰陽極性はもはやないように思える。
 ガウス平面の虚軸ないしは虚数であるが、それで、もともと、陰陽を記述するのは、無理があると考えられる。何故なら、iと−i、ないしは、凸iと凹i は、ただ符号が違うだけであり、互いに鏡像になると考えられるのであり、不連続的差異としての他者がそこには、表現されないと考えられる。
 四元数の+1、i、j、kにおいて、思うに、例えば、iとjは不連続的関係と見えるかもしれない。あるいは、陰陽と考えられるかもしれない。
 また、虚数が三つあるので、「陰陽」が三種類できると言えるかもしれない。つまり、例えば、陰陽A、陰陽B、陰陽Cの三種類である。
 しかし、このように、三種類陰陽を作ると、もはや、陰陽の意味はなくなるだろう。何故なら、根本は一元の陰と一元の陽であり、それらが極性をなし、同時に、太極一元で結合されているからである。
 とまれ、あえて、三種類の陰陽というのを考えてみよう。
 ここで、三種類の陰陽の世界を仮定する。
 i、j、kを簡単にA、B、Cとしてみよう。すると、三つの陰陽は、AB、BC、CAとなる。さらにわかりやすくするために、金、銀、銅と呼んでみよう。金の陰陽、銀の陰陽、銅の陰陽である。
 思うに、易に当てはめれば、上卦か下卦のどちらかに当てはまるかもしれない。その可能性はある。
 しかし、上卦か下卦のどちらかで、両方は説明できないのではないだろうか。言い換えると、陽か陰かのどちらかの説明にはなるが、陰陽自体の説明にはならないように思える。
 しかし、BA、CB、ACと順序を変えることができるのではないだろうか。そうならば、陰陽自体にはなるだろう。
 つまり、例えば、

陽=AB、BC、CA
陰=BA、CB、AC

である。
 以下の四元数の乗法を見ると、

\begin{alignat}{2} ij & = k, & \qquad ji & = -k, \\ jk & = i, & kj & = -i, \\ ki & = j, & ik & = -j \end{alignat}

である。
 だから、

AB=ij=k

BA=ji=−k

である。
つまり、金の陰陽において、陰陽を乗法として扱うと、それは、ガウス平面の場合と同様に、単に符号を異なるだけで、不連続的差異としての他者がないことになるのである。

追記2:凸iと凹iも符号が異なるだけと上述したが、つまり、いわば、正反対の符号としているが、それだが、無双PS原理の公式でも凸と凹が使用されているので、それは、不正確なことになる。
 正反対ではなく、不連続的な異質な関係があるのである。陰は陽の正反対ではない。
 違う記号を考えるべきである。陽を例えば、✡、陰を✪とする。すると、新しい無双PS原理公式は、次のようになる。

✪*✡⇒a + bi + cj + dk 

or

✪*✡⇒+1 + i + j + k

さらに、*も差異共振を表わすために、✇に変える。

即ち、


✪✇✡⇒a + bi + cj + dk 

or

✪✇✡⇒+1 + i + j + k

となる。


参照:
基底間の乗法 [編集 ]
単位の乗積表 × 1 i j k
1 1 i j k
i i −1 k −j
j j −k −1 i
k k j −i −1

H の基底元 i, j, k に対して等式

i^2 = j^2 = k^2 = i j k = -1

は i, j, k の間の可能なすべての積を決定する。例えば

-1 = i j k

の両辺に k を右から掛ければ

\begin{align} -k & = i j k k = i j (k^2) = i j (-1), \\ k & = i j \end{align}

を得る。他の積も同じようにして得られて、結局

\begin{alignat}{2} ij & = k, & \qquad ji & = -k, \\ jk & = i, & kj & = -i, \\ ki & = j, & ik & = -j \end{alignat}

が可能なすべての積を列挙したものとなる。これは左側の因子を列に、右側の因子を行にそれぞれ充てて、表の形にまとめることができる(乗積表)。

四元数 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/四元数 - キャッシュ 類似ページ
一般公開で +1 しました 取り消す
数学における四元数(しげんすう、英: quaternion; クォータニオン)は複素数を拡張した数体系である。四元数についての最初の記述は、1843年にアイルランドの数学者ウィリアム・ローワン・ハミルトンによってなされ、三次元空間の力学に応用された。四元数の ...

*********************
 

• 三角錐を発見するのは楽しい (0)

契機モデル を三角錐にする

http://www.c-player.com/ad00178/thread/1100111504367

の続きです。

存在の様式



http://www.c-player.com/ad00178/thread/1100111517979

• 認識のリサイクル モデル の応用 (0)

• 知の脱構築 のダイナミズム (運動) (0)

• 契機モデル を三角錐にする (0)

• 存在の様式としての契機モデル (0)

• 普遍と一般と個別の三角形 (0)

• 睡眠と覚醒を三角錐リサイクル として構成できるか? (0)

シムダンス 「四次元 能」



マクスウェルの悪魔は三角錐を構成する
http://www.beach.jp/circleboard/ad00178/topic/1100200019375

シムダンス「四次元能」



「単純なガウス平面の立体化とオイラー定理の適用は認識の錯誤 (gimbal lock)に陥る。」

http://blog.kaisetsu.org/?eid=813641rcleboard/ad00178/topic/1100200015563
海舌 SeaTongue@Kaisetsu

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年11月
        2
 

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:345
昨日:828
累計:4,871,917