霊数としての陰凹と陽凸:根源軸としての陰陽軸、根源平面としての陰陽円、根源点としての太極点






[PR]



2012年10月29日(Mon)
霊数としての陰凹と陽凸:根源軸としての陰陽軸、根源平面としての陰陽円、根源点としての太極点
画像は以下を見られたい。
http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11391374742.html

先に、陰陽軸を大虚軸と仮説した(追記:そうではなく、大虚数を仮説したのである。陰陽軸という視点は便宜的にとる。)が、そうではなく、単に、陰陽軸でいいのではないだろうか。つまり、四元数的時空間が発生する根源軸としての陰陽軸である。
 しかし、正確には、陰陽円を私は考えているのであるが。つまり、初めに、陰陽円ありき。しかし、もっとも正確に言うと、初めに、太極ありき、であるが。
 あえて数学化すれば、凸*凹⇒+1である。
 凸が陽と凹が陰であるが、それらは虚数ではなく、あえて言えば、原数、元数、基数、本数、根数、魂数、霊数、等である。
 とまれ、霊数としよう。霊数の凸と凹があり、それが、共振して、実軸の時間(おそらく、エネルギー)が発生するのである。
 つまり、+1がエネルギーである。しかし、これは、光だろうか。
 そのようにも思えるし、違うようにも思える。これは要検討である。
 今はざっと述べるに留める。

追記:凸*凹⇒+1の+1は時間ではあるが、エネルギーかどうかは問題である。そう、時間エネルギーという用語を造語したい気もするが。

追記2:まったく思いつきであるが、凸i、凸j、凸k、凹i、凹j、凹kが考えられるだろう。
 陽は三種類、陰も三種類であり、これは、易の上卦、下卦に相当するかもしれない。
 とまれ、これを陰陽四元数ないしは太極四元数と見るとどうだろうか。もっとも、+1を加えるが。
 そうならば、それは、言い換えると、陰陽が三組あることになろう。それが、時間形成するのである。
 陰陽の三組は、上卦、下卦で考えられることである。
 しかし、これが、どう螺旋を形成するのかはわからない。

追記3:思うに、陰陽原理はそのままでいい。上卦の三元性と下卦の三元性があり、それらが、共振して、太極点=MPで、四元数的時空間を現出するのではないだろうか。
 陰陽の三元性が三次元空間を、そして、陰陽共振が一次元時間を形成するのではないのか。つまり、三元性が、三次元へと分岐するのではないのか。つまり、時間の実軸が形成されると、陰陽平面と実軸で、立体空間となり、そこに、陰陽三元性が三次元へと展開するのではないのか。
 以上はまったくの思いつきに過ぎない。

追記4:追記3の考え方だと結局、これまでの、四元数的無双PS原理でいいことになろう。
 陰陽が太極点=MPで垂直に展開して、時間形成し、かつ、螺旋形状に三次元空間を形成するということである。

追記5:簡単に言えば、陰陽円での回転があり、それが、時間発生によって、螺旋形状の三次元空間体が形成されるということである。陰陽回転が陰陽共振による時間生起で、螺旋形状に展開するということである。そのとき、電磁波が主導的になると思われる。もっとも、ベースは生命気波動であるが。
 簡単に言えば、生命気波動が根底にあり、それと併存しつつ、電磁波が螺旋形状に展開するということである。
 この電磁波三次元空間体が三つの虚軸で記述されるということになるのだろう。
 結局、元に戻って、陰陽円、超越的陰陽円を想定する必要があるのである。やはり、霊数としての陰陽ということになるかもしれない。

追記6:凸*凹⇒+1(実軸=時間)であるが、この+1は、意識が入るのではないだろうか。これが、三つの虚軸に向けられたとき、外部空間があり、それが、太極点=MPに向けられたとき、つまり、内に向けられたとき、内部「空間」があるのではないだろうか。もっとも、内部「空間」というより、内的時間かもしれないが。
 不連続的差異論で、凹他者が凸自己から切り離されときの心的状態がこれではないだろうか。
 そう、言い換えると、それは、陰陽均衡、自己ー他者の均衡の様態になるのではないだろうか。
 また、いわゆる、瞑想もそのような状態を引き出す方法ではないだろうか。
 今思いついたが、意識が+1ならば、それが、天の方向であり、天地の垂直はそこに生起するのではないだろうか。それが、空間の虚軸に投影されるのではないだろうか。
 また、+1は頭(大脳)であり、−1は肚であり、太極点=MPは、胸ではないだろうか。

