陰陽霊数的四元数的無双PS原理仮説:凸*凹⇒a + bi + cj + dk






[PR]



2012年10月30日(Tue)
陰陽霊数的四元数的無双PS原理仮説:凸*凹⇒a + bi + cj + dk
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11392450908.html

先に拡大ガウス平面路線と四元数路線でひどく紆余曲折したが、今は、後者をやはりとることにする。
 しかし、太極・陰陽の霊数凸陽と凹陰は作業仮説する。
 即ち、

凸*凹⇒a + bi + cj + dk

となる。
 そして、実軸は時間である。そして、三次元空間(虚軸三次元空間)は、電磁波空間と考える。
 電磁波の進行方向が例えば、iであると仮定する。
そして、電場や磁場はj,kと例えばなる。
 だから、この場合、iが特殊である。
 この点で、四元数的無双PS原理は理論的問題がある。

追記:欠点をなくすには、先に述べたように(拡大ガウス平面路線VS四元数路線:時空軸一次元+空間二次元VS時空軸一次元+空間三次元 http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11392346422.html)、実軸を時空軸=天地軸にすることである。そうすると、やはり、時空一次元-空間三次元の四次元体が考えられる。
 以下の無双PS原理Ver6.3.0の構図が生きていることになる。
 だから、樹木は先に述べたように、時空軸=天地軸に沿って、幹が生じるのであり、枝葉は空間三次元(虚軸三次元空間)において、螺旋的に形成されるのである。
 螺旋形状は、電磁波が主導的になるだろうし、幹のような時空軸=天地軸に沿う現象は、主に、生命エネルギーが関係するのではないだろうか。
 もっとも、枝葉にしろ、幹にしろ、基本は生命気渦巻であり、それが、四次元【螺旋(三次元)+天地垂直(一次元)】的に樹木全体を生起させると考えるのである。
 また、簡単に意識の問題を説明すると、やはり、先に述べたように、時空軸=天地軸に意識が来ると言えよう。+1は、頭(大脳)と、−1は肚(太陽神経叢)、太極点=MPは胸と考える。
 結局、この仮説は、拡大ガウス平面路線は排して、四元数路線を取ったことになるが、しかし、陰陽霊数という仮説があり、特殊な四元数路線である。
 一先ず、この仮説を陰陽霊数的四元数的無双PS原理と呼ぶことにする。


追記2:陰陽霊数四元数的無双PS原理公式は、以下よりも、

凸*凹⇒a + bi + cj + dk

次の方がいいかもしれない。

凸*凹⇒+1 + i + j + k

四元数 - Wikipedia

集合としては、四元数の全体 H は実数 体上四次元の数ベクトル空間 R4 に等しい。H には三種類の演算(加法、スカラー乗法、四元数の乗法)が入る。 H の二元の和は、R4 の元としての和で定義され、同様に H の元の実数倍も R4 におけるスカラー倍として定義される。H の二元の積を定めるには、まず R4 の基底 を決めなければならないが、それを通例 1, i, j, k と記す。H の各元はこれら基底元の線型結合 として、つまり適当な実数 a, b, c, d に対する a1 + bi + cj + dk の形で一意的に書き表される。基底元 1 は H の単位元 (つまり 1 を掛けることは何もしないことと同じ)であり、それを以って H は基底元 1 を伏せて a + bi + cj + dk の形に書くのが普通である。この基底が与えられたところで、四元数の結合的 乗法は、初めに基底元同士の積を定義して、一般の積はそれを分配律を用いて拡張することで定義される。
基底間の乗法 [編集 ]
単位の乗積表 × 1 i j k
1 1 i j k
i i −1 k −j
j j −k −1 i
k k j −i −1

H の基底元 i, j, k に対して等式

i^2 = j^2 = k^2 = i j k = -1

は i, j, k の間の可能なすべての積を決定する。例えば

-1 = i j k

の両辺に k を右から掛ければ

\begin{align} -k & = i j k k = i j (k^2) = i j (-1), \\ k & = i j \end{align}

を得る。他の積も同じようにして得られて、結局

\begin{alignat}{2} ij & = k, & \qquad ji & = -k, \\ jk & = i, & kj & = -i, \\ ki & = j, & ik & = -j \end{alignat}

が可能なすべての積を列挙したものとなる。これは左側の因子を列に、右側の因子を行にそれぞれ充てて、表の形にまとめることができる(乗積表)。


resurrectionのブログ
四元数数の単位の積を四次元空間の 90°-回転として視覚的に表現したもの。ij = k, ji = −k, ij = −ji



<無双PS原理:Ver6.3.0>

         陰陽(円)

          陽(凸):自己
          |
          |
          |
          |
          |
          ★
_______・_______実軸(時空軸)+1
          ☆
          |
          |
          |
          |
          |
         陰(凹):他者

【但し、・は太極点(内在的超越点、MP: Media Point)、★は陽における陰点、☆は陰における陽点である。
 そして、陰陽(円)は軸ではなく、多次元、無限次元、無次元であり、陽=自己と陰=他者で意識、精神、魂を形成し、生命気螺旋とは区別される。
 尚、太極点から発出する生命気螺旋における三つの虚軸(空間三次元)は記入していない。】


<無双PS原理:Ver7.0.0>

         陰陽(円)

          陽(凸):自己
          |
          |
          |
          |
          |
          ★
_______・_______実軸(時空=天地軸)+1
          ☆
          |
          |
          |
          |
          |
         陰(凹):他者

【但し、・は太極点(内在的超越点、MP: Media Point)、★は陽における陰点、☆は陰における陽点である。
 そして、陰陽(円)は軸ではなく、多次元、無限次元、無次元であり、陽=自己と陰=他者で意識、精神、魂を形成し、生命気螺旋とは区別される。
尚、太極点から発出する生命気螺旋における四元数の三つの虚軸(空間三次元)は記入していない。
 霊数、陽凸、陰凹を仮説して、以下のように公式化する。無双PS原理公式である。
凸*凹⇒a + bi + cj + dk 
or
凸*凹⇒+1 + i + j + k



参考:映画THRIVEのトーラス

resurrectionのブログ

映画ThriveのトーラスとPS哲科学 ( 4 )
http://ameblo.jp/neomanichaeism/theme-10054150901.html


resurrectionのブログ



resurrectionのブログ

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年10月
 
30      

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1,013
昨日:2,176
累計:4,612,331