直感と知性の関係について:直感は虚数的現象事象であり、知性(悟性)は実数的概念知である






[PR]



2009年08月30日(Sun)
直感と知性の関係について:直感は虚数的現象事象であり、知性(悟性)は実数的概念知である
直感の領域はMedia Point である。では、そこで生まれた「霊感」に基づいて、言語化するが、一体、直感と知性との関係はどういうものなのだろうか。
 具象的に言うと、例えば、海岸に打ち寄せる波を見ているとしよう。黒みを帯びた波が、ザーッと音を立てながら、白く砕けて、幾重幾畳にも海岸線に打ち寄せている。
 「わたし」は海と和しながらも、海を観察している。即ち、「わたし」は海であり、且つ、海ではない。そこには、直感・直観がある。これと知性はどう関係するのだろうか。
 直観を例えば、言語化すれば、以上のようになるが、しかし、それは、直観の十全な表現ではないし、それは、不可能であろう。直観は常に、言語的知性を超えている現象、精神身体現象である。その不連続性を認識した上で考えると、悟性という概念知性によって直観を言語化していると言えよう。それは、虚数事象を実数で表現するものである。いわば、「物質」的な表現である。正確に言えば、外的現象的表現である。直観は、Media Point の虚数事象であるが、それを悟性という概念知性は言語を介して、実数的表現をすると言えよう。だからこそ、常に、そこには、絶対的亀裂があるのである。
 思うに、近代西洋文明は先にも述べたように、虚数事象を実数的表現に還元してきたのであり、それを近代合理性として、真理として捉えてきたのであるが、それは、あくまで、表層的概念であり、本体の虚数的真理ではなく、表層近似的概念に過ぎないのである。
 脱近代(トランス・モダン)とは、この事態から発しているのである。


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年8月
           
30          

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:142
昨日:601
累計:4,862,098