追記7:陰陽円の回転がそのまま螺旋へと展開するのではなく、それがイデアとして存し、太極点=MPから、三次元的に螺旋形成を行なうと見るべきである。
 つまり、回転する陰陽円(超越円)=イデア円と、太極点=MPから発出する三次元空間の螺旋の点における方向の「垂直」に対して形成される現象物質平面とは別個のものであるということである。下の図1における底面の円がイデア円=陰陽円であり、その中心から発出・現出(幻出)する螺旋において、空間三次元が発現するのであり、そこにおける「垂直」次元(これは、実軸ではない)に直交する平面空間(二次元空間)はイデア円=陰陽円とは異質でまったく異なるということである。
 簡単に言えば、イデアと現象の相違である。


resurrectionのブログ resurrectionのブログ

                図1



<無双PS原理:Ver6.2.1>

         陰陽(円)

          陽(凸):自己
          |
          |
          |
          |
          |
          ★
_______・_______実軸(時間)+1
          ☆
          |
          |
          |
          |
          |
         陰(凹):他者


【但し、・は太極点(内在的超越点、MP: Media Point)、★は陽における陰点、☆は陰における陽点である。
 そして、陰陽(円)は軸ではなく、多次元、無限次元、無次元であり、陽=自己と陰=他者で意識、精神、魂を形成し、生命気螺旋とは区別される。
 尚、太極点から発出する生命気螺旋における三つの虚軸(空間三次元)は記入していない。】


resurrectionのブログ

四元数数の単位の積を四次元空間の 90°-回転として視覚的に表現したもの。ij = k, ji = −k, ij = −ji

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%85%83%E6%95%B0


参考:
四元数(クォータニオン)でモデルを回転
http://www.arakin.dyndns.org/gl_torusquat.php

1.
四元数 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/四元数 - キャッシュ 類似ページ
一般公開で +1 しました 取り消す
数学における四元数(しげんすう、英: quaternion; クォータニオン)は複素数を拡張した数体系である。四元数についての最初の記述は、1843年にアイルランドの数学者ウィリアム・ローワン・ハミルトンによってなされ、三次元空間の力学に応用された。四元数の ...


2.

四元数 [物理のかぎしっぽ]
hooktail.sub.jp › 物理数学 - キャッシュ 類似ページ
一般公開で +1 しました 取り消す
しかし,残念ながら3次元以上の一点を表すような数を美しく定義することは出来ません. それでも,乗法の交換則を犠牲にすればなんとか四元数というものを定義することが出来ます. 高校や大学でも四元数の話を少し習うかもしれませんが, 物理学で実際に四 ...
3.

四元数で3次元の回転を計算する方法 (ソースコード付き)
www015.upp.so-net.ne.jp/notgeld/quaternion.html - キャッシュ 類似ページ
一般公開で +1 しました 取り消す
2003年11月25日 – 四元数・クォータニオンによる3次元回転の原理解説。ソースコード付き.
4.

四元数の数学的意味(画像処理)
ufcpp.net › 総合 目次 › 画像処理 - キャッシュ 類似ページ
一般公開で +1 しました 取り消す
四元数の数学的な側面について説明します。 ... 画像処理(主に 3D CG)の分野では、とりあえず、 「四元数とは、回転の軸と角度を表わすために使うデータの形式」 とだけ覚えておけば OK ... ちなみに、 「ハミルトンの四元数体」 の内容の焼き直しだったりします。
5.

四元数 複素数のそのまた上
www.sist.ac.jp/cs/tanaka/Hamilton4number.html - キャッシュ 類似ページ
一般公開で +1 しました 取り消す
さて、複素数を係数とする方程式を解いても、答えは複素数しか出てきません。複素数の世界で何でもまにあっているのです。ですから、私たちは普通は複素数の世界で不便は感じません。ところが複素数よりさらに先に四元数というものがあります。複素数は1 と ...



参考図:

<無双PS原理霊-気-物質世界:Ver6.3>
                

                             気軸:生命界: 陽
                                  /
           霊軸:太極・神霊界          /
               |             /
               |           /
               |         /
               |       /
                |      /   
               |    /
               |   /
               | /
_______________________MP・胸__  ______________
            /  |            実軸=時間
           /     |
         /      |   
       /       |
      /         |
    /           |
陰               |
               |



参考:以下の画像は、映画THRIVEのトーラスであるが、リンゴ体の真ん中の水平面の渦巻を生命気渦巻と見、そして、そこから垂直に出ている柱のようなものを実軸=時間と見るといい。
 そして、その実軸=時間の回りに螺旋を描いているのが、生命気螺旋生命物質体と見るといい。

resurrectionのブログ

映画ThriveのトーラスとPS哲科学 ( 4 )
http://ameblo.jp/neomanichaeism/theme-10054150901.html


図の追記:以下の図において、電磁波の進行方向が、螺旋を描くと考えられる。(x軸は実軸ではない。) そして、電磁波の進行方向の次元と電場と磁場の形成する平面で空間三次元を形成すると思われる。

resurrectionのブログ

http://www.binchoutan.com/alfa-genius/

http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11390447950.html


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2012年10月
 
29      

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:4,721
昨日:559
累計:4,904,721