複雑系とPS理論:Multiple Media Point Resonance Dynamics






[PR]



2009年03月21日(Sat)
複雑系とPS理論:Multiple Media Point Resonance Dynamics
複雑系とPS理論:Multiple Media Point Resonance Dynamics

テーマ:非線形科学:複雑系・カオス・フラクタル

複雑系は、やはり、PS理論で理解できると予見できる。あるいは、自己認識方程式の応用で。
 つまり、多重多元複合的なMedia Pointの様相が端的に、複雑系ではないだろうか。すなわち、Multiple Media Point (Resonance) Dynamicsが複雑系ということではないのか。
 具体的に見ると、現在のオバマ政権の状態は、複雑系である。それは、旧同一性主義金融資本主義と差異共振資本主義とが混在しているからである。単純に、前者を否定できないのである。それが、AIG問題である。だから、同一性に傾斜したMedia Point(Modern Media Point)と差異共振性を志向するMedia Point(Trans-modern Media Point)が複合化したものと見られる。これは二重であるが、それ以外の外交問題等を入れれば、多重になるのである。当然、カオス的な揺らぎが発生するのである。米国経済の診断はだから、破滅か否かではできないのである。微妙な力学、複雑系がそこにあると考えられるのである。

複雑系
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション , 検索

複雑系(ふくざつけい complex system)とは、多数の因子または未知の因子が関係してシステム 全体(系 全体)の振る舞いが決まるシステムにおいて、それぞれの因子が相互に影響を与えるために(つまり相互作用 があるために)、還元主義の手法(多変量解析 、回帰曲線 等)ではシステムの未来の振る舞いを予測することが困難な系を言う。

これらは狭い範囲かつ短期の予測は経験的要素から不可能ではないが、その予測の裏付けをより基本的な法則 に還元して理解する(還元主義 )のは困難である。

複雑系は決して珍しいシステムというわけではなく、宇宙 全体、天候 現象、経済 現象、人間社会 、政治 、ひとつひとつの生命体 、あるいは精神 的な現象などは、みな複雑系である。つまり世界には複雑系が満ち満ちており、この記事を読んでいる人間自身も複雑系である。ただし研究者にとって具体的な研究成果が出しやすく、書籍などで一般読者などに紹介されやすいものとなると、もう少し小規模の複雑系あるいは限定したものとなりがちで、例えばウイルス の流行状況、大規模交通(フラックス)、バタフライ効果 、エントロピー (熱力学第三法則 )などが多い。あるいは、パーコレーション やセル・オートマトン なども好んで扱われる。最近では、系の自己組織化 の様子をコンピュータにプログラミングして、複雑で法則がないように思える目で見えない発達形成過程を視覚化して把握しようと試みられている。

 
背景 [編集 ]

複雑系は還元主義 的なアプローチが適用できない系として有名である。そのため現象を単純な法則 や原理 に落とし込むことで理解したとする、今までの科学 がとってきた基本姿勢に対し、複雑系の分野の研究姿勢はその基本的立場に関して若干の違いを持つ。複雑系の分野を貫く基本スタンスとして「複雑な現象を複雑なまま理解しようとする姿勢」を挙げることができる。[1]

複雑な現象を複雑なまま理解しようとする学問、手法は「複雑系の科学」などと呼ばれることが多いが、その源流に眼を向けると、アリストテレス の「全体とは、部分の総和以上のなにかである」といった言い回しにまで遡ることができる。近代になって還元主義が蔓延すると、それに対して警鐘を鳴らすように、全体を見失わない見解を深化させ、個々の分野で具体的な研究として全体性の重要性を説く論文・著書などを発表する学者・研究者らが現れるようになった。現在ではこうした見解・立場の研究は「ホーリズム 」または「全体論」などと呼ばれている。こうしたことに関する哲学的で深い議論は現在でも、哲学の一分科である科学哲学 の世界などで行われている。現在のいわゆる「複雑系の科学」などと呼ばれているジャンルは、広義のホーリズムのひとつである、と位置づけられていることが多い。


関連書 [編集 ]

* ミッチェル・ワールドロップ 『複雑系―生命 現象から政治、経済 までを統合する知の革命』新潮社、1996、ISBN 4105331019
* 田坂 広志『複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知』講談社、1997、ISBN 4062087626
* ミッチェル・ワールドロップ『複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所 の天才たち』新潮文庫、2000、ISBN 4102177213
* スチュアート・カウフマン 『カウフマン、生命 と宇宙 を語る―複雑系からみた進化 の仕組み』日本経済新聞社、2002、ISBN 4532164257
* 市川惇信『複雑系の科学―セル・オートマタ 体験CD‐ROM付』オーム社、2002、ISBN 4274024865
* 佐々木正人ほか『アフォーダンス (複雑系の科学と現代思想)』青土社、1997、ISBN 4791791428
* 河本 英夫、ブランケンブルクほか『精神 医学―複雑系の科学と現代思想(複雑系の科学と現代思想)』青土社、1998、ISBN 4791791460

関連項目 [編集 ]

* 複雑適応系
* 非線形科学
* カオス理論
* フラクタル
* ファジィ集合論 、ファジィ論理
* 決定論
* 自己組織化
* 階層構造

注 [編集 ]

1. ^ 厳密に言えば、複雑系の科学の手法を駆使している者の中でも、大前提として世界を機械論 的で決定論 的である、それで全てである、と想定してしまっている者と、それに対して(数はさほど多くはないが)量子力学が突きつけている諸問題なども踏まえて、なんらかの非決定論的な要素も働いている、どうやったところで捕捉出来ない不可解な要素が、人間が捕捉できる系に影響を与え続けている、系全体がシンプルに閉じているという保証も無い、と想定する者の2種類が存在する。ただ、ここまで議論を深めると、問題があまりに大きくなりすぎ、現在のいわゆる「複雑系の科学」の枠組みを超えてしまう。またその要素まで織り込んで具体的なものを研究の成果としては提出することは困難なので、現在のところ、いわゆる「複雑系の科学」というジャンルに携わる者のほとんどは、基本的にその問題には言及を避け、世界を(言外に)決定論的なもの仮定した場合のシミュレーション結果、研究結果などをあっさりと発表している。とりあえず研究可能・実行可能な範囲で具体的な成果を出す、という点では妥当なことが行われている、とも言える。

外部リンク [編集 ]

* (百科事典)「Complex Systems」 - スタンフォード哲学百科事典 にある「複雑系」についての項目。(英語)

"http://ja.wikipedia.org/wiki
/%E8%A4%87%E9%9B%91%E7%B3%BB " より作成
カテゴリ : 複雑系 | 科学哲学 | 世界観 | 数学に関する記事


   




新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年3月
21
       

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:193
昨日:1,028
累計:4,906,651