「成る」と自然(じねん):PS理論における自発生成・形成






[PR]



2008年10月29日(Wed)
「成る」と自然(じねん):PS理論における自発生成・形成
以下、ハイデガー研究者の木田元氏の「成る」の説明であるが、東洋・日本では、自然(じねん)であり、古代ギリシアでは、フュシスであり、両者は共通すると言えよう。(古代ギリシアは単に父権主義ではなく、母権主義が根底にあった。ディオニュソス文化である。日本では、造化という考えもある。)
 これは、仏教でも同じである。解脱、直覚、大悟がポイントである。
 とまれ、PS理論は、Media Pointを介した、「成る」論を緻密に説いている。思うに、「成る」とは自発ということに言い換えられると思う。例えば、「自発的対称性の破れ」における自発である。
 ところで、ついでに言うと、女性にはこの「成る」=自然(じねん)=造化=自発性が深く刻まれているように思える。男性は同一性主義となるが、女性は差異共振性を本来内在しているだろう。
 先にも述べたが、男性は、-iに傾斜していて、劣弱さから、反動化して、同一性主義になると思われるのである。女性は本来、+iと-iが均衡していると思う。それで、造化となるのである。女性が一般にオシャレ好きで、装飾本能があるのはここに起因していると思われる。
 そう、女性の問題であるが、自己認識が必要である。男性社会の同一性主義の発想に洗脳され、一種マインドコントロールされているのである。正に、女性の解脱が必要である。思うに、女性の方が仏教はわかりやすいのではないだろうか。男性は同一性主義で自我主義から抜けられないのである。

@@@@@@@@@@@@@@

―― 成るというのは、仏教的なものに通ずるような気もしますが。

 木田 いや、仏教的とは限りません。『古事記』の中でも「葦牙のごとく萌えあがるものによりてなれる」という言い方をしますよね。

 葦牙というのは葦の芽がばーっと成長する、あれはものすごく早い成長の仕方をするらしいけど、葦牙のごとく萌えあがるものによりて成るというものです。古代ギリシャのソクラテス時代の思想家たちも、やはりphysis(フィシス)というものは、自然というものはおのずから生成する、成るものなんだと。 phyenという言葉からphysisという言葉がきて、そのphyenというのは、花が開くとか、草が萌え出るとか、ですから植物的な生成になるものなのですね。だから仏教とは関係なさそうですね。

http://business.nikkeibp.co.jp/
article/topics/20081028/
175475/?P=4&ST=money
【ニュースを斬る】
シリーズ――ポスト・サブプライム(1)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年10月
     
29  

アーカイブ
2006年 (104)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (7)
10月 (9)
11月 (39)
12月 (34)
2007年 (542)
1月 (48)
2月 (49)
3月 (67)
4月 (45)
5月 (44)
6月 (1)
7月 (33)
8月 (67)
9月 (47)
10月 (42)
11月 (49)
12月 (50)
2008年 (623)
1月 (40)
2月 (29)
3月 (26)
4月 (38)
5月 (32)
6月 (48)
7月 (49)
8月 (61)
9月 (68)
10月 (86)
11月 (86)
12月 (60)
2009年 (472)
1月 (82)
2月 (66)
3月 (58)
4月 (32)
5月 (27)
6月 (34)
7月 (35)
8月 (26)
9月 (36)
10月 (30)
11月 (28)
12月 (18)
2010年 (251)
1月 (19)
2月 (29)
3月 (29)
4月 (11)
5月 (25)
6月 (33)
7月 (28)
8月 (23)
9月 (15)
10月 (18)
11月 (8)
12月 (13)
2011年 (126)
1月 (11)
2月 (12)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (6)
6月 (4)
7月 (5)
8月 (11)
9月 (15)
10月 (7)
11月 (16)
12月 (14)
2012年 (117)
1月 (10)
2月 (13)
3月 (6)
4月 (6)
5月 (14)
6月 (8)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (24)
11月 (9)
12月 (6)
2013年 (145)
1月 (12)
2月 (11)
3月 (9)
4月 (21)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (17)
8月 (9)
9月 (5)
10月 (22)
11月 (13)
12月 (7)
2014年 (91)
1月 (6)
2月 (13)
3月 (18)
4月 (5)
7月 (4)
8月 (26)
9月 (7)
10月 (5)
11月 (6)
12月 (1)
2015年 (61)
1月 (6)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (14)
5月 (10)
6月 (4)
7月 (6)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:222
昨日:657
累計:4,954,068